enepi
メニュー
エアコン(暖房)の電気料金を徹底比較!設定温度18℃と28℃では、電気代はこんなに違う!!

エアコン(暖房)の電気料金を徹底比較!設定温度18℃と28℃では、電気代はこんなに違う!!

更新日:2020/10/20

寒い冬を乗り切る重要な家電製品にエアコン(暖房)がありますが、使う時間も長いだけにどうしても電気代が気になるところです。実際に設定温度18℃と28℃ではどのくらい電気代が違うのでしょうか。ワンルームマンション(1人暮らし)、一戸建て(4人家族)の場合に分けて徹底検証してみました。

この記事のあらすじ

  • ワンルームマンション(1人暮らし)、 一戸建て(4人家族)の場合に分けて 徹底検証
  • 暖房運転をおよそ3ヶ月間使用した場合、一人暮らしでは約3,500円、一戸建てでは約11,520円も違う
  • またガスを多く使用しているお宅なら、ガス会社を変更することで毎月のガス代を安く抑えることができます
他の情報も知りたい ▶
エアコン(暖房)の電気料金を徹底比較!設定温度18℃と28℃では、電気代はこんなに違う!!

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

寒い冬を乗り切る重要な家電製品といえば、
エアコン(暖房)。
使う時間も長いだけにどうしても
電気代が気になるところです。

寒さが厳しくなってくると、
設定温度もつい高くしてしまいますが、
実際に設定温度18℃と28℃では
どのくらい電気代が違うのでしょうか。

ワンルームマンション(1人暮らし)、
一戸建て(4人家族)の場合に分けて
徹底検証してみました。



今回検証するに当たり、参考にした機種は、
シャープの安価な普及タイプのD-DXシリーズです。

1人暮らしの場合は10畳用AY-D28DXで、
4人暮らしの場合は14畳用AY-D40DXを参考にしました。

電気代の単価は1kWh当たり25円で計算します。

エアコンの『暖房』設定温度→18℃と28℃で比較!電気代は3ヶ月で約3,500円も違う!(1人暮らし編)

エアコンの『暖房』設定温度→18℃と28℃で比較!電気代は3ヶ月で約3,500円も違う!(1人暮らし編)
ワンルームマンションなどで

1人暮らしを考えると、

使用しているエアコンは10畳用ほどと設定します。


今回検証の参考にした、

シャープのAY-D28DXの消費電力は、

定格消費電力が810Wで、

最大1,200W~最小150Wまで可変します。


【28度に設定した場合】

暖房運転で28℃設定にした場合、

最大に近く1,000W程度の消費電力を

使うことになり、1日8時間使用すると

1ヶ月の電気代は6,000円となります。


【18度に設定した場合】

逆に18℃設定で使うと、

通常より低めなので定格消費電力より

20%ほど節電になると仮定して、

1日8時間使用した場合、

1ヶ月の電気代は4,860円となります。


暖房運転をおよそ3ヶ月間使用したとすると、電気代の差は3,420円ほどの差が発生します。

エアコンの『暖房』設定温度→18℃と28℃で比較!電気代は3ヶ月で約11,520円も違う!(4人暮らし編)

エアコンの『暖房』設定温度→18℃と28℃で比較!電気代は3ヶ月で約11,520円も違う!(4人暮らし編)
一戸建住宅で4人暮らしを考えた場合の

使用エアコンは14畳用と設定し、

検証対象のAY-D40DXは

定格消費電力が1450Wで、

最大2000W~最小160Wまで可変します。


【28度に設定した場合】

暖房運転で28℃設定にした場合、

こちらも最大に近く1,800W程度の

消費電力を使ったとして、

1日8時間使用すると、

1ヶ月の電気代は10,800円となります。


【18度に設定した場合】

逆に18℃設定で使うと、

通常より低めなので定格消費電力より

20%ほど節電になると仮定して、

1日8時間使用して、

1ヶ月の電気代は6,960円となります。


暖房運転をおよそ3ヶ月間使用したとすると、

なんと電気代の差は11,520円ほどの差が発生します。
エアコンの『暖房』設定温度→18℃と28℃で比較!電気代は3ヶ月で約11,520円も違う!(4人暮らし編)

エアコン暖房運転の節電対策

暖房の設定温度28度℃は、

通常よりもかなり高めで、

冬でも半袖で入れるほどの温度ですが、

逆に18℃は肌寒さを感じる温度です。


しかしエアコンの電気代は、

冷房運転よりも暖房運転時の方が

はるかに高くなり、設定温度による

電気代の差も非常に大きくなります。

1人暮らしは電気毛布や電気ひざ掛けの利用、4人暮らしはこたつの併用

そこでご紹介するアイテムは

1人暮らしなら、

電気毛布や電気ひざ掛けの利用です。


電気代は1ヶ月使っても35円ほどと超節電家電です。

これを足元や腰から下に巻き付ければ、

かなり体感温度は増すため、

設定温度を下げても平気です。


4人家族の場合は、

やはりこたつの併用が有効で、

こたつも『弱』で利用すれば

1ヶ月の電気代は600円ほどに抑えられます。

足元を暖めてやるのが

体感温度を上げるのに効果があるので、

ぜひ実行してみましょう。

電気をこれまで通りに使って節約する方法とは?

ここまでは、エアコンの暖房を使った節約方法を紹介してきましたがいかがでしたか?

確かに温度設定を低めにして、電気毛布やこたつを使えが節約することが可能です。

とはいえ、
「風邪を引くわけにはいかないからなかなか、温度を低めに設定することができない・・・」
「電気毛布やこたつを持っていないので、新しく買わなければならない・・・」
といった方も少なくはないのではないでしょうか?

そこで
「電気をこれまで通りに使いつつ、生活費を節約する方法」
を紹介します!

しかし
「そんな夢のようなことがあるのか?」
と思われたかもしれませんね笑

電気をこれまで通りに使っていたら、かかる電気代もかわりません。
しかし、生活費は電気代ではなく、ガス代、水道代を足し合わせた金額です
だから、電気をこれまで通りに使っていても他の代金を節約すれば、
生活費は節約することができるのです!!!

どうしてもお金がかかてしまう、光熱費ですが、
電気、ガス、水道は、どれも生活に必要なものですよね
なので、使う量を減らそう!としてもなかなか難しかったりします。

私の家も、
特に夏の冷房にかかる電気代や、
冬のヒーターにかかるガス代はなかなかお金がかかってしまい、
毎年困っています・・・
そんな方々にオススメの光熱費節約方法は
「電力会社を切り替える」「ガス会社を切り替える」という方法です!
今までと同じように電気・ガスを使っても単価が安くなるのでおトクできる。
とっても良いですよね!!

特にプロパンガスを使用している方々に効果が大きいです!!
プロパンガス会社は会社によって料金設定が異なり、
質も量も全く同じガスが異なる値段で、供給されていることがあります!
そのため、今よりも安いガス会社に切り替えることで、
今ままで通りの生活をしいていてもプロパンガス代を節約することができるのです!
しかし、ガスを切り替える上で難しいことは、
「安いガス会社を見つける」ということです。
ガス会社は全国で約2万店あり、
どの会社が”安心できる会社”なのかはなかなか見分けることが難しいです。
また、切り替えたら安くなると言っても、
ガス会社に連絡したり、するのがいちいちめんどくさいですよね....
エネピのガス会社紹介サービスでは、
厳しい審査基準を通過したガス会社さんの見積価格を無料で紹介しています。
オンライン上で、自分の地域のガスの平均価格を知ることがきるので、
今の自分のガス代が高いのか安いのかを無料で確認できます。
またシミレーションをしたからと言って
必ずガス会社を変更しなければならないわけではないので、
お気軽に試してみてください!

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

まとめ

ここまでの内容について、簡単に整理しておきましょう。

暖房温度の設定で電気代は変わるのですか?
エアコンの『暖房』設定温度を28℃から18℃へ下げた場合、 一人暮らしなら3ヶ月で約3,500円、4人暮らしなら3ヶ月で約11,520円も違います!
エアコン暖房運転の電気代、節約方法はありますか?
エアコンの電気代は、冷房運転よりも暖房運転時の方が はるかに高くなり、設定温度による電気代の差も非常に大きくなります。 1人暮らしは電気毛布や電気ひざ掛けの利用、4人暮らしはこたつを併用することで節約できます。
エアコンの設定温度を下げたくないです!電気をこれまで通りに使いつつ、生活費を節約する方法はありませんか?
「電力会社を切り替える」「ガス会社を切り替える」という方法がオススメです。 単価を安くすることができるので、今までと同じように電気・ガスを使っても節約することができます。 特にプロパンガスを使用している方には効果が大きいです!
エアコンの暖房は、冷房運転時よりも使用期間が長く、

消費電力も高いので、当然電気代も高くなります。

それだけに、いかに設定温度を低く保てるかが

節電への近道になるのですが、

設定温度を低くしすぎて風邪をひいてしまっては

せっかくの節約も意味がありません。


設定温度を低めにしても寒さを感じないよう、

光熱費があまりかからない暖房器具や

暖かく感じる衣類などと併用して、

寒い冬を乗り切っていきましょう。


また、ガスを多く使用しているお宅なら、

ガス会社を変更することで、

毎月のガス代を安く抑えることができます。


普段の生活を我慢するよりも手軽に節約ができるので、

特にプロパンガスを使用されている方は

ガスの切り替えも検討してみて下さい。

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

あわせて読みたい関連記事