Img tel 433e3731f9d14120439bb47e16830c4fc6876dc02cf87f73ea30c0fb489bff66
Thumb cover 256 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 11 16 11.29.39

引っ越し先で契約するプロパンガス(LPガス)会社の見極め方は?

引っ越しが完了したらガスや水道などの開栓手続きが必要になります。都市ガスからプロパンガス(LPガス)に乗り換える場合や、新しいLPガス会社と契約しなければならない場合、どのような手続きを行えば良いのでしょうか。LPガスの新規契約のコツをご紹介します。

引越し先がプロパンガス(LPガス)を契約して使用する物件だった場合には、契約するプロパンガス(LPガス)会社を探す必要があります。

ですが、今までプロパンガス(LPガス)会社を利用していなかった方は

「プロパンガスなんて使ったことないよ、どこにお願いすれば良いの?」

 「いったい何を基準にプロパンガス会社を見極めれば良いの?」

 と、分からないことばかりだと思います。

 

この記事では、そんな引越しの際のプロパンガス(LPガス)会社の見極め方を解説していきます。

 

この記事が、新生活のお役に立てると嬉しいです。

準備:プロパンガス(LPガス)とその契約を理解する

新居でプロパンガス(LPガス)を使う前に、今までプロパンガス(LPガス)を使ったことがない、あるいは今まで電気だけでガス自体が初めてという方のために、プロパンの概要から説明したいと思います。


ガスには都市ガスとプロパンガス(LPガス)があります。


都市ガスは、ガス導管をとおして供給されるガスであり、天然ガスを主成分とするガス燃料なのでボンベなどでの運搬には適さず、地中に張りめぐらせたガス管を使って気体のまま家庭に供給されます。そのため地中にガス管を多く持てる首都圏に多く、地方には都市ガスが対応していない地区が多いです。


プロパンガス(LPガス)とは「液化石油ガス」を意味するもので、圧縮すると常温で液化しやすいブタンやプロパンを主成分としたガス燃料のことです。運搬がしやすいため都市ガスのインフラが行き渡っていない郊外や、地方都市などで現在も広く家庭用の熱源として利用されている。


このような供給形態の違いによって、契約や料金のしくみが異なっています。


都市ガスは都市ガス事業者が消費者と直接契約し、ガスを供給することができます。料金はいわゆる公共料金で、事業者が勝手に料金を設定することができません。

それに対してプロパンは元売り、卸、小売りと販売業態もさまざまで料金もいわゆる自由料金になります。公的な適正価格やガイドラインはなく、販売店の裁量にまかされているので同じプロパンガス(LPガス)会社からガスを買っている場合でも、契約の仕方や時期で値段が違い請求料金が高いのか安いのか比較しにくくなっています。

詳しくは下の記事をお読みください。

LPガスの設備と供給の仕組みを解説!ガス代が高い理由はここにあり?

開設準備

引っ越し先の物件の種別によって開設までの流れが変わってきます。ここでは新築物件、中古物件、マンション・アパートの賃貸 に分けて説明していきます。

新築の場合

新築物件に入られる際、まず確認するべきことは、配管工時が行なわれているかどうかです。

「頼んでないのだから当然行われていないだろう」と思っている方も多くいらっしゃいますが、実は新築物件を建てる際に、建設会社がお得意先のプロパンガス(LPガス)会社と手を組んでそのガス会社の配管やボンベ等の設置工事を済ませている場合も多くあります。その際、契約者が新たなプロパンガス(LPガス)会社と契約しようと思っていてもその設置器具を撤去したり設置費を請求される場合があります。

なのでまずは新築物件に何らかのガス会社の配管工時が行われていないことを確認しましょう。またこれから建てられる方でご自身でプロパンガス(LPガス)会社を選びたい方は、他のプロパンガス(LPガス)会社の工事を勝手に入れないよう、建設会社に伝えておきましょう。

中古物件の場合

中古物件は以前までに使用されていた方が契約していたプロパンガス会社のメーターやボンベがまだ設置されてあるかを確認しましょう。もしメーターやボンベがある場合、新ガス会社と契約する前にその旧ガス会社に撤去してもらわなければいけません。なぜならそのメーターやボンベは旧ガス会社の所有物になるので、新ガス会社も撤去できないからです。

マンション・アパートの賃貸借主の場合

集合住宅の借主の方は、まず大家さんかオーナー、管理会社などにプロパンガス(LPガス)会社の契約を変更できるかどうかを確認してください。集合住宅の場合、自分の部屋のガス供給だけを変えるということはできないことがほとんどです。そのためそのマンション・アパート全体での変更になるので、棟全体のプロパンガス(LPガス)の契約者から了承を得ての変更となります。


引っ越し先の物件の情報確認・手続き等が終わり次第、新しく契約する会社を選びましょう。その後の会社手続きの流れは3パターンとも同じです。詳しくは下の記事から確認してください。

詳しくは、ガス会社に問い合わせてみましょう!
問い合せの方法としては、電話や各ガス会社のホームページに設置されているメールなどで行いましょう。
高いプロパンガス代を節約するには?ガス会社の切り替えの流れを解説
\引っ越し先は安いガス!/
安くて信頼できるガス会社を探しに行く!

優良なプロパンガス(LPガス)会社を探す

引越した先が、プロパンガス(LPガス)会社と契約する必要がある場合には、殆どの方が新しく契約するプロパンガス(LPガス)会社を、物件の管理会社に紹介してもらっています。

ですが、この方法はあまり良い方法ではありません。

管理会社から紹介してもらったからといって紹介してもらったプロパンガス(LPガス)会社が、必ずしも優良なプロパンガス(LPガス)会社とは限らず、割と料金が高い場合があるからです。ではどうするのが良いでしょうか。下にまとめました。

優良なガス会社とは

誰しもが、どうせ契約するなら優良なプロパンガス(LPガス)会社と契約したいと思っています。

ですが、世の中にはプロパンガス(LPガス)会社が沢山あり、口では全てのプロパンガス会社が「自分の所は良心的ですよ」と言います。

正直、優良なプロパンガス(LPガス)会社を探すのは非常に難しいです。

そもそも、優良なプロパンガス(LPガス)会社とはどのような会社でしょうか。

エネピが推奨する以下の4つの項目を紹介します。

【優良会社その1】不当な値上げをしない

プロパンガス(LPガス)の値段設定はプロパンガス(LPガス)会社が自由に行えます。そのため、プロパンガス(LPガス)会社によっては、最初は安い見積もり金額を表示して、後から値上げをする会社があります。いつの間にかプロパン料金が高くなっていたということがよくあるのはこういった場合があります。

【優良会社その2】地域の平均料金程度の値段設定

インターネットで調べれば、地域のプロパンガス(LPガス)の平均値段が分かります。しかしその値段は基本的には高めの値段で公表されています。理由は以下の記事をご覧ください。

高いプロパンガス代を節約するには?高い理由や相場平均を徹底解説

正当な理由もなく、平均値段以上の価格設定をしているプロパンガス(LPガス)会社は避けた方が良いでしょう。

【優良会社その3】違約金や解約金の不明瞭な請求をしない

契約書に納得できない違約金や解約金の定めがあるプロパンガス(LPガス)会社は避けた方が良いでしょう。

インターネットで、会社名を検索すれば怪しい会社かどうか事前に調べることができます。

【優良会社その4】ボンベの保守、点検、交換、配送が滞りなく行われる

契約してみないと分からない所なのですが、インターネットで社名を検索すれば、問題があれば見つけることができる場合が多いです。

これら4つの項目を心に留めて、契約するプロパンガス(LPガス)会社を探し始めるのが良いでしょう。

プロパンガス(LPガス)開通時の注意事項1

プロパンガス(LPガス)の開通時に注意することがあります。


まずは、引っ越し以前の住宅の閉栓を済ませることです。

契約していたガス会社に連絡し、閉栓を済ませてください!


さて、いよいよガスの開栓です。

それは、プロパンガス(LPガス)の開栓時には、電気、水道の開通が終わっている事と、ガス器具が用意されていることです。

引越しの際には、様々な手続きを行うと思います。電気は連絡すれば開栓しますが、水道は立会いが必要な場合もあります。

それぞれ、プロパン開通時の立会いまでに終わらせておくのが良いでしょう。

また、ガス器具が無いとガスが適切に使用できるか、確認ができませんので、プロパンガス(LPガス)開通時の立会いまでに、ガス器具も用意しておく必要があります。

ガス器具には都市ガス用、プロパン用と分かれている物もあるので、購入する際には確認してから購入するのが良いでしょう。

プロパンガス(LPガス)開通時の注意事項2 

 引っ越しの際はバタバタしていて、契約内容もあまり把握しきれていないまま

 ガスを契約してしまう方も多いです。

 しかし、契約内容をよく確認しておかないと、後々解約の際などにトラブルにつながる

 ことがあるので注意が必要です。

 というのも、ガス機器の料金をプロパンガス会社が支払っていることが多いという事情から、

契約書に「契約期間中の解約は違約金が発生する」と書かれていることが多々あるようです。

後のトラブルを防ぐためにも、契約書の内容をよく理解したうえで契約をするようにお勧めします。

プロパンガス(LPガス)開通時の注意事項3 保証金について

 ガスを開栓する際に、「保証金」という制度があるのはご存じですか。

 これは主にプロパンガス会社が実施している制度で、

 ガスを契約する際に、保証金をガス会社に預けるというものです。

 その金額はガス会社によってことなりますが、10000円のことが多いようです。

 これは、プロパンガス会社がガス代の取りはぐれを防止するために実施している制度で、

 毎月きちんとガス代を払っていれば、退去時に返金されるか、料金の精算に当てられます。

プロパンガス(LPガス)の契約プラン

ガスの契約について、上記のように説明してきましたが、実際、各ガス会社にはどのような契約メニューがあるのでしょうか。
大手のプロパンガス会社、ニチガスを例にあげて、見ていきましょう。

20%引きプラン

ニチガスには、大きく分けて2つのプランがあります。
まずは、石油情報センターから発表される、関東小売希望価格の推移に連動し、20%割安に利用できるプランです。
以下の写真が詳細になります。

2年間固定単価プラン

つづいて紹介するのが、2年間固定単価プランです。
このプランでは、名前通り2年間固定単価での利用が可能になります。
以下の画像が詳細になります。
各会社で、様々なプロパンの契約プランがあります。
皆さん、ご自身のライフスタイルを考慮して契約するプランを選びましょう。

ガス器具のレンタル

プロパンガス(LPガス)会社の多くは、様々なガス器具のレンタルも行っています。

もし、短期間の利用や、引越した際に購入したガス器具が、届くまでに時間が掛かる場合などには、プロパンガス(LPガス)会社に相談するとレンタルすることができることもあるので聞いてみると良いでしょう。


ガス器具の数や種類によってのプロパンガス(LPガス)料金の割引

都市ガスでもそうですが、多くのプロパンガス(LPガス)会社でも、使用しているガス器具の数や種類に応じてガス代を割引する制度があります。 

大概の場合に難しい手続きは必要なく、使用しているガス器具を申告すれば、割引が適用される場合が多いです。しっかりと申告してガス代節約に役立てて下さい。

とりあえず、新しくプロパンガス(LPガス)会社と契約する際には、何らかの割引制度がないか聞いてみるのが良いと思います。

 

まとめ

引越しに伴い、新しいプロパンガス(LPガス)会社を探すのは、大変だと思います。ですが、1度優良なプロパンガス(LPガス)会社を見つければ、その後LPガスについて頭を悩ますことはなくなるでしょう。

またenepi(エネピ)では、無料一括見積サービスを行っています。ご自身のガス使用状況と新居の住所情報などを入力していただくだけで、新居にガス提供できる優良プロパンガス(LPガス)会社の見積を取れます。ご自身だけで大変だとお思いの方は、新しくプロパンガス(LPガス)会社を探す際には、一括見積りサービスを利用し、更に自分でもしっかりと調べてから契約をするのが良いでしょう。


\引っ越し先は安いガス!/
安くて信頼できるガス会社を探しに行く!

この記事と関連する記事