Thumb cover 256 pixta 12946764 s

ガス代(プロパンガス)が高い!安くする究極の節約方法をご紹介!

プロパンガス(LPガス)料金が高いので安い会社へ切り替えてガス料金を節約したい方、必見。ガス代の平均の比較・計算からLPガス(プロパンガス)を安く切り替えるまでの流れをご紹介します。

 プロパンガスは高いもの。と思って、毎月届くガス利用料金の明細書に細かく目も通さず支払ってしまっていませんか?

しかし、プロパンガスを利用している方は、ガス代の通知が届く度に

「なんでうちのガス代ってこんなに高いの?」

「少しでも安くならないかな…」と思いませんか?

節約するとなると生活の質を変えないといけないと思ってしまいますよね。

そうはいってもガスの使用量を減らすのは至難の業。。


そこで、生活の質は変えずにガス代を節約する方法をお教えます!

プロパンガス(LPガス)が高いのはなぜ?

プロパンガス(LPガス)の毎月かかる費用相場として、

地域によっては都市ガスと比べて、ガス代の平均が約2倍にもなります。
なぜこれ程の価格差がでるのでしょうか?

これには、LPガス(プロパンガス)独自の事情に関わる、4つの理由があります

理由1:人件費

プロパンガス(LPガス)は、ガスボンベを家庭に配送して、ガスを供給する方式です。
そのため、ガスボンベの配送、交換、点検、検査と、供給設備を確認するだけの都市ガスよりも、多くの人件費が掛かります。

これらの費用が、LPガス(プロパンガス)の費用に追加されていることが、都市ガスよりも価格が高い理由の1つです。

理由2:供給設備費用

プロパンガス(LPガス)の供給設備に必要な初期費用は、
多くの場合、プロパンガス(LPガス)会社が負担してくれます。

建物の大きさにもよりますが、プロパンガス(LPガス)は
設置工事などの初期費用(10万円程度)が必要になってくるため、まとまった金額が必要です。

そのため、初期費用を負担してくれることもあるのですが、このサービスは消費者にとって非常に助かるの反面、
実はこの供給設備の費用は毎月のプロパンガス(LPガス)の費用に追加されています。

そのため、何十年もそのままの契約でプロパンガス(LPガス)を使用していると、
初期費用以上に、お金を払っていることが多いのです。

この供給設備の費用も、プロパンガス(LPガス)が都市ガスよりも高くなる理由の1つです。

理由3:プロパンガス(LPガス)自体の費用

プロパンガス(LPガス)自体の費用は、ガス会社が独自に設定して良いことになっています。
そのため、法律で料金の基準が定められている都市ガスとは違い、
プロパンガス会社は自社の事情や仕入れ状況によってプロパンガス(LPガス)の価格を自由に操作することができます。

多くの場合に、プロパンガス(LPガス)では原油価格の高騰のタイミングで値上げが行われますが、その後原油価格が下がった際に
元の料金に値下げされるケースは少ないことが一般的です。

これにより、プロパンガス(LPガス)の方が都市ガスよりも高い値段で設定されている期間が長くなります。

これも、都市ガスよりプロパンガス(LPガス)が高くなる理由の1つです。

理由4: ガス代が上がっても声を上げない消費者

そして、ガスの供給を受けている私たち消費者は毎月のプロパンガス代が高くてもガス会社に、「お宅のガスは高いから辞める」とは、なかなか言えないという現状もあります。
切り替えられるという仕組みを知らない人もいれば、
今の業者を断ってしまった場合、次はどこにお願いをすればいいのか分からない人も多く存在します。

プロパンガスはライフラインの1つです。
そのため、多少高くても仕方ないという気持ちになり、プロパンガス会社の不当な値上げや、値段設定に黙り込んでしまうケースが多いようです。

また別の要素として、例えば九州地方などは、ガス会社の競争が激しくなく他の会社の比較や見積もりを取るなど、
プロパンガスの契約取引の件数自体があまり多くない地域でもあります。そうした地域は適正価格にしたいという類の運動自体が少ないという現状もあります。

これも、都市ガスよりもプロパンガスが高くなる理由の1つです。
こういった原因が、絡み合いプロパンガスの価格が都市ガスと比べて高くなっているのです。

燃料の高騰により値上がりをしてしまうのはやむを得ないのですが、
中にはガス料金について細かく突っ込まない消費者につけこんで
どんどん値上げしていき、高くできる顧客にはより高い金額を請求して利益を出そうとする業者も存在します。

「もしかしてぼったくられてる?」と感じたら、

ガス代の費用相場として下記料金を参考値としてみてみてください。

基本料金:1800円前後
(北海道・富山県・島根県では基本料金が2,000円程度になるケースが多いです)

従量単価:350~500円前後


これよりも明らかに高いと思われるガス料金はちょっと疑問に思ったほうがいいかもしれません。
本来の費用相場でおさまる地域にお住まいの方が多く請求されていた場合、
本来の妥当なガス代と比較すると、その差は年間で10万円を超えることもあります。
(実際に当サイトで見積もりをとったお客様でも現状のガス代より年間10万円安くなるケースもありました。)

沖縄や北海道などの離島地域では「供給にコストがかかる」、
「LPガス(プロパンガス)会社が少なく競争が少ない」、などの理由で
従量単価が700円前後になっているケースもあります。
この場合も確かに値段の高騰や地域性の問題はあったとして、
単価600円以上の価格はちょっと高めの設定がされている可能性があるので、
プロパンガス業者の乗り換えなどを検討したほうが良いかもしれません。
ここからは、プロパンガス料金を劇的に安くする方法を大きく2つにわけて紹介していきます。

【高いプロパンガス代を安くする節約方法その1】LPガス(プロパンガス)の価格交渉・見積もり

 LP(プロパンガス)ガスの料金を節約する1つ目の方法は、

現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に値下げをお願いする方法です。

 ここでは、住居形態別に紹介していきます。

一戸建ての場合

 一戸建てにお住まいの方が、現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に対して

価格交渉を行うのは、LPガス(プロパンガス)を安くするのに有効な手段です。

一戸建ての方は、その気になれば容易にLPガス会社を切り替えることができます。

それは、LPガス(プロパンガス)会社側も分かっています。

つまり、値下げに応じなければ、切り替えるられる可能性が高いことを分かっています。

そのため、よほど無茶な値下げでなければ受け入れられることが多いです。

 

マンションの場合

マンションにお住まいの方が、現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に対して、価格交渉を行っても値下げしてもらうことは難しいと思います。
それは、マンションではマンションのガス供給設備の費用がLPガス(プロパンガス)料金に上乗せされている場合が多く、その場合はLPガス(プロパンガス)料金が高いのであって、LPガス(プロパンガス)自体の費用はそこまで高くないので値下げする余地が少ないというのと、大家さんや管理会社の同意なくしてLPガス(プロパンガス)会社を乗り換えることはできないことを理解しているからです。
そのため、個人でLPガス料金の値下げをお願いしても、値下げしてくれることは、まず無いと考えて良いかもしれません。
マンションにお住まいの方は、個人でLPガス会社に値下げをお願いするのではなく、大家さんや管理会社にLPガス料金の値下げをお願いして、大家さんや管理会社からLPガス会社に価格交渉をしてもらった方がLPガス料金が安くなる可能性は高いので、そちらからお願いするのが良いでしょう。

【高いプロパンガス代を安くする節約方法その2】ガス会社の切り替え

プロパンガスを節約する2つ目の方法は、

今より安くガスを提供してくれるガス会社に切り替えることです。


しかし、「ガス会社を変えることなんて、できるのだろうか?」「どうせ、できないんだろうな」と思っている方が大半で、

実際にガス会社を乗り換える行動を起こす方は少数です。

地域によってはガス会社の競争が少ないところもあり、住民にとってプロパンガス会社の切り替えに馴染みがない方もいらっしゃいます。

しかし、実はLPガス(プロパンガス)会社を切り替えるのは、仕組みを理解すればそれほど難しくありません。

この記事では、LPガス(プロパンガス)会社を切り替える方法やLPガス(プロパンガス)料金を安くする方法を紹介していきます。

ガス会社を切り替えるとどれくらい安くなる?(シミュレーション例)

切り替えると安くなる、と言ってもどれくらい変わるのかイメージが湧かない人も多いかと思います。
ここではエネピでガス会社を切り替えた人がどれくらいガス代が安くなったのか実際の例でご紹介します。

◯千葉県在住のAさん宅◯
【切り替え前のガス使用状況】
基本料金:1,500円+使用量:20.6㎥×従量単価:420円=ガス代:10,152円/月
 ↓ ↓ ↓
【ガス会社切り替え後】
基本料金:1,500円+使用量:20.6㎥×従量単価:300円=7,680円/月

1ヶ月で2,472円も安くなり、1年間では29,664円もガス代を削減することになりました。

関東地方の場合はガス会社も多く、交通の便が発達しているので、プロパンガスの輸送費がかからないことから従量単価を安くできるケースが多いです。
従量単価をここまで安くすることが厳しい地域だとしても、ガスが高い!と思っている場合は切り替えることで今よりも安くガス代を済ませることができるようになります。

切り替え準備:地域のLPガス(プロパンガス)料金を確認する

まずは、ご自身の住居の使用状況を確認して現在どのぐらい使っているのか、把握しましょう。

次に地域のLPガス(プロパンガス)代の平均を調べます。自分で幾つかのLPガス(プロパンガス)会社に連絡して、見積もりをいただくのでもいいですし、インターネットを利用したい場合はenepiの無料一括見積もりを行えば簡単にできます。

この際、現在契約している会社や新しい候補の会社に直接連絡した際の情報が、少し他者と異なったものとなっているケースがあります。それはLPガス業界的に料金プランや契約状況が利用者に見えにくい体質になっていることにも起因しています。

また賃貸、持ち家の違い、マンションや戸建ての違いによって、値段も大きく変わってきます。中でもマンションで賃貸契約の場合は全国的に値段が高くなる傾があります。そういった自分のケースでの平均価格を把握する上でも、enepiのシミュレーション結果を見て比較すると良いでしょう。

LPガス(プロパンガス)の切り替え方法

基本手順として以下のような手続きがあります。

基本的な流れ

1.オーナー・管理会社へのガス会社変更の許可を得る

自分がオーナーではない場合、通常所有者(オーナー)がガス会社と供給の契約をしているケースがほとんどです。よってオーナーや管理会社にガス会社変更の許可を取る必要があります。

2.変更先のガス会社を探す

次に新しいガス会社を探します。乗り換え先の優良なLPガス(プロパンガス)会社を個人で探すのは難しいです。その理由はLPガス(プロパンガス)会社は契約後のLPガス(プロパンガス)の値段を自由に変更できるからです。契約当初の見積もりでは安価な値段設定をしておいて、暫く経った後に突然値上げをするということはよくあるケースです。

時間や労力の節約のためにもenepiの無料一括見積もりの結果を見て比較すると良いでしょう。

3.旧ガス会社の解約手続き

新しい会社が決まったら、直接連絡をしていきます。仮契約のような状態になると、旧ガス会社に対して委任状を新ガス会社が送ることになります。そして先に契約者が解約の手続きをします。

4.切り替え期間・クーリングオフ期間

3の後、1週間は旧ガス会社の契約に戻れる(新ガス会社との取引を中止して元に戻る)ことができます。これがクーリングオフと呼ばれるもので、この期間をクーリングオフ期間と言います。

5.新ガス会社の契約手続き

クーリングオフ期間を経ると、新ガス会社と契約ができるので、その際に正式な契約をすることになります(契約内容は3の段階とほとんど変わらない)。

6.工事期間

5と並行して、工事がスタートします。切り替え工事自体は2、3時間で終わります。

7.ガス使用スタート

以上が大まかな流れです。しかしガス会社や物件の所有形態によって個別に変わってきます。


所有または実際に住んでいる物件の契約によっては、切り替えの手順が変わってくる場合がありますので、以下も参考にしてみて下さい。
今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶

持ち家の場合

ご自身がオーナーなので上記の1は飛ばして 2.変更先のガス会社を探す からになります。

また3の段階で、新ガス会社がご自宅のLPガス(プロパンガス)の調査を行います。その際、ボンベやガス機器などが旧ガス会社の借用であることが発覚するケースがあります。借用などご自身の所有物でない場合は借用期間が残っているということになりますので、会社変更の際に違約金が発生します。つまりその違約金の分だけ新ガス会社の料金が高くなる場合があることを理解しておきましょう。


賃貸物件の場合

賃貸物件の場合には、大家さんや管理会社にLPガス会社を切り替えたいとお願いして聞き入れられれば、大家さんや管理会社がLPガス会社を切り替えてくれます。なので 1.オーナー・管理会社へのガス会社変更の許可を得る が必ず必要となります。

しかし、大家さんや管理会社がLPガス会社と長期契約を交わしている場合が多いので、簡単にLPガス会社を切り替えることはできない場合が多いです。ですが、あまりにも都市ガスや地域の平均LPガス(プロパンガス)価格よりも、高額なガス代に設定されているなら訴えることで、LPガス(プロパンガス)会社を切り替えるまではいかなくてもガス代が安くなることもあります。

また分譲住宅のような組合がある場合は、組合全体でLPガス(プロパンガス)会社の変更を決議してオーナーさんと交渉することになります。

いずれの場合も、大家さんや管理会社にとってガス料金が高いことで入居率が下がることは懸念していますので、訴えることは無駄ではないと思います。


LPガス(プロパンガス)会社の切り替えに伴う注意事項

 

LPガス(プロパンガス)を始めに導入した際に、供給設備をLPガス会社に負担して貰っている場合があります。

その場合、LPガス(プロパンガス)会社の乗り換えに際して解約金や違約金が発生することがあるので、切り替え前に契約書を確認しておく必要があります。

 また、契約書に解約金や違約金の定めがあっても、契約時に適切は説明がなければ払う必要が無い場合もあるので、説明の無い不明な項目があれば、消費者庁に相談してみるのも良いと思います。

 

そして、場合によってはガスの供給設備がLPガス(プロパンガス)会社の所有物になっている場合があります。

ここからは、プロパンガス会社を乗り換える際に、トラブルにならないように気をつけるポイントを解説します。

ポイント1:残存期間がどのくらいか確認

賃貸契約の物件に多いのですが、物件を建てた際に、供給設備を無料で設置してもらった際に、
プロパンガス会社と、「この先何十年は契約を続けます。」といった契約をしている場合があります。

このように、契約の残り期間のことを業界では一般的に「残存期間」と言います。

また契約をしている途中でプロパンガス会社の乗り換えをすると、違約金が発生することがあります。
乗り換えを検討する前に、このような残契約が無いか、ご自身の残存期間をプロパンガス会社に確認をするのが良いでしょう。

ポイント2:供給設備の所有権の確認

供給設備を契約書の中でプロパンガス会社の所有にしている場合があります。
この場合は借用の場合がほとんどです。乗り換えることができないのでは?と思うかもしれませんが、
供給設備をプロパンガス会社の所有とすることは完全に独占禁止法違反です。

そのため「契約上供給設備は我が社の物なので、乗り換えるなら買い取ってもらう」と言っても応じる必要はありません。
もし、そのようなことを言われたら、他のLPガス(プロパンガス)会社や第三機関などに連絡をするのが良いでしょう。

ポイント3:解約金の確認

契約書に明記されている場合は解約金が発生します。
原則はそうなのですが、契約時に説明をされていない場合は払う必要は無い場合もあります。

また新しく契約するLPガス(プロパンガス)会社が、その違約金を肩代わりしてくれる場合もあります。
説明されていない費用の負担を求められても、直ぐに支払わずに、
身の回りの詳しい人や消費者庁などの第三機関に相談をするのが良いでしょう。

ポイント4:価格の確認

LPガス(プロパンガス)会社は、プロパンガスの価格を契約後に自由に変更できます。
そのため始めに貰った見積もりを見て「ここは安いから良いな」と思って契約しても、
契約後暫くしてから値上げする会社もあります。
このような会社は、社名をインターネットで検索すれば直ぐに分かります。

またLPガス(プロパンガス)を比較しているサイトや見積もりサイトを利用しても良いと思います。

まとめ

いかがでしたか。 一戸建てにお住まいの方と、マンションにお住まいの方では、

LPガス会社を乗り換える方法は異なるのはもちろん、地域や契約会社の規模などによっても異なります

大切なことは、何でもプロパンガス会社に任せずに、自分でプロパンガスについて調べるということです。
おかしいな?よくわからないな?
ということがあれば、先方の言うことを鵜呑みにせずに、まず調べてから答えるのが良いでしょう。

本サイトでも提供しているプロパンガス費用の無料シミュレーション機能では、
地域毎のLPガス(プロパンガス)の平均料金や相場を調べることができます。

見積もりやガス料金の比較サイトでは、自分のガスの明細と見比べることで、
自分のガス料金が適正なのか、割高なのか、割安なのか、見極めることができます。

そして、自分が契約しているLPガス(プロパンガス)が割高なら、乗り換えるのが良いでしょう。

ちょっと気になるので相談してみたい…という方は、下記ボタンからフォームへお進み下さい。

今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶

この記事と関連する記事

  • Thumb cover 256 q a

    LPガス(プロパンガス)会社の切り替えに関するQ&A

    LPガス(プロパンガス)料金を高いと感じている方は多いのではないでしょうか。 でもガス会社って一度契約すると変更するのに大変だったり、料金がかかったりするのではと、高いと不満がありながらも、そのまま同じ会社と契約を続けているケースが大変に多いのが実情です。 そんな方の不安や疑問を少しでも取り除けるよう、LPガス会社の切り替えに関するQ&Aをご紹介します。

  • Thumb cover 256 %ef%bc%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%90%86%e7%94%b1

    enepiのLPガス(プロパンガス)切り替え「一括見積もりサービス」が選ばれている”3つの理由”

    enepiのLPガス(プロパンガス)一括見積もりサービスは、複数のLPガス(プロパンガス)会社の見積もりを比較することができます。加盟しているLPガス(プロパンガス)会社は厳しい審査基準をクリアした会社のみですので、安心してご利用いただけます。また、ガス会社切り替え後も、お客様サポートによるアフターフォローのため、不透明なガス料金の値上がりにも対応します。もちろん、無料でご利用いただけます。

  • Thumb cover 256 pixta 14010273 s

    LPガス(プロパンガス)・都市ガスの料金の支払い方法

    ガス会社への料金の支払い方法には、どのようなものがあるかご存じでしょうか?知らないだけで、もっと便利で簡単な方法があるかもしれません。今回はLPガス(プロパンガス)や都市ガスの支払い方法についてご紹介します。

  • Thumb cover 256 %e5%ae%85%e9%85%8d%e7%81%af%e6%b2%b9%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9

    ご存知でしたか?冬に重宝する、宅配灯油サービス

    灯油の宅配サービスってご存知でしたでしょうか?今回は、灯油の宅配サービスについて、ポイントをまとめました。

  • Thumb cover 256 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2017 01 19 13.08.13

    プロパンガス(LPガス)の平均料金!【全国版(47都道府県)】ガス代の平均費用相場とは?

    プロパンガス(LPガス)の平均料金の一覧を都道府県の地区ごとに掲載しています。家庭用のガス平均料金を調べたい方・お住まいの地域のガス代を知りたい方は必見です。地域や課金方式によっても異なるため、一概にはいえませんが、ここでは毎月だいたいかかってくるガス代の費用相場をご紹介します。また、ガス代を見直したい方はエネピまでお気軽にご相談ください。

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。