Logo c11660abc7b9c87ceca27d40fe8f3e3896e4ad9da69317f7a598ab000774ade6

ガス代(プロパンガス)が高い!安くする究極の節約方法をご紹介!

プロパンガス(LPガス)料金が高いので安い会社へ切り替えてガス料金を節約したい方、必見。ガス代の平均の比較・計算からLPガス(プロパンガス)を安く切り替えるまでの流れをご紹介します。

 プロパンガスは高いもの。と思って、毎月届くガス利用料金の明細書に細かく目も通さず支払ってしまっていませんか?

しかし、プロパンガスを利用している方は、ガス代の通知が届く度に

「なんでうちのガス代ってこんなに高いの?」

「少しでも安くならないかな…」と思いませんか?

節約するとなると生活の質を変えないといけないと思ってしまいますよね。

そうはいってもガスの使用量を減らすのは至難の業。。


そこで、生活の質は変えずにガス代を節約する方法をお教えます!

プロパンガスを圧倒的に安くする節約方法はコレ!

プロパンガスを節約するには、

今より安くガスを提供してくれるガス会社に切り替えることです。


しかし、「ガス会社を変えることなんて、できるのだろうか?」「どうせ、できないんだろうな」と思っている方が大半で、

実際にガス会社を乗り換える行動を起こす方は少数です。

地域によってはガス会社の競争が少ないところもあり、住民にとってプロパンガス会社の切り替えに馴染みがない方もいらっしゃいます。

しかし、実はLPガス(プロパンガス)会社を切り替えるのは、仕組みを理解すればそれほど難しくありません。

この記事では、LPガス(プロパンガス)会社を切り替える方法やLPガス(プロパンガス)料金を安くする方法を紹介していきます。

ガス会社を切り替えるとどれくらい安くなる?(シミュレーション例)

切り替えると安くなる、と言ってもどれくらい変わるのかイメージが湧かない人も多いかと思います。
ここではエネピでガス会社を切り替えた人がどれくらいガス代が安くなったのか実際の例でご紹介します。

◯千葉県在住のAさん宅◯
【切り替え前のガス使用状況】
基本料金:1,500円+使用量:20.6㎥×従量単価:420円=ガス代:10,152円/月
 ↓ ↓ ↓
【ガス会社切り替え後】
基本料金:1,500円+使用量:20.6㎥×従量単価:300円=7,680円/月

1ヶ月で2,472円も安くなり、1年間では29,664円もガス代を削減することになりました。

関東地方の場合はガス会社も多く、交通の便が発達しているので、プロパンガスの輸送費がかからないことから従量単価を安くできるケースが多いです。
従量単価をここまで安くすることが厳しい地域だとしても、ガスが高い!と思っている場合は切り替えることで今よりも安くガス代を済ませることができるようになります。

準備:地域のLPガス(プロパンガス)料金を確認する

まずは、ご自身の住居の使用状況を確認して現在どのぐらい使っているのか、把握しましょう。

次に地域のLPガス(プロパンガス)代の平均を調べます。自分で幾つかのLPガス(プロパンガス)会社に連絡して、見積もりをいただくのでもいいですし、インターネットを利用したい場合はenepiの無料一括見積もりを行えば簡単にできます。

この際、現在契約している会社や新しい候補の会社に直接連絡した際の情報が、少し他者と異なったものとなっているケースがあります。それはLPガス業界的に料金プランや契約状況が利用者に見えにくい体質になっていることにも起因しています。

また賃貸、持ち家の違い、マンションや戸建ての違いによって、値段も大きく変わってきます。中でもマンションで賃貸契約の場合は全国的に値段が高くなる傾があります。そういった自分のケースでの平均価格を把握する上でも、enepiのシミュレーション結果を見て比較すると良いでしょう。

電気料金&LPガスシミュレーション

LPガス(プロパンガス)の切り替え方法

基本手順として以下のような手続きがあります。

基本的な流れ

1.オーナー・管理会社へのガス会社変更の許可を得る

自分がオーナーではない場合、通常所有者(オーナー)がガス会社と供給の契約をしているケースがほとんどです。よってオーナーや管理会社にガス会社変更の許可を取る必要があります。

2.変更先のガス会社を探す

次に新しいガス会社を探します。乗り換え先の優良なLPガス(プロパンガス)会社を個人で探すのは難しいです。その理由はLPガス(プロパンガス)会社は契約後のLPガス(プロパンガス)の値段を自由に変更できるからです。契約当初の見積もりでは安価な値段設定をしておいて、暫く経った後に突然値上げをするということはよくあるケースです。

時間や労力の節約のためにもenepiの無料一括見積もりの結果を見て比較すると良いでしょう。

3.旧ガス会社の解約手続き

新しい会社が決まったら、直接連絡をしていきます。仮契約のような状態になると、旧ガス会社に対して委任状を新ガス会社が送ることになります。そして先に契約者が解約の手続きをします。

4.切り替え期間・クーリングオフ期間

3の後、1週間は旧ガス会社の契約に戻れる(新ガス会社との取引を中止して元に戻る)ことができます。これがクーリングオフと呼ばれるもので、この期間をクーリングオフ期間と言います。

5.新ガス会社の契約手続き

クーリングオフ期間を経ると、新ガス会社と契約ができるので、その際に正式な契約をすることになります(契約内容は3の段階とほとんど変わらない)。

6.工事期間

5と並行して、工事がスタートします。切り替え工事自体は2、3時間で終わります。

7.ガス使用スタート

以上が大まかな流れです。しかしガス会社や物件の所有形態によって個別に変わってきます。大きく分けて持ち家の場合と賃貸の場合で見てみましょう。

持ち家の場合

ご自身がオーナーなので上記の1は飛ばして 2.変更先のガス会社を探す からになります。

また3の段階で、新ガス会社がご自宅のLPガス(プロパンガス)の調査を行います。その際、ボンベやガス機器などが旧ガス会社の借用であることが発覚するケースがあります。借用などご自身の所有物でない場合は借用期間が残っているということになりますので、会社変更の際に違約金が発生します。つまりその違約金の分だけ新ガス会社の料金が高くなる場合があることを理解しておきましょう。


賃貸物件の場合

賃貸物件の場合には、大家さんや管理会社にLPガス会社を切り替えたいとお願いして聞き入れられれば、大家さんや管理会社がLPガス会社を切り替えてくれます。なので 1.オーナー・管理会社へのガス会社変更の許可を得る が必ず必要となります。

しかし、大家さんや管理会社がLPガス会社と長期契約を交わしている場合が多いので、簡単にLPガス会社を切り替えることはできない場合が多いです。ですが、あまりにも都市ガスや地域の平均LPガス(プロパンガス)価格よりも、高額なガス代に設定されているなら訴えることで、LPガス(プロパンガス)会社を切り替えるまではいかなくてもガス代が安くなることもあります。

また分譲住宅のような組合がある場合は、組合全体でLPガス(プロパンガス)会社の変更を決議してオーナーさんと交渉することになります。

いずれの場合も、大家さんや管理会社にとってガス料金が高いことで入居率が下がることは懸念していますので、訴えることは無駄ではないと思います。


LPガス(プロパンガス)会社の切り替えに伴う注意事項

 

LPガス(プロパンガス)を始めに導入した際に、供給設備をLPガス会社に負担して貰っている場合があります。

その場合、LPガス(プロパンガス)会社の乗り換えに際して解約金や違約金が発生することがあるので、切り替え前に契約書を確認しておく必要があります。

 また、契約書に解約金や違約金の定めがあっても、契約時に適切は説明がなければ払う必要が無い場合もあるので、説明の無い不明な項目があれば、消費者庁に相談してみるのも良いと思います。

 

そして、場合によってはガスの供給設備がLPガス(プロパンガス)会社の所有物になっている場合があります。 

LPガス(プロパンガス)の価格交渉・見積もり

 LP(プロパンガス)ガスの料金を節約するためには、

会社を切り替えることで値段を安くする方法とは別のLPガス(プロパンガス)料金を安くする方法があります。

それは、現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に値下げをお願いする方法です。

 

一戸建ての場合

 一戸建てにお住まいの方が、現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に対して

価格交渉を行うのは、LPガス(プロパンガス)を安くするのに有効な手段です。

一戸建ての方は、その気になれば容易にLPガス会社を切り替えることができます。

それは、LPガス(プロパンガス)会社側も分かっています。

つまり、値下げに応じなければ、切り替えるられる可能性が高いことを分かっています。

そのため、よほど無茶な値下げでなければ受け入れられることが多いです。

 

マンションの場合

マンションにお住まいの方が、現在契約しているLPガス(プロパンガス)会社に対して、価格交渉を行っても値下げしてもらうことは難しいと思います。
それは、マンションではマンションのガス供給設備の費用がLPガス(プロパンガス)料金に上乗せされている場合が多く、その場合はLPガス(プロパンガス)料金が高いのであって、LPガス(プロパンガス)自体の費用はそこまで高くないので値下げする余地が少ないというのと、大家さんや管理会社の同意なくしてLPガス(プロパンガス)会社を乗り換えることはできないことを理解しているからです。
そのため、個人でLPガス料金の値下げをお願いしても、値下げしてくれることは、まず無いと考えて良いかもしれません。
マンションにお住まいの方は、個人でLPガス会社に値下げをお願いするのではなく、大家さんや管理会社にLPガス料金の値下げをお願いして、大家さんや管理会社からLPガス会社に価格交渉をしてもらった方がLPガス料金が安くなる可能性は高いので、そちらからお願いするのが良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。 一戸建てにお住まいの方と、マンションにお住まいの方では、LPガス会社を乗り換える方法は異なるのはもちろん、地域や契約会社の規模などによっても異なります。

そのような場合ご自身の知識では難しそうだと感じるのであれば、enepiの無料一括見積もりから申し込みいただければ相談などにも応じます。一度ご自身の契約状況を見直されてはいかがでしょうか。

今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶