一人暮らしの方々は、自由で快適な生活を楽しむ一方で、効率的な節約にも注力していることでしょう。その中でも特に関心を寄せる一つが、電気代の節約ではないでしょうか。電気代を節約するには、省エネ家電の選定や生活習慣の改善、さらには電気料金プランの見直しまで、様々な方法を駆使することが重要です。そこで今回は、一人暮らしの電気代を節約するための実践的なアドバイスを紹介します。この記事を読めば、あなたも電気代節約のヒントを得ることができるでしょう。

\最安値の電気代で契約/
一括見積もり依頼はこちら▶

一人暮らしの電気代の平均はいくら?

一人暮らしの電気代の平均額は、地域や季節によって差があります。地域によって電力会社の料金設定が異なるため、同じ電力量を使用しても支払う金額が変わります。また、季節によって冷暖房やエアコンの使用量が大きく変わるため、電気代が変動します。例えば、夏場はエアコンの使用が増えるため、電気代が高くなる傾向があります。一方、冬場は暖房器具の使用が増えるため、同様に電気代が上昇します。

総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)2023年」によると、一人暮らしの平均的な電気代は月間6,726円となっています。ただ、これはあくまで目安であり、個々の生活スタイルや地域によって異なります。したがって、地域や季節によって電気代の平均額が変わることを考慮し、自身の生活状況や地域の料金体系を確認して、予算を立てることが重要です。

それでは、地域別・季節別の電気代の平均額を見てみましょう。

北海道・東北地方の平均電気代

北海道・東北地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
北海道¥4,383¥8,093
青森県¥5,174¥7,124
岩手県¥6,156¥10,070
宮城県¥5,357¥7,814
秋田県¥7,930¥3,605
山形県¥7,879¥16,575
福島県¥6,287¥7,639

関東地方の平均電気代

関東地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
東京都¥5,478¥7,778
神奈川県¥5,463¥6,764
埼玉県¥6,097¥7,448
千葉県¥6,985¥7,276
茨城県¥5,494¥6,588
栃木県¥5,017¥11,202
群馬県¥5,129¥5,353

中部地方の平均電気代

中部地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
新潟県¥6,098¥10,873
富山県¥7,054¥7,393
石川県¥5,287¥12,825
福井県¥9,353¥8,726
山梨県¥4,918¥8,221
長野県¥5,631¥9,753
岐阜県¥5,843¥8,493
静岡県¥5,287¥6,869
愛知県¥5,601¥6,901

近畿地方の平均電気代

近畿地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
三重県¥6,404¥9,193
滋賀県¥4,407¥8,361
京都府¥5,115¥8,276
大阪府¥5,140¥7,267
兵庫県¥12,441¥7,725
奈良県¥4,862¥9,119
和歌山県¥6,689¥9,256

中国・四国地方の平均電気代

中国・四国地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
鳥取県¥3,512¥5,504
島根県¥9,390¥7,753
岡山県¥4,800¥6,151
広島県¥4,744¥7,444
山口県¥5,851¥3,517
徳島県¥3,447¥5,606
香川県¥6,517¥7,770
愛媛県¥6,028¥10,919
高知県¥5,201¥13,402

九州・沖縄地方の平均電気代

九州・沖縄地方の一人暮らしの平均電気代は以下のとおりです。

地域夏季冬季
福岡県¥5,538¥8,088
佐賀県¥3,232¥7,708
長崎県¥6,648¥12,046
熊本県¥3,220¥6,923
大分県¥3,960¥5,985
宮崎県¥5,767¥5,075
鹿児島県¥5,164¥6,704
沖縄県¥10,547¥10,781

なお、各地域の電気代に関する詳細なデータは以下のページから確認できます。ぜひ参考になさってください。
全国の電気の平均利用額はココでチェック!

一人暮らしの電気代が平均より高い原因

一人暮らしの電気代の平均額が分かったら、次は自宅の電気代と比較してみましょう。そして、自宅の電気代が平均額よりも高い場合は、その原因を突き止め、対策を打つ必要があります。

自宅の電気代の確認方法

自宅の電気代を確認する方法は一般的に2つあります。
一つは電力会社から送られてくる電気料金の請求書を確認することです。請求書には前月の使用量や料金が記載されています。
もう一つは電力会社のウェブサイトやアプリを利用することです。多くの電力会社がオンラインで電気使用量や請求額を確認することができるサービス(Web検針票)を提供しています。

電気料金の検針票の見方・契約プランの確認方法について解説します
電気料金の検針票の見方・契約プランの確認方法について解説します

自宅の電気代が高い原因とは?

自宅の電気代が平均額より高い場合、以下のような原因が考えられます。

家電の使用増加

家電の使用頻度・時間が増えると、電気代は上昇します。特にエアコンや暖房器具、洗濯機や乾燥機など、消費電力の大きい家電の使用が多くなると電気代が高くなります。

古い家電の使用

古い家電はエネルギー効率が低い場合があります。効率の良い新しい家電に置き換えることで、同じ使用量でも電気代を削減できる可能性があります。

電気の無駄遣い

待機電力など電気を無駄に使っている場合、電気代が高くなります。ライトの消し忘れや、スタンバイモードになっている家電の電源を切らないなど、節電意識が低いと電気代が増える可能性があります。

漏電・家電の故障

漏電や家電の故障によって、無駄な消費電力が発生している場合があります。配線やコンセントの確認、家電の定期的なメンテナンスを行うことで、電気の無駄な消費を防ぐことができます。

料金プランのミスマッチ

電力会社の料金プランを適切に選択していない場合、電気代が高くなることがあります。料金プランを見直し、自分の生活スタイルに合ったプランを選択することで、電気代を削減できるかもしれません。

\最安値の電気代で契約/
一括見積もり依頼はこちら▶

これらの原因のうち該当するものを確認し、適切な対策を取ることで、電気代を効率的に削減することができるでしょう。

電気代が高いときの「3つの原因」とは?電気料金を簡単に削減できる節約方法も教えます!
電気代が高いときの「3つの原因」とは?電気料金を簡単に削減できる節約方法も教えます!

一人暮らしに最適な料金プランの選び方

電気料金は「基本料金」と「電力量料金」で構成されています。基本料金はアンペアによって異なり、契約アンペア数が増えると基本料金も上昇します。
一般的に、一人暮らしの場合は20〜30Aの契約アンペアが適しています。ただし、使用する家電の種類や数、ライフスタイルによって必要なアンペアは変動します。

電気料金のアンペアとは?
アンペア(A)は電化製品を動かすために必要なパワーを表します。契約アンペア数によって、一度に使える電化製品の数や消費電力(W)が制限されるため、家族構成やライフスタイルに合わせて適切なアンペア数を選ぶことが大切です。

契約アンペアの選び方とは?電気料金との関係や変更方法について解説
契約アンペアの選び方とは?電気料金との関係や変更方法について解説

ちなみにenepi(エネピ)では、お客様一人ひとりの家族構成やライフスタイルを考慮した最適な電気料金プランの無料相談を実施しております。これまでにもたくさんの方に提案させていただいており、平均月間1500円の電気代を削減しています。ぜひ、この機会に相談してみませんか?

\最安値の電気代で契約/
一括見積もり依頼はこちら▶

一人暮らしで効果的に節電する方法

節電のコツ

一人暮らしにおける効果的な節電術をいくつか紹介します。

節電術①家電を適切に使用する

家電を適切に使用することで電気代を抑えることができます。例えば以下のような点に注意してみてください。

エアコンの設定温度を調整する

冷房時は室温を26〜28℃程度に設定し、暖房時は18〜20℃程度に設定すると、快適な温度を保ちながら電気代を節約できます。なお、部屋を出る際にはエアコンを切るか、タイマーを設定して自動的に切れるようにしましょう。
ちなみに、冷房の設定温度を24℃から28℃に上げた場合、また暖房の設定温度を26℃から20℃に下げた場合、1カ月あたり約567円※の節約効果が期待できます。(※エネピ調べ)

冷房の設定温度は28℃が正解!?快適な温度と電気代の節約術について解説
冷房の設定温度は28℃が正解!?快適な温度と電気代の節約術について解説
エアコン暖房の電気代と設定温度の関係とは?26℃と20℃ではいくら違う?
エアコン暖房の電気代と設定温度の関係とは?26℃と20℃ではいくら違う?

照明の使い方を見直す

LED電球や蛍光灯を使用し、白熱電球を避けることで消費電力を削減できます。また、明るさの調整や不要な照明を消すことも効果的です。

節電術②エネルギー効率の高い家電を選ぶ

家電のエネルギー効率は「省エネラベル」をチェックすることで分かります。同ラベルで高い評価の家電を選ぶことで、長期的に電気代を節約できます。なお、冷蔵庫や洗濯機は消費電力が多いため、特にエネルギー効率の高いものを選ぶことが重要です。

節電術③生活習慣・ライフスタイルを見直す

スタンバイモードを避けて電源を切る、充電器を差し込んだままにしない、部屋を出る際に電気を消すなど、日常の些細な行動から節電を意識しましょう。また、昼間は自然光を活用し照明を最小限に抑える、洗濯や料理をまとめて行うなどの工夫も、消費電力の削減につながります。

まとめ

ここまでの内容について、簡単に整理しておきましょう。

一人暮らしの電気代の平均額とは?
総務省統計局の「家計調査年報(家計収支編)2023年」によると、一人暮らしの平均的な電気代は月間6,726円となっています。ただし、電気代の平均額は地域や季節によって差があります。詳細なデータはこちらのページからご確認ください。
一人暮らしの電気代が高い理由とは?
一人暮らしの電気代が平均額より高い場合、次のような原因が考えられます。①家電の使用増加②古い家電の使用③電気の無駄遣い④漏電・家電の故障⑤料金プランのミスマッチ。
一人暮らしの電気代を削減する方法とは?
一人暮らしの電気代を削減するポイントは「最適な料金プランを選ぶこと」です。enepi(エネピ)では、お客様一人ひとりの条件に合わせた最適な電気料金プランの無料相談を実施しております。ぜひお気軽にご相談ください。

\最安値の電気代で契約/
一括見積もり依頼はこちら▶

今村 一優の写真

エネルギー事業部責任者

今村 一優

新卒で太陽光発電事業を行うベンチャー企業に入社。商社部門の仲卸営業として、国内外の太陽光発電メーカーの商品を取り扱い、全国の販売施工会社を担当。その後、太陽光発電の一括見積もりサイト運営にも携わる。
2015年にはプロパンガス料金比較サービスenepi(エネピ)の立ち上げを行い、数万人のプロパンガス代削減のサポートをするサービスへ成長させる。
エネルギー領域で10年以上携わった経験と知識を活かして、じげんエネルギー事業のマネージャーにて事業開発を行なっている。

藤巻 創の写真

ライター

藤巻 創

電気・プロパンガスに関する記事のライティングを担当。
制作ポリシーに基づいてエネルギー全般の記事作成・管理を行う。