Img tel 433e3731f9d14120439bb47e16830c4fc6876dc02cf87f73ea30c0fb489bff66
Thumb cover 256 pixta 8856975 s

灯油の価格ってどれくらい?灯油の価格推移をご紹介します。

灯油はどのようにして価格が決められているのでしょうか。冬の必需品である灯油も輸入元の経済状況や為替変動によって左右されてきます。今回は灯油価格の推移、灯油価格の今後の動向などをご紹介します。

家庭内のエネルギーを支える重要な役割を担っている灯油ですが、今回はその灯油についてどのようにして価格は決められるのか・灯油価格の推移・灯油価格の今後の動向など、さまざまな角度から調べてみました。

灯油の価格はどうやって決められているの?

我が国の原油は99%が輸入に頼っており、そのうち83%が中東からの輸入となっています。

そのために中東地域での紛争による情勢不安や、欧米の経済問題による為替変動などによって原油価格変動の影響を受けてしまいます。

石油元売各社は2008年以降より、価格体系を「原油価格連動方式」から「市場連動週決め方式」に変更したことで、需要や市場動向に販売コストを反映させながら元売会社主導で価格が決められるようになりました。

灯油価格の推移はどうなっているの?

昭和32年から統計を取っている総務省統計局の資料によると、統計開始した昭和32年の東京都の灯油18Lの小売価格は559円でスタートとし、昭和44年には最安値の343円まで下落しました。

その後、昭和55年あたりからオイルショックの影響で灯油の値段は急上昇し、昭和57年には1,882円まで一気に上昇しました。

その後、時代は平成へと変わり、1,100円前後で推移していましたが平成18年当たりから急上昇し始め、平成208月には過去最高値の2,468円を記録しました。

この時期は1L当たりの灯油単価が137円と非常に家計に大きな負担がかかっていました。

その後市場連動週決め方式が導入されたことで、比較的安定した価格を保っていて、
原油価格の値下がりと合わせて灯油の価格も下がり、平成2710月の時点で1,561円となっております。

家庭内でたくさん灯油を消費する灯油ボイラーの価格は?

家庭内で使用されている灯油を使用する機器の中でも、年間を通して使用する物に灯油ボイラーがあります。

この灯油ボイラーは構造的に見て、ある程度使用すると耐用年数を迎えてしまい、いざ故障しても修理に高額な費用がかかってしまいます。

灯油ボイラーも様々なタイプが発売されていますが、標準的な機種の価格で200,000円~250,000円ほどで販売されていて、取付工事に50,000円ほどかかるのが相場となっています。

都道府県別に灯油の価格比較してみました

経済産業省の調査によると、
18Lの灯油店頭販売価格の都道府県別各ランキングは下記の通りです。

【2015年10月 灯油が安い都道府県】
1位 岩手県:1,227
2位 青森県:1,249
3位 秋田県:1,258

【2016年11月 灯油が安い都道府県】
1位 青森県:1,137
2位 岩手県:1,151
3位 秋田県:1,159
※2016年11月14時点


2015年10月 灯油が高い都道府県】
1位 東京都 :1,584
2位 長崎県 :1,564
3位 鹿児島県:1,562

2016年11月 灯油が高い都道府県】
1位 東京都 :1,628
2位 長崎県 :1,526
3位 鹿児島県:1,489
※2016年11月14時点


どうしてこのように地域によって価格差が発生するか検証すると、価格競争が激しい北関東や東北は値に価格の安いランキング上位で、逆に輸送コストのかかる離島などが多い長崎・島根・鹿児島などは高くなる傾向があるようです。

今後の灯油価格動向はどうなっていくの?

今後の灯油価格動向はどうなっていくの?

連動週決め方式を導入して、業界あげて価格の安定に努めていて一定の成果は出ているものの、我が国は原油のほとんどを輸入に頼っている状況です。この状況に変化がないことには外国の情勢によって価格の変動は避けられない状況は、今後も続いていくでしょう。

まとめ

現在家庭の重要なエネルギー源の灯油価格安定のために、官民一体となって努力をしてきていますが、やはり海外からの輸入に頼っている状況ではその努力には限界があります。

地球の限られた大事な資源という意識を持って、個人個人が節約に努める事が必要ではないでしょうか。



今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶

この記事と関連する記事