引越し時のプロパンガス(LPガス)の手続き方法

引越し時のプロパンガス(LPガス)の手続き方法

引っ越し時のプロパンガス(LPガス)の手続きについてご紹介します。

引越し時のプロパンガス(LPガス)の手続き方法
\引っ越し先は安いガス!/
安くて信頼できるガス会社を探しに行く!

引っ越しをするときには
色々な手続きが必要で、同時に
様々な事をしなければならないので、
結構大変ですよね。

もちろんプロパンガス(LPガス)についても、
必要な手続きが発生します。
事前に分かっていれば、
いざというときにスムーズに対応できます.

そこで今回は、
引っ越し時のプロパンガス(LPガス)の
手続きについてご紹介します。

利用中止(閉栓)手続きについて

今住んでいる場所から引っ越す場合の
利用停止手続きをご説明します。

①連絡方法としては、
電話と各ガス会社のホームページより手続きが可能です。

電話で連絡する場合は、
まず手元に検針票・請求書を用意しましょう。

その中に記載されている
『お客様番号』が事前に分かれば、
電話での手続きはスムーズです。

②プロパンガス(LPガス)販売会社との
連絡が取れ次第、
プロパンガス(LPガス)利用中止手続きに入ります。

引っ越し当日に業者が最終的な検針を行います。

③検針の結果を受けて、
前回までの検針日から引っ越しまでの
ガス料金を日割りで計算して
料金が請求されるので、その請求額を支払います。

④最終的に、ガス栓の閉栓を行って
安全を確認してもらい、手続きは完了です。

利用開始(開栓)手続きについて

ガス会社に、引っ越し先の情報を伝えます。

下記のような内容を伝えられると、
より話がスムーズに進むでしょう。

・名前

・引っ越し先の住所

・電話番号

・引っ越し予定日

・引っ越し先の使用開始日

・引っ越し先の建物の形態

・料金の支払い方法

・使用予定のガス器具の規格)

ガス会社は連絡を受けて、
引っ越し予定日や使用開始日に合わせて、
ガスの開栓作業を行います。

作業内容としては、
ガスの元栓を開け安全点検を行います。
この時立ち会いが必要となるので、
一緒に安全を確認しましょう。

そして開栓が終わった後に、
注意事項や、ガス料金の支払い方法などの
説明を聞いて、手続きは終了となります。

\引っ越し先は安いガス!/
安くて信頼できるガス会社を探しに行く!

手続きに関連しての注意点

手続きに関連しての注意点

引っ越しの関わる時期が
季節の変わり目や、
年度が変わるタイミングなどになると、
当然ながらガス販売会社は多忙になります。

引っ越し予定日に
業者が間に合わなくて、
ガスが使えなくなっては困ります。
連絡には時間の余裕を持って、
連絡するように心がけましょう。

もう一つの注意点ですが、
ガスには都市ガスとプロパンガス(LPガス)の
2種類があります。

前の住んでいた所で
使用していた器具がプロパンで、
新しい引っ越し先も
同じプロパンガス(LPガス)なら
問題ありません。

ただ、新しい引っ越し先が
都市ガスであれば、ガスの種類が違うので
当然今までのガス器具は使うことが出来ません。

都市ガスから都市ガスへの
引っ越しの場合であっても、
都市ガスにはいくつもの種類があるため、
種類が違っている場合は、
元の器具を使用することは出来ません。

ガス会社からも事前に確認はされますが、
この点には充分な注意が必要です。

まとめ

今回は、引っ越し時の
プロパンガス(LPガス)の手続き方法を、
ご紹介しました。

引っ越しの時に
どのような手続きが必要か、
どんな事に気をつけるのかなどを
把握していないと、いざという時に大変です。

そうならないよう、
事前に知識として押さえておきましょう。

\引っ越し先は安いガス!/
安くて信頼できるガス会社を探しに行く!

この記事と関連する記事