Img tel
Thumb cover 256 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 10 25 19.22.22

ガス代の節約は【16の極意】で料金を激的に下げる!プロパンガスは安くなる!

プロパンガス(LPガス)は節約できる!月々のガス代が高いと感じているそこのアナタは必見です。プロパンガスの節約方法には様々な方法がありますが、日々の生活からコツコツと節約するパターンとたった1回の行動で激的にガス代を安くできる節約方法をご紹介します!

ガス代の節約は16の極意で今より安くできる!
普段からプロパンガス(LPガス)だけをお使いの方は、その料金そのものが高いのか安いのかは分かりにくいものです。

しかし、都市ガスを使っていた方が
プロパンに変更すると、料金が高くなり、
びっくりした方も多いのではないでしょうか?

そんなちょっとお高いイメージのあるプロパンガス(LPガス)の節約方法を考えて見ましょう。
\ガス代が安くなる!/
今より安くて信頼できるガス会社を探しに行く!▶

ガス代の節約方法<風呂編>

ガス代で一番料金がかかっているのは給湯器になるのではないでしょうか。

ガス代の節約=お湯を沸かす量の節約」。
この意識をいかに高く持つかで、
節約の効果に大きく影響します。

つまり給湯器を使うものの中でも、
高いガス代の原因はやはり、
お風呂への給湯です。

ここでは、お風呂での節約術をお話しします。

ガス代を節約する風呂の上手な沸かし方

まずは、ガスを節約するための上手な風呂の沸かし方を紹介していきます。

沸かし方で随分ガス代が変わってきます。

節約の極意①:設定温度を低くする

ガス代が高いと嘆いている皆さん、給湯器の温度は何度に設定していますか?

ガス代を安くするには、給湯器の温度設定は出来るだけ低くすることが大切です。

温度を45℃以上に設定して、
水を足しながら調節する人がいますが、
温度調節は給湯器に任せるのが一番適切です。

給湯なら42℃は40℃、
シャワーなら40℃は39℃と
わずかな温度でも、節約には効果があります。

それでは実際に、給湯器の温度を42℃、40℃に設定した場合に1回にかかる風呂のガス代を比較していきましょう。

20℃の水200Lを40℃まで温めるという条件で
計算していきます。

プロパンガスの㎥メートル当たりの従量単価は、
平均500円前後、
熱効率が90%の場合の計算式を当てはめてみると、以下のようになります。


<40℃の場合>

20(℃)(上昇する温度)×200(リットル)×0.9(熱効率)÷24,000×500≒75円お風呂1回にかかるガス代は約75円!

一方、

<42℃の場合>

22(上昇する温度)(℃)×200(リットル)×0.9(熱効率)÷24,000×500≒83円
お風呂1回にかかるガス代は約83円!

一回当たり約8円の差がでます。

1ヶ月では240円、
一年では2,880円の節約になります。

では、シャワーの場合はどうなるでしょうか。

条件を同じにするために、
水道水の温度20℃、
シャワーの設定温度40℃・42℃として
比較してみましょう。
10分浴びたものとして計算してみます。


1当たりの価格を500円、
熱効率90%として計算してみます。


<設定温度が40℃の場合>

20×50×0.9÷24,000×500≒38円

40℃の場合、
シャワー1回にかかるガス代は38円!


一方、

<設定温度が42℃の場合>
22×50×0.9÷24,000×500≒41円


42℃の場合、
シャワー1回にかかるガス代は41円!

一回当たり3円の差がでます。

1ヶ月では、90円、
一年では1,080円の
節約ができることになります。

このように、
1回あたりはさほど大きくない金額ですが、
塵も積もれば山となるという諺通り、
長い目で考えると大きな差になります。

設定温度はできるだけ低くするよう
心がけましょう。

節約の極意②:湯船に溜めるお湯の量を減らす

ガス代が高いと悩んでいる皆さん、お風呂の量はどれくらいですか?

通常湯船には8分目くらいまで溜める方が多いかと思います。
しかし、5分目程度まで溜まっている途中で入浴し、体を沈めれば充分に温まれます。

体が温まってきたら、
満水になる前に早めに止めれば、
それだけガス代の節約につながります。

冬場でも、時間を掛けて入浴すれば、
充分暖まり、健康にもよいとされています。

節約の極意③:沸かすより注水


お湯が冷めたら、追い炊きで温度を上げる方が多いです。
しかし実は追い炊きで温度を上げるよりも、
注水でお湯を足すことで温度を上げる方が、
はるかに節約になります。

1日1回の追い炊きをするだけで、
毎月の高いガス料金が
1,000円ほど節約できます。

出来るだけ追い炊きは使わずに、
注水を利用するようにしましょう。

ガス代を節約する風呂での行動

ここからは、高いガス代節約のために風呂でやるべきことをまとめました。とても小さいことですが、毎日積み重ねると大きな節約につながります。

節約の極意④:浴槽の蓋はこまめに閉める

お風呂の蓋をしめておかないと、
湯船の温度はどんどん逃げてしまいます。
温かい熱が逃げてしまうのを防ぐために、
蓋をしめることを忘れないようにしましょう。

蓋をすることでしないときに比べ、
保温効果は格段に違います。

追い炊きをしてお湯の温度を1度上げるのに
約3円のガス代がかかります。(※1)
蓋がないとお湯の温度がすぐ下がってしまうので
年間にすると約2,000円ほどの差が出るのです。

(※1)参照元:fukupon「冬のガス代は夏の約3倍!風呂の水を1℃上げると3円を支払う」より

節約の極意⑤:節約グッズを活用する

お風呂の蓋を利用するのと同じように便利なのが、節約グッズの1つである保温シートです。
使い方は湯船に保温シートを浮かべるだけ!

湯船の大きさのものを選び、浮かべることで
より高い保温効果が期待できます。

保温シートの代用に、
浴室にひくマットを
カットして使うこともできるのです。

厚みがある方がより保温効果が高いので、
厚みのあるものを選ぶのが良いでしょう。

保温シート+蓋のダブル使いをすれば、
より熱が逃げなくなりますね。

また、節約グッズとしてもうひとつおすすめなのが、シャワーヘッドというアイテムです。
これは、シャワーに装着すると、
出るお湯の量を約半分にしてくれる
という優れものです。

節水にもなって、水道代の節約にもつながる一石二鳥のアイテムです。是非お試しください

節約の極意⑥:家族の入浴時間をそろえる

ガス代が高いご家庭では、家族がバラバラに入浴しているケースが多いです。

家族バラバラに入浴すると、

湯船の温度がどうしても下がってしまい
何度も追い炊きする必要が出てきます。

お湯の温度を1度上げるのに、
約3円のガス料金がかかるので、
お湯の温度が下がれば下がるほど、
ガスの料金もかかります。

例えば、最初の人が入浴してから最後の人が入浴するまでに温度が5℃下がってしまうとします。

すると、追い炊きするのに、1日あたり、
3円×5(℃)=15(円)がかかります。

時間をあけることによって
どんどんお湯の温度が下がってしまうので、
まとめて入浴することによって
ガスの節約になることがわかります。

たった15円と思ってしまいますが、1年単位では5,400円も違ってきます。

家族まとめて入れる時間にお湯を沸かし、
次々と入浴することが節約になります。
このように、
小さいことから気をつけていきましょう。

節約の極意⑦:シャワーの有効利用

シャワーを出す時間を5分までとか短めに時間を決めれば、それだけ節約に直結します。

浴室用の時計などを設置して、
意識してシャワーを利用すれば、
今までよりも短い時間で利用できるはずです。


またシャワーのヘッドを節水型に交換すれば、
それだけ少ない水量になり、
エネルギーの消費を減らすことになります。
例えば、10分浴びていたシャワーの時間を

毎日1分短縮することが出来たら

ガス代は10分のときは45.7円、
9分なら41.1円になります。

年間にすると1人あたり、

約1,679円のガス代が節約できます。(※1)

例えば、

家族4人で1人1分ずつ短縮することが出来ると、
年間で約6,716円
節約することが出来るようになるのです。

そして、給湯器の料金が高くなるのは、
なんと言っても冬です。

水の温度も5℃位から40℃程まで上げるので、
かなりのエネルギーを消費します。

ですので、特に冬場には、
高い意識を持って節約に努めるのが、
結果的にガス料金の節約に直結します。

節約の極意⑧:湯船のお湯を使用する

シャワーについてみてきましたが、
やはりシャワーを使うとガス代は
どうしても高くなってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、
湯船のお湯の有効利用です。

まず、都市ガスとプロパンガスそれぞれの場合について、一般的な家庭で風呂を1回沸かすのにかかるガス代を計算してみました。

計算式としては、

風呂のガス代=湯量(L)×上昇させる温度(℃)÷(ガスの燃焼量(kcal)×給湯器の熱効率(%))×ガス単価(円)となります。

この数値は、東京都の場合です。

■都市ガスの場合
200(L)×(4218)(℃)÷10,750(kcal)×80(%)×128(円)=45.7(円)


■プロパンガス(LPガス)の場合
200(L)×(42-18)(℃)÷24,000(kcal)×80(%)×454(円)=72.6(円)

お風呂を1か月(30日)沸かした場合、
都市ガスの場合、約1,380円
プロパンガスの場合、約2,190円
のガス代が毎月かかることになります。

通常、お湯をはってもシャワーと併用するケースがほとんどだと思います。すると、上記のお湯を沸かすのに必要なガス代に加えて、シャワーのガス代もかかってしまいます。

そこで、シャワーはキレイに洗った最後の仕上げに流すのみ利用し、湯船のお湯を使ってからシャワーを使うことで時間を数分でも短くすることができ、年間でみると大きな節約となります。


シャワーは1分単位で使用時間を縮めることで、
節約になるので湯船とシャワーを併用し使うことで、使用時間を減らしガスだけでなく水道代も節約できます。
\ガス代が安くなる!/
今より安くて信頼できるガス会社を探しに行く!▶

ガス代の節約方法<キッチン編>

キッチンで主にガスが使用されるのは、
ガスコンロと給湯器が考えられますが、
どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?

これからお教えするガス代の節約方法は、
ちょっと意識をするだけで簡単に実践出来るので、
ぜひ、今日からお試しあれ!!

節約の極意⑨:ガスコンロの火は「鍋の大きさに合わせた火力」を

ガス代が高いご家庭では、ガスコンロの火が鍋に合っていないことがあります。

料理をする時、ガスコンロの火は

強火よりも中火がおすすめです。
強火だと鍋底から火がはみ出している分、
ガスを無駄に使用してしまいます。

ですが、中火で鍋底から
火がはみ出さないよう調整することで
鍋全体に火がいきわたり、無駄なく早く沸かすことが出来ます。

例えば15℃の水を2L沸かす場合、
都市ガスの場合:
中火だと約2.1円、強火だと約2.3円
(※参照データ:東京ガスの場合)

プロパンガスの場合:
中火だと約16円、強火だと約21.3円(※1)

ガスの料金設定や鍋の大きさなどにより変動するので、
あくまで目安の金額ではありますが、
強火よりも中火の方が
ガスを節約できているのがわかります。


(※1)強火:0.04㎥、中火:0.03㎥、沸騰時間:20分、
従量単価533円とした場合

節約の極意⑩:電子レンジを活用

総合的にみてガスで調理するよりも
電子レンジを利用するほうが安く済みます。

根菜などの固い野菜は
あらかじめ電子レンジで加熱しておくと、
すぐに火が通るようになりますので
下処理に利用するとガス代の節約になります。

次におかずやスープの再加熱をする時は
鍋に火をかけるよりも1人分取り分けて
電子レンジで加熱するのも節約術となります。

下処理や加熱だけではなく、
電子レンジで調理そのものを行うこともできますね。

節約の極意⑪:落し蓋の活用

ガスコンロで煮物を作るときは、
落し蓋をすることにより、
ガス代を半分以下に節約することができ、
調理時間を短縮することができます。
さらに、味も染みこみやすくなるんですよ。

例えば大根の煮物調理した場合、
落し蓋ありでは調理時間が約18分、
落し蓋なしでは約36分と倍以上かかる(※1)ので、
調理時間が短いほどガス代の節約に繋がるのがわかりますよね。

他にも鍋でお湯を沸かしたり茹でたりする時に
蓋をすることで、蓋を使わないで調理した時よりも
ガスの利用量を節約できます。

節約の極意⑫:なべ底の広い鍋で調理

調理する際、
鍋は底の広いものを選んで使うと、
短時間調理ができて、
ガス代を節約することが出来ます。

底の広い鍋は火があたる面積が広いため、火の通りが良く時間がかからずに調理することができるため、余計なガスを使わないで済むのです。

例えば2Lのお湯を沸かす際、
鍋底の広さが約5cm違うだけで約1円の差があるのです。

なので、パスタなどの麺類を茹でる際は鍋を使うよりも
フライパンを使って茹でたほうがガスの節約になるということです。

節約の極意⑬:一緒に調理できるものは一つの鍋で

煮る・茹でる・焼く調理をする時、
別々の食材を同時に調理すると
時間短縮やガスの節約になります。

例えば麺類を茹でるときに、
その麺にのせる具材も同時に茹でることが出来ますよね。

断熱のビニール袋を利用するときは、
別々に使う野菜や肉やタレなど、火を通すものをそれぞれ小分けにして鍋にいれます。

そうすることで、一つの鍋で全く違う食材や味のついたものなどを気にせずに、ありとあらゆるものを調理することができるのです。

何度もお湯を沸かす手間がはぶけ、

ガスの節約に繋がりますね。

節約の極意⑭:いっそのことオール電化へ変更する

賃貸アパートなどの場合は難しいです。
しかし、一戸建ての住宅にお住まいの方は、
プロパンガス(LPガス)の維持費を考えると、
やはりオール電化への変更がお得となります。

プロパンの料金と違い、
業者によって違うことはありませんし、
コンロや給湯器共にランニングコストで見ると、
電気のほうに分があります。

節約の極意⑮:ガス会社を乗り換えてしまう

ここまでは、主に使用するガス器具の節約方法でしたが、ガス料金を根本的に安くする方法が、今の料金よりも安い契約会社へ変更することです。

最近はガス会社も、他のエネルギーから押されて苦戦しているために、基本料金や従量料金を他より安い価格で提供してくれる業者も増えてきています。

都市ガスは公共料金で値段が決まっています。
ですが、プロパンガスはガス会社が
値段を決めることが出来るため、
都市ガスに比べ料金が高いのです。

プロパンガスは、

ガス会社を自由に変えることが出来ます。

ですが、物件により契約をしているガス会社があったりするので確認をし、変更できる場合今よりも安い会社を選べば大きな節約となります。

ガスの単価が変わればその分節約になりますので、
変更できれば大きくガス料金が変化します。

プロパンの全国平均料金の目安として、
基本料金が1,890円、
従量料金が単価380~500円で
20㎡を使うと、
9,490円~11,890円という金額が算出されます。

この金額を参考に他のガス会社へ相談してみてはいかがでしょうか。

節約の極意⑯ガス料金の支払いをカード払いにする

皆さんはガス代をどのように支払っていますか。

口座振替・振り込み・クレジットカード払いが主流ですが、プロパンガスの場合いまだに回収制の地域もあるようです。

ガス代を節約する方法の1つとして、
ガス代の支払いをクレジットカード払いにする
という方法があります。
クレジットカード払いにすると、
どんなメリットがあるのでしょうか。

クレジットカード払いにすると、
カード会社の還元率に応じて、
ポイントを受け取ることができます。

還元率の平均は、
0.5%~1.5%程度です。

例えば、1%ポイント還元のクレジットカード(楽天カードなど)を使って、年間10万円のガス代を支払うとすると、年間1,000円もお得になります!


ガス料金の支払いがクレジットカード払いではない方は、支払い方法を変更することをお勧めします。

ガス支払い方法の変更方法を知りたい方はこちら>>>

まとめ

ガス料金の節約について解説しました。

プロパンガス(LPガス)は、
大規模災害時などでの復旧が早いほか、
非常に強い熱量を持つため、
料理に向いているなどメリットも沢山あります。
節約に努めていけば、
とても有意義なエネルギーでもあります。

ガスはお風呂での利用料が一番多いので、
まずはお風呂でのガスの使い方を
家族全員で見直す必要があります。

お風呂はまとめて入り、

湯船は保温の為こまめにふたをし、

湯船のお湯を利用し、
シャワーの利用時間を短縮することで、
大きな節約となります。


キッチンでは中火で調理し、
余熱やレンジで調理できるものは利用して
ガスの利用時間を減らすことが出来ますね。


ひとつひとつは小さい節約ですが
チリも積もれば山となり、
年間にすると大きくかわります。

上手く節約術を利用し、
ガスの節約に役立てましょう。

enepiならガス代を今より安くできるかも。

プロパンガス(LPガス)を利用する方、限定になってしまいますが、enepiのガス切り替えサービスなら今よりも安く、且つ安心できるガス会社へ切り替えることができるかもしれません。

ポイントは2つです。
①信頼できるガス会社を複数社紹介できること
②お困りごとや不安ごとは
  カスタマーサポートへ相談できること

「見積もりに費用は発生するか?」
「仲介手数料とか支払う必要あるか?」
というお問い合わせをたまに頂きますが、

enepiのサービスを利用されるお客様は、見積もりから切り替え完了まで無料でご利用頂けます。

もし、今のガス会社から不当な請求をされていたり、違約金などの関係から、切り替えることに二の足を踏んでいる方も、

私たちカスタマーサポートと紹介先のガス会社となら解決できるかもしれないです。

また、エネピはお客様とガス会社の中立の立場にいるため、「ここのガス会社にしましょう!」という営業は一切ありません。

もし見積もりを取って
「この会社どうなんだろう?」
「どこが一番いいのか分からない」
と思ったら、お気軽にご相談ください。

お客様のお希望をお聞きした上で、
各ガス会社のご説明をさせて頂きます。
ガス代でお悩みの方はぜひ、
一度利用してみてくださいね!
\ガス代が安くなる!/
今より安くて信頼できるガス会社を探しに行く!▶

この記事と関連する記事