1世帯当たりの電力消費量(電気代)はどれくらい?

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

みなさん、自分の家の電気代が高いのか安いのか、それとも平均的なのか知りたいと思ったことはありませんでしょうか?

また、普段気にしていない方も、実は案外平均よりもかなり高かったなんてこともあるかもしれません。

そこで今回は、一世帯あたりの電力消費量(電気代)についてその一般的な額はどのくらいなのかを、世帯別に考えていきたいと思います。

二人世帯の電気代

まずは、最も該当が多いであろう二人世帯の家庭から見ていきましょう。

二人世帯の一世帯当たりの年間総消費電力量はというと、おおよそ10万円前後となります。

その年によって差はあるもの、例年95,000円~105,000円の間を推移しています。

これをひと月の電気代に換算すると、9,000前後となります。

三人世帯の電気代

次に、子供を持つ家庭で最も該当が多い三人世帯の家庭ですが、一世帯あたり電力消費量はおおよそ120,000円となります。

これをひと月の金額に直すと、およそ10,000ということになりますね。

四人世帯の電気代

次は、四人世帯の家庭の場合ですが、こちらの一世帯当たりの年間総消費電力量は、大体130,000円となっています。

様々な家電の普及によって、年々増加傾向にはあり、多い年では140,000円前後になることもあるようです。

特に天候に左右されやすく、寒波の年や猛暑の年などにはかなり金額の差が出ているようです。

四人世帯のひと月の電気代は、11,000程度ということになります。

五人世帯の電気代

最後に五人世帯の年間総消費電力量ですが、およそ140,000円~150,000円の間となっています。

やはり当然人数が多ければ多いほど使用する電気量は増えますので、電気代も人数に合わせて比例していることが分かりますね。

五人世帯でのひと月の電気代に換算すると12,000前後ということになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?改めて見てみると、電気代はバカにならない金額だと思われたのではないでしょうか?

また、冷蔵庫のように人数や使用頻度に関係なく固定費的に電力を消費する家電もあれば、照明など人数によって変動費的に電気量が増える家電もあります。このように、人数によって比例する電気量とそうでないものを上手く意識して、ご自宅の電気量と比較してみてくださいね。


\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶