プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いについて解説します。普段から家庭で一般的に使われているガス、このガスの種類は大きく分けるとプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2つに分けられますが、この違いは皆さんご存知でしょうか?それぞれのガス代の計算方法も分かると費用の見直し検討にも役立ちますよ。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

普段から家庭で一般的に使われているガス、

このガスの種類は大きく分けるとプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2つに分けられます。


この違いは皆さんご存知でしょうか?

それぞれには長所短所があるので、

今回はこの点について学んでみませんか。 


 なお、プロパンガス(LPガス)とは、

別名液化天然ガスと呼ばれ、

プロパン・ブタンガスを主成分として圧縮し、常温でも取り扱いが容易にしたガス燃料のひとつです。


プロパンガスと呼ばれることもありますが、プロパンだけの純粋な物質ではないのでLPガスと呼ぶのが正しい呼び方です。

さっそくプロパンガスと都市ガスの違いを一覧表にして見てみましょう。
【プロパンガスと都市ガスの違い 一覧表】
都市ガス プロパンガス
原料 メタンを主成分とする液化天然ガス(LNG) プロパン・ブタンを主成分とする液化石油ガス(LPG)
性質 -162度まで冷却すると液体になる。
体積は1/600に。
-42度まで冷却すると液体になる。
体積は1/250に。
熱量 11,000Kcal/㎥ 24,000Kcal/㎥
におい 無臭だが、ガス漏れ防止の為に玉ねぎの腐ったような臭いを付けている 無臭だが、ガス漏れ防止の為に玉ねぎの腐ったような臭いを付けている
供給方法 ガス導管を通じて供給 ガスボンベをガス会社が配送して供給
重さ 空気よりも軽い 空気よりも重い
ガス漏れ時の避難方法 態勢を低くして避難 態勢を高くして避難
事業者数 約200社 約19,500社
いかがでしょうか。
使用用途は同じガスでも様々な点で違いがありますよね。

それぞれのガスの違いについての詳細な説明はこの後していきます。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(原料編)

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの共通点はガス自体に臭いが無く無色であることです。


万が一のガス漏れなどの事態に気付きやすくするため、あえて匂いをつけています。

プロパンガス(LPガス)の場合

プロパン・ブタンを
主成分とする液化石油ガス(LPG)。
プロパンガス(LPガス)は、
大半を海外から輸入している
LGPという液化石油ガスです。

都市ガスと同じく、
無色・無臭ですがガス漏れに
気づきやすくなるように
臭いをつけてあります。

プロパンガスは空気よりも重く、
-42℃まで冷やせば液体になり、
体積は250分の1になります。

熱量の比較で行くと、
都市ガスの2倍の熱量があります。

都市ガスの場合

メタンを主な主成分とする
液化天然ガス(LNG)。

プロパンガス(LPガス)同様に、
ほとんどが輸入に頼っています。

また、空気より軽いのが特徴です。
熱量はプロパンの約半分となっています。

ー162℃まで冷却すると液体になり、
体積が600分の1になります。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(運搬編)

家庭や工場で日々使われている
プロパンガス(LPガス)や都市ガス。

日本では海外から輸入に
依存している状況ですが、
このプロパンガス(LPガス)や
都市ガスは、どのように
運ばれているのでしょうか?

プロパンガス(LPガス)の場合

プロパンガス(LPガス)の場合

プロパンガスは、
LPガスタンカー(LPG船)という
専用の船で運ばれています。

LPガスタンカーは、
産油国からLPガスを運搬する為の、
とても大きな船です。

LPガスタンカーでは、
1度に出来るだけ多くのLPガスを
効率良く運搬する為に、
常温では気体のLPガスを冷却、
加圧する事で、LPガスを
液体にして体積を減らして
運搬しています。

LPガスを気体から
液体にする事で体積が1/250になります。

運搬されたプロパンは、
家庭で使われるLPガスに
使用されるだけでなく、
LPガス自動車の燃料に使用されたり、
工場の燃料に使用されたりと、
私達の生活を支えるエネルギーとして
欠かす事の出来ない物です。

この大量のLPガスは、
LPガスタンカー内で、
どのように冷却、加圧されて
運搬されているのでしょうか?

プロパンガス(LPガス)を冷却して運搬する冷凍式LPガスタンカー

LPガスを冷却して運搬する
LPガスタンカーのことを、
冷凍式LPガスタンカーと言います。
容積は4万tクラスの物が主流です。
LPガスは、-40度で気体になります。

ですので、冷凍LPガスタンカーには、
運搬中に大きなタンクに満載された、
LPガスを冷やし続ける能力が必要です。

外からの熱を出来るだけ、遮断する為に、
タンクは断熱材で包み込まれていますが、
それだけでは、温度を低音に
維持することは難しいですよね。

その為、冷凍式LPガスタンカーには、
再液化装置が搭載されています。

再液化装置とは、タンク内で
温度が上がり気体となったLPガスを
循環させて船の周りの海水で冷やし、
再度液体に戻す装置です。

この装置を使い、
冷凍式LPガスタンカーは
LPガスを冷却しながら
運搬しているのです。

ちなみに、日本へ輸送される間に、
少しだけ気化してしまいますが、
気化した分はタンカーの
燃料になるため、ムダがありません。

なお、冷凍LPガスタンカーは、
1度に大量のLPガスを運搬出来るので、
主に国際輸送に使用されています。

プロパンガス(LPガス)を加圧して運搬する高圧タンカー

LPガスを加圧して運搬する
LPガスタンカーのことを、
高圧タンカーと言います。

容積は600t〜1,000tクラスのものも
あります。

LPガスは圧力を加えると
液体になります。

高圧タンカーは、
ステンレスで作られた専用のタンクに
圧力を加えて体積を減らして運搬します。

この方法は、
家庭で保管されるプロパンガスと同じです。

なお、余り多くの量を加圧することは
技術的に難しいため、高圧タンカーは
主に国内輸送など小型のタンカーに
用いられています。

都市ガスの場合

都市ガスの場合

都市ガスの原料となる
液化天然ガス(LNG)は、
LNG船という液化天然ガスを
運ぶために特別につくられた船で
運ばれています。

液化天然ガス(LNG)とは、
天然ガスをマイナス162度以下に
冷却して液体にしたものです。

LNGというよび方は、
「リキファイド・ナチュラル・ガス」の
頭文字をとっています。

LNGタンカーのタンク

LNGタンカーの特殊な構造について
解説していきます。

LNGを入れる球形タンクには、
3つの部分があります。

地球にたとえて、
上から北半球部、赤道部、
南半球部と言われています。

また、船体にはスカートとよばれる
円とう形をした部分があり、
タンクを支えています。

タンクをのせている船のボディーは、
二重になっていて、他の船との衝突や
浅い海での海底への乗り上げにも
耐えられるような設計になっています。

ガスを運搬する時は、
タンク600個分の都市ガスを
1つのタンクで運んでいます。

どうしてこのようなことが可能なのでしょうか。
それは、都市ガスを液体にしているからです。

気体である天然ガスを冷やして
容積を圧縮したものが液化天然ガスです。

冷やす温度はマイナス162度以下で、
液化された天然ガスの容積は
気体だったときの600分の1になります。

液体に加工することで、
1度に沢山の運搬が可能になっているのです。

非常に低い温度に冷やされた
LNGを運ぶために、LNG船のタンクは
熱を遮断する魔法ビンのような
仕組みになっています。

(参照:http://www.nyk.com/kids/ship/lng_what.htm)

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(現状編)

プロパンガス(LPガス)の場合

販売量の推移としては、
10年前の84%まで減少しています。


エネルギーの構成比を見ても電気や都市ガスが構成比を増やしているのに対して、プロパンガス(LPガス)は全体の10%を切る状況になっている状況です。

平成17年度以降の儒教はグラフのとおりです。

都市ガスの場合

プロパンガス(LPガス)が販売量を減少させているのに対し都市ガスは、ここ20年で約2倍になったと言われており、右肩上がりの状況が続いています。


エネルギー構成比も全体の20%を超える状況となっています。


2008年以降の都市ガスの販売量は、以下のグラフのとおりです。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(導入編)

プロパンガス(LPガス)の場合

プロパンガス(LPガス)の場合
プロパンを新たに導入する場合、

ガスボンベを屋外に設置して室内に引き込むだけで設置が出来るので、
ほとんど費用がかからなく、大規模災害などが発生したときでもすぐに復旧できるという利便性があります。

都市ガスの場合

道路の下のガス管を通じて供給されているため、
自宅前にガス管が埋設されていない場合などは
かなりの費用がかかってしまいます。


災害時の復旧にも時間がかかりやすいもの問題視されています。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(供給編)

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(供給編)

都市ガスの会社・供給について

かつて、都市ガスを利用する場合は、
居住地域で供給している
都市ガス事業者と供給契約を
交わしていました。

現在は、都市ガスも自由化され、
私たち消費者は自由に会社を
選んで契約することができます。

現在、全国で200以上の都市ガス事業者が
活躍しています。

都市ガスは、道路下のガス導管を通じて
ガスを供給しています。

基本的には、この道路下の
ガス管がないと利用できないため、
都市ガス用のガス管が
通っていない地方や郊外では
プロパンガスが使われます。

災害時の復旧に時間がかかりやすいため、
震災が多い日本では問題があるという
指摘もあるようです。

プロパンガスの会社・供給について

プロパンガス(LPガス)の場合は
需要者が地域にある複数の
プロパンガス事業者の中から
契約した会社を選べます。

全国で2万社以上もの
プロパンガス事業者がサービスを
展開をしています。

プロパンガスの利用者へは、
事業者がプロパンガス入りの
ボンベを建物ごとに配送します。

新たに導入するときには、
ガスボンベを屋外に設置して
室内に引き込むだけなので、
設置費用が安く済みます。

大規模な災害などが発生したときでも
すぐに復旧できるという利便性があるため、
シェア数は減少しているものの
あらためて注目されてきたのも事実です。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(コスト編)

プロパンガス(LPガス)の場合

プロパンガス(LPガス)の場合
プロパンガス(LPガス)は都市ガスに比べると料金は高いという印象をお持ちの方かと思います。


正確に言うと、業者によってかなり格差があり、
都市ガスより3倍近い価格で販売しているところもあれば、競争が激しく協会などの努力により都市ガスとほぼ同等の価格を実現しているところもあります。 


プロパンガス(LPガス)の種類は違いがないために、引越ししても器具はそのまま使うことが出来ます。

都市ガスの場合

都市ガスはガスの種類が複数あります。

引越しなどで契約ガス会社が変わり、ガスの種類が変わってしまうと、
ガス器具の交換が必要となり、追加費用がかかってしまいます。


ランニングコストについては、
プロパンガス(LPガス)の料金が業者によって差が大きいために、比較が難しいですが、一般的にプロパンと比較して75%~50%と言われています。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(計算編)

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(計算編)

現在、ご家庭でガスをお使いの方は、ガス会社からの請求書が届いた時、ほとんどの方は請求額しか見ていないのではないでしょうか。


結構な金額を請求されても、ガスってどんな単位で計算されているかご存知の方は少ないと思います。

ここではそのガスの単位や計算方法を、

プロパンガス(LPガス)と都市ガス両方についてお教えします。

「プロパンガス」も「都市ガス」もガスの単位は㎥

ガスメーターの単位は使用量は㎥(リューベ)という単位で表示されています。

大きさで表すと1m×1m×1mの立方体が1㎥となります。 


 この単位を使いガスの使用量を表示していますが、プロパンガス(LPガス)と都市ガスはもともと使われている原料の種類が違うため、熱量が違い同じ数値では比較できません。
 

プロパンは都市ガスの2.23倍の熱量があると言われていますので、
プロパンガス(LPガス)を20㎥使ったとすると、都市ガスの場合20㎥×2.23倍=44.6㎥で同じ量を使用したことになります。

実際にプロパンと都市ガスを両方お使いになった方は、
この数値の違いに気づかれた方もいるのではないでしょうか。

プロパンガス(LPガス)の場合

ガスの料金を算出する場合、ガス料金は基本料金+従量料金で構成されています。

プロパンガス(LPガス)の場合、全国的な平均単価を1㎥あたり380円とすると、20㎥の使用で7,600円となり、これに基本料金を加えた料金が請求額となります。

都市ガスの場合

都市ガスの場合、東京ガスの料金では単価1㎥あたり151.74円なので、
44.6㎥(プロパンの場合だと20㎥)の使用で6,767円となり、これに基本料金が加えられます。


実際には、プロパンガス(LPガス)の場合、販売会社や地域によって、かなり単価が異なっています。
都市ガスにおいても、各ガス会社によってプロパンほどの格差はありませんが、違いはあります。

プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い(料金編)

都市ガスプロパンガス
基本料金745円1,696円
10㎥使用した場合2,403円6,978円
都市ガスの価格は「認可価格」といって、

ガスの供給にかかる原価に基づいて
「基本料金」と「従量料金」に分けて計算する
二部料金制が法律で定められています。

基本料金は

ガスの使用量にかかわらず支払う料金で、

従量料金は

使用量に応じて支払う料金です。


都市ガスの使用でかかるガス代とは、

一律で決められている「公共料金」なのです。

一方、プロパンガス(LPガス)の料金は

「自由価格」と呼ばれ、

販売者側が自由に価格を設定できます。

基本料金と従量料金の基本的な考え方は、都市ガスと同じです。

都市ガスとプロパンガス(LPガス)とでは
主成分が異なるため、ガスが燃える際に

発生する熱の量に差が出ます。

同じ熱量を出すためには、

プロパンガス(LPガス)では

都市ガスの約2倍の体積が必要になります。


それぞれを東京都で使った場合のガス料金を比較してみましょう。

東京都内における東京ガスの基本料金は約745円、プロパンガスの平均基本料気1,696円です。

東京ガスが一般公開するガス料金表によると、
ガスを10㎥使用した場合の合計金額は、

都市ガス(東京ガス)では2,403円、

プロパンガスだと6,978円です。

同じ熱量を消費したときの価格を比べると、

都市ガスがプロパンガスの半額以上

になると言えます。


各地域のプロパンガス料金を知りたい方は、

平均相場を下記より確認することができます。

なぜプロパンガスは高いか

なぜプロパンガスは高いか

プロパンガスは業者側が
自由に価格設定をできるため、
事業者ごとに格差があります。

都市ガスより3倍近い価格で
販売しているところもあれば、
協会などの努力により都市ガスと
ほぼ同等の価格を実現している
プロパンガス会社もあります。

一般的に、プロパンガスは
ガスボンベを各家庭に設置するため、
ボンベを運ぶ際の運送費・人件費がかかります。

設置時にかかる初期費用や
運搬費を、毎月請求するガス代に
上乗せしているので、
都市ガスと比べると高くなることが
多いようです。

また、ご説明した通り、
プロパンガスは業者側が
自由に価格を設定できます。

悲しい話ですが、
大家さんでないと契約先を
決めることができない
賃貸・集合住宅に対しては、
あえて高額な料金設定をしている
プロパンガス会社もあるようです。

このような場合だと
解決は難しいかもしれませんが、
もし大家さんが親切な方であれば
相談し、ガス会社の変更を
してもらうことによって
ガス代を抑えられるかもしれません。

持ち家の一戸建てにお住まいの方が、
一般的なガス代の相場を
提示しながら交渉したら値下げしてもらえた
という事例もあります。

本来ならば、すべての家庭に
平等な料金でガスを提供している
会社が最良ではあります。

が、
自由に料金を決められるからこそ、
プロパンガス会社の選び方次第で、
家庭のガス代は変動してしまうのです。

つまり、

「プロパンガス=高い」

とは限らないわけです。

先ほどご紹介した料金比較は
東京都内の使用時の例でしたが、
地域によってはプロパンガスの方が、
ガス料金が安くなるケースも少なくありません。

地域や業者によって様々な価格帯があるため、
単純に「都市ガスかプロパンガスか」を
比較することは難しいのが現状です。

ただし、プロパンガスと比べると
都市ガスの月々の使用料は
50~75%におさまることが多いため、
「プロパンガス=高い」という
イメージが浸透していると考えられます。

一言に「プロパンガス」と言っても、
業者によって料金設定が違いますから、
比較してみると今より安い
プロパンガス会社があるかもしれません。

まずはenepiで無料で一括見積もりを
してみることをおすすめします。
ご家庭に最適なガス会社が見つかれば、
切り替え・契約される際にもサポートします。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

まとめ

いかがでしょうか?

プロパンガス(LPガス)と
都市ガスの特徴を端的に表現すると、
設置費用は安いが維持費が高いのが
プロパン。

維持費は安いが
設置費用が高い都市ガスといえます。

日常でガスを使うときの
ランニングコストを考えると、
都市ガスの方がお得になることは
実際多いようです。

しかし居住環境によっては
プロパンガスを選んだ方が
リーズナブルな場合もあり、
震災時の復旧の早さなどを配慮すると、
プロパンガスはメリットが大きいとも言えます。

お住まいの地域や住宅の種類を
基準に、都市ガスとプロパンガスと
どちらが合うか検討してみると良いでしょう。

普段何気なく使っているガス、
使用料金の計算も分かると、
見方もまた変わりますよね。
場合によっては、契約会社を見直す
必要もあるかもしれません。

一見難しそうなガスの計算も
よく理解することで、大幅な節約も
可能になるのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事