Thumb cover 256 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 11 01 17.36.31

プロパンガスの「無償貸与契約」って何?

プロパンガス(LPガス)の料金、高いと感じていませんか?プロパンガスには業界独自の「無償貸与契約」が存在します。プロパンガスの料金が業者ごとに差が生じ、不当に高い料金が発生するのはこの契約が少なからず関わっているのです。

プロパンガス、あるいはLPガスと呼ばれるガスは『高い』、
都市ガスは『安い』という先入観はありませんか。

実際に、いま現在、プロパンガス料金の請求額が高いと感じていて、
どうにか料金を抑える方法はないかと考えて
このサイトを訪問された方もいらっしゃるかもしれません。

プロパンガスには業界独自の「無償貸与契約」が存在します。
プロパンガスの料金が業者ごとに差が生じ、
不当に高い料金が発生するのはこの契約が少なからず関わっているのです。

無償貸与契約とは

LPガス、つまりプロパンガスの場合、
新築やリフォームの際には、
無償でガス配管の整備や給湯器の設置がなされることがほとんどです。

しかし、実際はガス会社の厚意ですべて無料というわけではありません。

プロパンガスの「無償貸与契約」は、実のところ無償ではなく、
リースと同様と捉えた方が実情に当てはまります。
毎月のガス請求料金にはガス配管工事、
及び給湯器とその設置費用の分割支払い分が上乗せされます。

「無償貸与契約」によって、費用を払い終わるまでの一定期間、
ガス会社を継続して利用することが義務付けられるのです。

無償貸与契約のメリット

プロパンガスの無償貸与契約にもメリットがあります。
それは、新築やリフォーム時の初期費用が少なく済むので、
その分を他の工事等にまわすことができる点です。

また、プロパンガスが適正な販売価格で供給されることと合わせて、
ガス配管工事や給湯器設置費用の減価償却がなされた後に、
プロパンガス料金が相応の値段に戻る業者を選択すれば、
利用者にとってはとてもメリットがある取引になります。

さらに、『安い』というイメージの都市ガスですが、
導入の工事費用は原則自己負担となりますので、
プロパンガスと比較検討するの際の大きな判断材料になることでしょう。

無償貸与契約のデメリット

もちろん、無償貸与契約にはデメリットもあります。
プロパンガスは、初期費用が料金に上乗せされることは前述のとおりですが、
実際にかかった工事費以上に多く概算金額を設定して上乗せされるケースがあります。

また、契約期間内にガス単価の値上げがあったからといって、
低料金の別会社に変更したいと思っても、契約期間内であれば、
残る契約年数から算出される残存の金額を一括で支払わなくてはなりません。
ガス会社を変更することは容易にはできないのです。

プロパンガス解約時に起こり得るトラブル

プロパンガスは、解約の際に違約金が発生するケースがあります。

関東や東北・東海地方を調べると、
「無償貸与契約」はその多くが15年間のリース契約となっており、
その間、ガス管や給湯器はプロパンガス会社からの貸与品と見なされます。

新築、リフォームして15年以内に解約する場合は、
所有権はプロパンガス会社にありますので、
残存する負債金額を一括で支払い、精算する必要があるのです。

そもそも、配管工事費用は施工主が負担するべき費用です。
それを、長期に渡ってガス会社が利用者を囲い込もうとする目的から、
プロパンガスを引けば無償で工事しますよ、と
あたかも利用者がトクをするかのように誘導します。

ガス料金に工事費用が上乗せされ15年たって減価償却が終わったのちも、
利用者から申し出をしなければ、
上乗せ分を永久に支払い続ける仕組みになっていることも少なくありません。

このようなデメリットについて説明はせずに、
プロパンガス会社どころか、残念なことにハウスメーカーや工務店まで、
結託して書類にハンコを押印させてしまうので、
施工主は契約したことすらわからないでいることも多いのです。
もちろん、すべてがこのケースに当てはまるとは限りませんが、
こういった現状があるのも事実なのです。

トラブルの対処法は?

では、この違約金をどのように支払うのがよいのでしょうか?

施工主が負担する以外に、
切り替え先のガス会社がこの金額を負担してくれる場合があります。

しかし、切り替え先のガス会社に肩代わりを依頼する際には注意が必要です。

この場合は、新しいプロパンガス会社と新たな貸与契約を結ぶ必要がありますが、
下記の3通りに分かれます。

1.残存期間による。5年であれば、5年の貸与契約を結ぶ。
2.残存期間に関係なく、社内規定による期間で貸与契約を結ぶ。
3.10万円以下なら5年、以上なら10年というように残存金額により契約期間が異なる。

そして、新しい契約先も、通常は従量単価にこの肩代わり分を上乗せして請求します。

最初は低料金でも、値上げをしていかなければ負担した残存金額を
いつまでたっても回収できませんので、
根拠のない不透明な値上げを繰り返し、
数年後には以前よりも高額な請求が来るパターンも珍しくないのです。

残存費用の十数万を一括で支払うのは、
一時的に家計にダメージはありますが、結果的に大幅な節約になります。

初期費用相応の金額を利用者が負担することによって、
適正な価格でのプロパン供給に繋がるので、長い目で見ると一番おトクなのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
配管工事費用や、給湯器、その設置費用は
「無償貸与契約」によってプロパンガス会社が負担していますが、
その費用は毎月の料金に上乗せされており、利用者が支払っています。

ほとんどの場合、15年以内に解約しようとすると、
費用の残存金額を一括精算しなくてはなりません。

切り替え先のガス会社に肩代わりをしてもらう方法もありますが、
それにはリスクも伴います。
自分で支払うことで、ガス料金がおトクになることもありますので、
見極めることが大事です。

しかし、そもそも悪徳な業者に引っかからないことが一番ですよね。
プロパンガスの無料一括見積もり「enepi」では、
厳選したプロパンガス会社のみをご紹介致しますので、
安心してお見積もりを取っていただけます。

また、ガス料金を透明化している(=HPなどで公表している)
プロパンガス会社かどうかも、併せてお客様にご説明が可能です。
不当な値上げを防ぐためにも、料金を公表しているかどうかは
プロパンガス会社を選ぶ際の重要な要素のひとつです。

少しでも気になったら、ぜひお気軽にご相談ください。
今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶

この記事と関連する記事

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。