プロパンガスは自由料金制のため、ガス会社によって料金に差があります。なかには相場よりも高い料金プランで契約しているご家庭もあるはず……

ちなみに、プロパンガス料金の相場は地域によって異なります。お住まいの地域の相場を知りたい方は、以下のページでチェックしてみてください。
2022年のガス代平均はいくら?地域・世帯人数別に紹介

もし「なぜガス代が高いの?」とお悩みでしたら、プロパンガス会社を切り替えることで解決するかもしれません。

この記事では、プロパンガス会社を切り替えるために必要な手続きや費用、工事について詳しく紹介していきます。

なお、2017年4月より都市ガスも「ガス自由化」の対象となり、ガス会社を自由に選べるようになっています。
もし「プロパンガスと都市ガスの違いを知りたい」という方は以下のページを参考にしてくださいね。
プロパンガス(LPガス)とは?メリットとデメリット・都市ガスとの違いを解説

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

プロパンガス会社の切り替えに費用はかかる?

結論から言うと、プロパンガス会社の切り替えに費用はかかりません。

ただし、契約中のガス会社との間に最低契約年数が設けられていることがあり、その期間内に解約を行うと違約金を請求されるケースが多いです。

一般に最低契約年数は10~15年、違約金は契約年数によりますが1~15万円程度と言われています。

ただ、詳細な条件はガス会社との契約ごとに異なりますので、いちど契約書を確認しましょう。

もし「契約書が見当たらない」「契約書を受け取った覚えがない」といった場合は、以下のポイントを確認してみてください。

□ ガス会社の切り替えを考えている物件は、新築で購入した物件である
□ ガスの配管工事にかかった費用を支払った覚えがない
□ ガスの契約の際、給湯器やガスコンロなどを無償で取り付けてもらった

上記のチェックポイントに当てはまる方は、最低契約年数が設けられている可能性が高いです。

したがって、10~15年以内にガス会社を切り替える場合は違約金を請求されるでしょう。

ただ、そのような場合でもガス会社の切り替えを諦める必要はありません。

enepiでは違約金を肩代わりしてくれるガス会社をご紹介できる場合もあります。

また違約金があまりに高額だったり、契約書に違約金の文言が無かったりすれば、裁判所に「違約金の支払い義務はない」と判断される可能性があります。

例えば過去に、「借主が違約金条項の存在を認識した上で証明書に署名押印したと認めるには疑義が残るとして違約金条項の合意の成立を否定(※)」とした判決があります。

とにかく、まずはご自身の契約内容を確認し、違約金の有無や金額について把握しておきましょう。その上で、最も負担の少ない手段を選ぶことが肝要です。

※引用:全国消費生活相談員協会「消費生活相談員のための判例紹介」

【口コミ多数】enepiの評判とは?ユーザー目線で検証
【口コミ多数】enepiの評判とは?ユーザー目線で検証
enepiは日本で唯一、WEB上で複数のプロパンガス(LPガス)会社の料金比較ができるサービスを提供しています。本記事では、そんなenepiの口コミや評判をまとめて紹介します。

プロパンガス会社の切り替え方法

プロパンガス会社の切り替えの大まかな流れは以下のとおりです。

① 切り替え先のガス会社を選ぶ
② 切り替え先のガス会社から料金プランの説明を受ける
③ 切り替え先のガス会社から現在利用中のガス会社へ解約の連絡をする
④ 立ち会いのもとガスボンベ・メーター等を交換してもらう

プロパンガス会社の切り替えは、最短で一週間前後で完了します。
法令上、委任状の交付から原則7日以降に新しいガス会社の工事ができるようになります。例外として引っ越しやそもそも委任状という書面の交付が必要ない場合は数日以内での切り替えが可能です。

①切り替え先のガス会社を選ぶ

切り替え先のガス会社を選ぶ

準備するもの

  • 現在利用中のガス会社の検針票

まずは、現在利用中のガス会社の検針票を見て、現在のガス会社の基本料金と従量単価を確認しましょう。

切り替え先のガス会社を選ぶ

基本料金は検針票にそのまま掲載されています。

従量単価は以下の計算式で求めることができます。

(請求額(税抜)ー基本料金)÷使用量(㎥)=従量単価

現在利用中のガス会社の基本料金と従量単価が分かったら、現在の料金プランよりも安くできる見込みのあるガス会社を探してみましょう。

ただ、プロパンガス会社はHPで料金を公開していない場合が多い上、全国に15,000社以上あるので、ガス会社を選ぶのは大変な作業です。

そこで、「時間と労力を最小限に抑えたい!」という方には、プロパンガス専門の料金比較サービスを利用することをおすすめします。

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

②切り替え先のガス会社から料金プランの説明を受ける

切り替え先のガス会社から料金プランの説明を受ける

準備するもの

  • 現在利用中のガス会社の検針票
  • 現在利用中のガス会社の契約書(持っていれば)
  • 印鑑

今よりも安くなるプロパンガス会社が見つかったら、一度担当者から詳細な料金プランの説明を受けましょう。

なお、現在利用中のガス会社の検針票を用意しておけば、実際に月々いくら安くなるのか具体的な金額などを教えてもらうことができます。

また、違約金が発生する可能性がある場合は、現在利用中のガス会社の契約書を切り替え先のガス会社の担当者に見せて相談してみましょう。
違約金(解約金)の肩代わりの可否や、支払い義務の有無などを判断してもらうことができます。

また、切り替え先のガス会社はガスボンベの設置場所などを確認するため、現地調査を行います。ただし、ガス会社によっては現地調査を行わない場合もありますので、事前に確認しておくとよいでしょう。

料金プランの説明などを聞いた上で、ガス会社の切り替えを実際に行う場合には、「委任状」と呼ばれる書類に署名と捺印をします。

ガスボンベ・メーターを交換する日取りも、このタイミングで調整する場合が多いです。
ただし、この段階ではまだ新しいガス会社との契約は結ばれていません。

③切り替え先のガス会社から現在利用中のガス会社へ解約の連絡をする

切り替え先のガス会社から現在利用中のガス会社へ解約の連絡をする

委任状にサインをしたあとの工程は、基本的にはすべて切り替え先のガス会社が代行してくれます。
解約の連絡等も、切り替え先のガス会社が行うケースがほとんどです。

切り替え先のガス会社は、お客様から受け取った委任状を現在利用中のガス会社に送付し、お客様の解約意思を伝えます。

現在のガス会社は、委任状を受け取った後、ガスボンベ・メーターを回収する必要があります。しかし実際には、ガスボンベ・メーターの回収自体は切り替え先のガス会社が行い、回収したボンベ・メーターを現在のガス会社へ引き渡すという流れになることが多いです。

ただし、この工程は地域によって異なるので、気になる場合には切り替え先のガス会社に確認しておきましょう。

④立ち会いのもとガスボンベ・メーター等を交換してもらう

立ち会いのもとガスボンベ・メーター等を交換してもらう

準備するもの

  • 印鑑
  • クレジットカード(カード払いを希望する場合)
  • 通帳(口座振替を希望する場合)

事前の決めていた日程で、ガスボンベ・メーターの交換工事が行われます。

交換工事にかかる時間は約30分です。

交換工事には立ち会わなくてもよいですが、その後の点検作業には必ず立ち会いましょう。ちなみに、平日に交換工事を行い、休日に点検作業を行うこともできます。
なお点検作業の立ち会いは法律で義務付けられています。

ガスの点検が完了した後は、新しいプロパンガス会社と正式な契約書を交わします。

支払い方法の選択もこのタイミングで行われることが多いので、カード払い・口座振替を希望する場合には、それぞれクレジットカード・通帳を用意しておきましょう。
現在、ほとんどのガス会社でクレジット決済が可能です。

ここで契約書へ捺印すれば、プロパンガス会社の切り替えは完了です。

プロパンガス(LPガス)会社の変更についてのQ&A
プロパンガス(LPガス)会社の変更についてのQ&A
プロパンガス会社の変更をはじめて行う方のために、プロパンガス(LPガス)会社の変更に関するQ&Aをご用意しております。 記事を読んでも解決しない場合は、お気軽に【弊社フリ―ダイヤル:0120-771-664 】までお問い合わせ下さい。
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

プロパンガス会社の切り替え時のトラブル対処法

プロパンガス会社の切り替えには「ガス料金を安くする」という大きなメリットがあります。

しかし一方で、デメリットもあります。それは、利用中のガス会社との間にトラブルが発生してしまう可能性があることです。

そこで、ここではプロパンガス会社の切り替え時のトラブル対処法を紹介したいと思います。

トラブル① 利用中のガス会社からの引き止め

プロパンガス会社の切り替えを行う際、利用中のガス会社から「値下げするから解約しないでほしい」といった連絡が入ることがあります。

このほど、プロパンガス業界は縮小傾向にあり、顧客の取り合いになっているためです。なかには、解約を取りやめてもらうために「重役が直接訪問して頭を下げる」というガス会社もあります。

また切り替え先のガス会社の金額を聞いた上で、「その金額よりも安くします」と言われることも多いです。

そう言われると、「切り替えない方がお得かも……」と感じる方もいらしゃるでしょう。

しかし、そのような言葉を鵜呑みにして切り替えをやめると、後悔してしまうかもしれません。

というのも、そういったガス会社の中には、ほとぼりが冷めた頃に少しずつ値上げをする会社も少なくないからです。

プロパンガスは毎日の生活に欠かせないインフラの一つです。だからこそ目先の利益にこだわるよりも、長期的な視野で判断することが肝要です。

ガス会社からの引き止めを断る時は、はっきりと答えるのが効果的です。「もう解約を決めてしまったので、継続はしません」ときっぱり伝えましょう。
また長く話してしまうと断りづらくなってしまうので、できるだけ玄関先で手短に話を終わらせましょう。

トラブル② 違約金を請求される

利用中のガス会社に解約の旨が伝わった後に、担当者から「違約金を払って下さい」という連絡がくることがあります。あるいは、直接自宅へ請求書を送りつけるガス会社もいます。

いずれにせよ、違約金を請求されたら、まずは契約書を見て「違約金」の文言があるかを確認しましょう。

もし「違約金」の文言がある場合は、違約金の明細を教えてもらいましょう。その内容および金額が妥当な場合には、支払い義務が発生します。

一方、「違約金」の文言がない場合は、まずは消費者センターに相談してみましょう。

消費者ホットライン(全国統一番号)

トラブル③ 切り替え先に制限がかかっている

切り替え先に選んだガス会社から、「この会社のお客様とは切り替え契約ができない」と言われることがあります。

実は、旧ガス会社と新ガス会社との間で取引がある場合、取引内容によってはお客様の切り替え先に制限がかかる場合があるのです。

ただ、そのときは別のガス会社を選べばよいのです。次項では、ご自身の条件にぴったり合うガス会社の選び方を紹介します。

結局、どのガス会社に切り替えればいいの?

現在、日本のプロパンガス登録販売事業者数は16,825社(※)です。

これだけの業者数から1つのガス会社を選ぶのは相当な手間がかかります。

また、プロパンガス会社はホームページで料金プランを公開していない場合もあるので、個人で情報収集し安いガス会社を探すのは非常に困難です。

プロパンガスが電気や都市ガスと比べて切り替えが進まないのは、このような背景もあるのです。「ガス会社を調べるのが面倒になってしまって、結局ガス会社の切り替えも断念した……」という方も少なくないでしょう。

しかし「ガス会社が選べない」という理由で、プロパンガス会社の切り替えを諦めてしまうのは、非常にもったいないです。

プロパンガスは会社ごとに大きく料金が違うため、ガス会社を切り替えるだけで月々のガス代を10~50%削減できる可能性があるのです。

「どのガス会社を選べばいいの?」とお悩みの方は、プロパンガスの料金比較サービスを利用してみましょう!

enepiでは、ご自宅の郵便番号と現在のガス会社の検針票の情報を入力するだけで、あなたに最適なガス会社が見つかります! 下記ボタンより、ぜひいちどお試しください。

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

ちなみに、enepiを利用し無事にガス会社を切り替えた方から口コミが届いていますので、いくつか紹介させていただきます。

サイトを開いて必要事項を選択したら、数分後には連絡がきました。他社との料金比較表もわかりやすかった。

40代男性/4人世帯/戸建て
多数のガス会社と提携しており、お得な料金の1年間保持、ガス会社の強行値上げの監視、などなど安心できる材料がおおい。実際に紹介された会社は4社、そのうち料金が見合ってのは2社

50代男性/3人世帯/戸建て
安くなる順に会社の情報を、見ることができたのでわかりやすかったです。近くて安い所をさがしていたこととすぐに返信が来ました。また、平日対応できないことを伝えるとメールで料金表を送付してくれたので前向きに検討することができました。

30代男性/4人世帯/戸建て

※引用:経済産業省「LPガスの安全・規制」

まとめ

プロパンガス会社の切り替えは簡単です。
必要な手続きについて振り返っておきましょう。

① 切り替え先のガス会社を選ぶ
② 切り替え先のガス会社から料金プランの説明を受ける
③ 切り替え先のガス会社から現在利用中のガス会社へ解約の連絡をする
④ 立ち会いのもとガスボンベ・メーター等を交換してもらう

プロパンガス会社の切り替えは費用もかからず、問い合わせから最短一週間ほどですべての作業が完了します。

プロパンガス会社を切り替えるだけで、ガス代が年間で8万円以上安くなったケースもあります。ガス代を節約したい方はぜひ検討してみてくださいね!

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?