enepi
メニュー
給湯器(ボイラー)徹底比較!ガス・石油・灯油・電気、どれが一番? |【enepi -エネピ-】

給湯器(ボイラー)徹底比較!ガス・石油・灯油・電気、どれが一番? |【enepi -エネピ-】

更新日:2020/10/05

給湯器(ボイラー)の燃料となるものには複数の種類があり、パフォーマンスやスペック、値段も様々です。今回はガス・石油・灯油・電気の4つのエネルギー別に、各エネルギーを利用する給湯器の特徴やコストを比較してみました。お住まいの家に合う給湯器を探すために、ぜひ参考にしてみてください。(更新日2019年10月23日)

給湯器(ボイラー)徹底比較!ガス・石油・灯油・電気、どれが一番? |【enepi -エネピ-】

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

食器洗いやお風呂の湯沸かし、暖房など給湯器って生活に欠かせない存在ですよね。

そもそも給湯器には機能面の違いだけではなく、利用するエネルギーが異なっていることもご存知ですか?
給湯器に利用するエネルギーは大きく分けて、ガス・石油(灯油)・電気の3つになります。

どれも良し悪しが必ずついてくるものですが、総合的に見るとどれが一番使い勝手が良いのでしょうか。
早速比較してみましょう。

価格 耐用年数 設置費用 ランニングコスト
ガス給湯器 3〜10万円 10年 100,000円
〜150,000円
石油給湯器 3〜10万円 15年 50,000円
〜100,000円
電気給湯器 10~40万円 10年 100,000円
〜200,000円
詳しい説明は各給湯器ごとにしていきますが、表で比較をしてみると、石油給湯器が一番良さそうですね。
なぜ石油給湯器が優れているのか、また、他のボイラーはどうなのかを早速みていきましょう!

まずは各給湯器(ボイラー)の概要をご紹介

給湯器(ボイラー)を検討しようと思った時、様々な種類があることを知り、どれが一番いいのか迷われていませんか?
今回はそんな給湯器について様々な観点から比較をしてみたいと思います。

まずはそれぞれの給湯器の魅力や特徴についてご紹介します。

ガス給湯器について

ガス給湯器とは、LPガス・都市ガスが燃料の給湯器のことです。

ガス給湯器は加熱方法大別すると、おもに下記の3種類に分かれています。

①水道からの水をタンク内に貯め温める「貯湯式」
②タンク内で加圧して温める「真空式」、
③水道水が管で本体を通過するときに温める「直圧式」

使用量が少ない場合は③の直圧式がコスト安ですが、常に一定以上の水量水圧が確保できる場合以外は貯湯式を採用します。

また設置方法には、床置型、壁組込型、壁貫通型、壁掛け型などがあります。

ガス給湯器について
ガス給湯器について

床置型

壁組込型

ガス給湯器について
ガス給湯器について

壁貫通型

壁掛け型

事業所用には、壁掛型直圧式で複数台連結設置ができるものもあります。
壁掛け式等は配管含め比較的省スペースなのに対し、タンク付のものは一日分を超える水容量を貯水するため、一般的に大型となっており、スペースも耐荷重も確保が必須です。

また、給湯器は、「特定保守製品」とよばれる、長期使用製品安全点検制度の対象製品です。
この制度は平成21年から始まった制度で、「経年劣化により火災や死亡事故を起こすおそれのある製品について、所有者がメーカーや輸入業者の安全点検を有料で受ける責務を負う制度」のことを指します。

この制度に当てはまるため、給湯器には設計標準試用期間という試用期間の目安が定めれられています。

給湯器の設計標準試用期間は家庭用10年ですが、この期間よりも若干長く使うご家庭が多いようです。
なお、事業所用は長くて3年前後といわれます。

メーカーとしてはリンナイ、ノーリツが有名で、リフォーム産業新聞社の発表によると、両メーカーで国内シェアの80%以上を占めています。

https://www.reform-online.jp/story/4063.php(リフォーム産業新聞 2014年)

メリット
→燃焼性に優れ、高効率かつ排ガスがクリーンなため、従来の油ボイラよりも省エネルギー性に優れている
→設置スペースが小さくて済み、給湯器本体が比較的安価

デメリット
→都市ガスではなくプロパンガスを利用している場合、ほかの燃料を用いた給湯器よりも光熱費が高くなりがち

ガス給湯器とガスボイラーの違いは?

ガス給湯器とガスボイラーという言葉を明確に区別して使用している人は、実はあまり多くないのではないでしょうか。
しかし、この単語は全く同じ意味ではなく、実際は微妙に違いがあります。

ガスボイラーが「ガスを燃焼させて、管やタンクにある液体や蒸気などの気体の熱をさまざまな用途に利用するもの」であるのに対し、ガス給湯器は「ガスを燃焼させることで水を加熱する機械」です。

なので、ガスボイラーという大きなくくりの中にガス給湯器が含まれる形になります。

石油給湯器・灯油ボイラーについて

石油給湯器は一般的には燃料として「灯油だけ」を用いた製品のことを指します。
多くのメーカーでは「灯油ボイラー・灯油給湯器と同義語」として用いています。

灯油以外の液体燃料のうち、粘度が比較的近いものとしてA重油(科学組成的には軽油の一種)がありますが、燃料の共用は推奨されません。
そのため、家庭用の石油給湯器においては、燃料としては灯油以外は使用しないのが一般的です。

なお、業務用の給湯製品でA重油やB重油、C重油(いずれも重油の一種)などを使用するものも存在しますが、こちらは「油焚きボイラー」「重油ボイラー」などと製品名が区別されています。

B重油とC重油を使うときは、粘度が高く不純物が多いことから燃料の余熱が必要となるので、大型施設などで使うボイラー以外では、高い機材代など含め、高コストです。

石油給湯器の設置方法には、床置き型のほか壁組込型、壁貫通タイプ、壁掛け型などがあり、通常は屋外か室内の大型灯油タンクに接続して利用します。

メーカーの市場シェアはノーリツ、長府製作所、コロナの順に高く、3社で97%のシェアを獲得する寡占状態になっています。

https://www.reform-online.jp/story/4662.php(リフォーム産業新聞 2014年)
メリット
→ほかの燃料よりも月々の光熱費が安め
→寿命がほかの燃料を用いた給湯器よりも長い
→ほかの燃料と比べて熱量が高いので、ランニングコストが安い

デメリット
→石油タンクの取り付けスペースが別途必要になる
→稼働のために定期的に灯油を入れる必要があり、給油の手間がある

電気給湯器について

電気給湯器は大きく分けて「電気温水器」と「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」という②種類に大別されます。

電気温水器の多くは電気の給湯器内部に貯めた水を電気ヒーターで加熱・保温し、必要に応じて給湯するものです。
家全体の蛇口から出るお湯を作るタンクを内蔵した「貯湯式」の物のほか、これらに別系統の暖房用不凍液、ロードヒーティングや融雪用系統、風呂桶の湯の再加温の系統の管をプラスしたものが一般的です。

設置方法には、床置型、壁組込型、壁掛け型などがあります。

自然冷媒ヒートポンプ給湯機は、ヒートポンプという技術を用いてCO2を電気のエネルギーで圧縮して高温にし、その熱で水を温める仕組みになっています。
関西電力により「エコキュート」という登録商標がつけられており、日本全体でその名称が愛称として使われているので、正式名称よりもそちらの単語のほうが有名かもしれません。

夜間になる前にタンク内に水道水を補充し、深夜電力で水を沸かした後保温、加温や水を混ぜながら給湯します。
電力会社の多くは、エコキュート使用世帯について特別料金プランを設けており、そちらを選択すると深夜電力が通常より安くなり、光熱費を節約できます。

しかし、夜間に貯めたお湯の量以上のお湯を日中に使用するとお湯が出なくなったり、日中にも水の加熱を行ったりするため、使用する水量をしっかり把握しておかなければ光熱費が高くなる可能性があります。

電気給湯機は特定保守製品ではありませんが、各部品の保有期限があります。

これは、生産終了からエコキュートで9年、温水器で7年となっています。
生産終了時期をよく確認し、専門業者による点検やパーツ交換を受けるのが良いでしょう。

電気温水器のメーカーとしては、三菱電機、パナソニック、日立製作所、長府製作所、コロナ、タカラスタンダードなどが挙げられます。

自然冷媒ヒートポンプ給湯機のメーカーの市場シェアはパナソニック、三菱電機、ダイキン工業、コロナの順に高く、この4社で90%のシェアを獲得しています。

https://www.reform-online.jp/story/4542.php(リフォーム産業新聞 2014)

メリット
→ランニングコストが比較的安い
→機器の平均寿命が長い

デメリット
→機器本体費用と設置代金が高いので、イニシャルコストが高い
→お湯を使いすぎると「お湯切れ」が起こる
→機器が大きいので、広めの設置スペースが必要になる

【徹底比較】本体価格編

【徹底比較】本体価格編
給湯器を導入するにあたり、まず気になるのは本体価格です。

いざ、導入しようとなっても何百万もするものでは、検討も難しくなりますよね。
各ボイラーの本体価格はどれくらいとみておけばいいのか、相場感を見てみましょう。
ガス給湯器 5万〜10万円
石油給湯器(灯油ボイラー) 10万〜15万円
電気給湯器 10万〜40万円
ガス給湯器は約5万から10万円以下と、他の給湯器よりも安価な傾向があります。
本体価格だけを比較すると、ガスボイラーが一番お買い得です。

空気の熱でお湯を沸かすエコキュートは安いものでも20万円以上するため、給湯器の中では最も高いと言えます。

本体価格が安い給湯器順に並べると、ガス給湯器、石油給湯器・灯油ボイラー、電気給湯器となります。

ガス給湯器VS石油給湯器(灯油ボイラー)

ガス給湯器は、石油給湯器と比較すると全国的に導入されており、数多くの台数が出ています。
そんなこともあり、本体価格が非常にお得なのが特徴です。

一方石油給湯器は、その熱量の高さなどから、寒冷地・豪雪地帯などで多く導入されています。
標準的なポット式のほか、灯油をより効率よく燃やすことのできる気化式・噴霧式などの種類もあり、こうしたタイプでは本体価格も高めで、灯油タンク設置場所を屋外や地下にべた基礎で取る必要があります。

また、石油給湯器の貯湯式は、タンクが大きく内部金属が丈夫ということもあり、重量も大き目。設置場所には丈夫な基礎や床面が必要になります。

このような点から、ガス給湯器と石油給湯器では、本体価格は石油給湯器の方が高額になります。

ガス給湯器VS電気給湯器

ガス給湯器は直圧式のタンクを持たないものを中心に、実売5万円前後から購入できます。機種が豊富なので、コストや機能にあわせてかなり価格幅があります。

一方、低電力で保温できるほど気密性の高いタンクを持つ電気温水器は高額です。
基本的には深夜電力を使わない直圧式の壁掛けもしくは据え置き型で、20L内外のタンクをもつ電気給湯器を家庭用に使う場合、使用都度の加温となるためランニングコストが高めにかかります。

家族の人数によっては元が取れなくなる可能性もあるので、工事費や点検修理などの諸経費とランニングコストの双方を、しっかりと意識して検討しましょう。

給湯器を入浴やシャワーで使う場合、1人使用や不在がちの世帯では貯湯式ではガス・電気とも不向きです。

単純な本体価格だけの比較だと、ガス給湯器の方が電気給湯機よりもオトクに取り付けることができるといえるでしょう。

石油給湯器(灯油ボイラー)VS電気給湯器

一般の灯油を使用する給湯器は、大型タンクの電気温水器に比べれば割安です。

電気温水器の中でも特にエコキュートは、深夜電力利用を念頭に入れた設計のためタンクが大きく、設置場所も多く必要となります。イニシャルコストは総じて高いです。

対して石油給湯器は、もともと本体に丈夫な金属を使っているため重量はありますが、どの時間帯でも使えるため、タンクサイズの縛りはあまりなく、大きめのものから小さめのものまでラインナップは幅広いです。
なかでも直圧式には非常にコンパクトかつ給湯能力の高いものなどもあります。


物を長く大切に使う方であれば、点検清掃などをこまめに受けておけば長く使える石油給湯器がお勧めです。


ちなみに、灯油に近い形状やエネルギーのA重油や、粘度が高く火力も強いため発電所や工場などを中心に使われているB重油、C重油は、灯油でもどちらでも使える汎用タイプでない限り、同じ本体で使用することはできません。

特に単価がリーズナブルなBC重油タイプは、機材も数十~百万円近くと非常に高価で、設備も複雑なため、一般家庭では調達すること自体が難しいでしょう。

石油給湯器と電気給湯機の本体価格の比較では、石油給湯器のほうに軍配が上がります。

【徹底比較】設置費用(取り付け工事)編

【徹底比較】設置費用(取り付け工事)編
次は給湯器(ボイラー)の種類によって設置費用が違うのか見ていきます。
以下の表が各給湯器ごとの設置費用の相場です。
ガス給湯器 3万〜10万円
石油給湯器(灯油ボイラー) 3万〜10万円
電気給湯器 10万〜40万円
電気給湯器の中でも、エコキュート電気給湯器の場合は20万円以上かかります。
それ以外の給湯器は設置費用に大きな違いはありません。

本体購入と工事を一緒にお願いすれば、工事自体の金額も比較的安く抑えられる傾向もあります。

ガス給湯器VS石油給湯器(灯油ボイラー)

煙突などからの吹きこみや凍結の恐れが無ければ、比較的手入れがいらないといわれるガス給湯器。

ガス器具の点検が定期的に訪れますが、その際に不具合のおそれなども併せて指摘されるため、頻繁なパーツ交換などでメンテナンスコストがかかります。

しかし設置時には、ガス業者がお得なメンテナンスと取り付けの一体型パックなどを用意していることもあり、比較的割安です。
プロパンガスでガス給湯器を使用する場合、では設置場所・配管の提供をガス業者が行ってくれる場合があるほか、本体の費用と設置工事を併せてガス会社が負担してくれるケースもあります。

都市ガスでガス給湯器を利用する場合には、道路にあるガス管から先の配管を行う必要があり、通常は建主負担のため、この部分の工事費がやや高額となります。

本体価格がガス給湯器よりも高い石油給湯器は、燃料特性のためにススが溜まってしまうことが多くあります。
さらに噴霧や気化燃焼を行うものでは、周辺パーツが頻繁に壊れるほか、汚れで不具合を起こしがちです。
このような事情から、点検や分解掃除費用は比較的安く設定されています。

ガス給湯器と石油給湯器の設置費用は、プロパンガス仕様の場合、前者のほうが安く上がることが多いです。
都市ガスの場合には配管の設置にかかる費用によっては石油給湯器よりも設置にかかる総額が高くなる可能性があります。

なお、上述の「本体の費用と設置工事を併せてガス会社が負担してくれるケース」は、プロパンガス会社の用意している「無償貸与」という制度を利用した場合です。
詳しい説明は当記事下部に掲載しているほか、以下の記事でも読むことができます。

プロパンガスの設置工事費が無料!?「無償貸与契約」とは

\給湯器の設置費用はできるだけ抑えたい/
オトクに給湯器を取り付ける▶

ガス給湯器VS電気給湯器

電気温水器では、タンク容量を超える使用で非常にランニングコストがかかることから、人数に最適なタンク容量を見極めることが大切です。
工事費の中に、設置場所の排水などの配管や、床面補強が必要なのは、電気給湯器の方。
およそ一畳程度の広さが必要です。

小型タンクを備えた、一般的には給湯室用や洗面台用といわれる電気給湯器は、非常にコンパクトで、シンク下に収納できるクラスのものも存在します。
工事は暖房便座並の短時間低予算で済むタイプもありますが、一般家庭の一日の風呂や台所全てを賄える貯湯量のものはあまり見かけません。


また寒冷地など比較的温度低下が激しいエリアで使用するには、ぎりぎりの低温となってしまうことから、屋内の凍結のないスペースを確保する必要があり、建物全体のスペース効率がコスト面に大きく跳ね返ることもあります。
またこの場合、建物各部の配管と本体設置場所にも、断熱材や地域によっては電熱線を多く巡らせる必要があり、その分コストがかさみます。


ガス給湯器では、直圧式はもちろん、小さなタンクのものも豊富なため、既存の室内の状態にあわせたサイズや給湯能力のものも選べます。

ガスでも電気でも貯湯式の場合、また直圧式でも暖房系統をつけた場合や、ボイラーのある位置よりも高いフロアに給湯する場合では、ポンプを各所に取り付ける必要があります。
さらに、追い炊きや暖房などの系統・サーモスタットや・暖房機などの設置に伴うポンプなどを各所につけることで、配管自体が高額になり、設置工事の費用は上がります。

基本的にはガス給湯器の方が電気給湯器よりも設置費用は安いですが、ポンプの取り付けの数などによっては逆転する可能性もあります。

石油給湯器(灯油ボイラー)VS電気給湯器

寒冷地以外の設置工事費では、圧倒的に電気温水器のほうが安く済みます。

石油給湯器などでは屋外配管やタンク設置、煙突などの確保が必要ですが、壁掛けタイプやバランス釜などでは、壁面に穴を開けて設置するだけです。
地下や屋内設置の貯湯式や給湯能力の石油給湯器の場合、燃料配管以外の配管部分に手間がかかることが有ります。

既に家屋に煙突が無い場合、壁掛や屋外型を選択すれば工事費は安価です。
ですが寒冷地では、落雪による排気不完全などもあるため、こうした部分もあわせて、使用箇所の条件で決定されてしまいます。

また寒冷地の場合、日中に低温となることもあり、配管全体を温めるための工事が必要となることが有ります。

寒冷地向けの保温能力等の特に高いタイプではない電気温水器を寒冷地の気密性の低い住宅に設置する場合、住宅配管の各使用箇所に向けて、断熱や加温昇温機材を追加するケースも。

灯油ボイラーと電気給湯機では、実際の湯の利用時の温度が異なることが一般的です。

結論としては、暖地では排気のない電気温水器の方が経済的といえるでしょう。

寒冷地では、そのお宅で使用する時間帯や、一日に使う湯量によって、そして住宅の気密性能や、電気温水器のタンク容量、凍結防止や湯冷め防止のための電気代と機材、設置設備費を合わせて考えれば、石油給湯器が経済的です。

地域の気候や温度帯によって、最適な給湯器の種類は違ってきます。

【徹底比較】ランニングコスト編

【徹底比較】ランニングコスト編
それぞれのボイラー(給湯器)のランニングコストはどれくらいかかってくるのでしょうか。
ここでは、1年間にかかるランニングコストを計算してみました。

計算するにあたり、国土交通省の§5給湯のエネルギー消費量の計算方法から、GJ/年を求め、経済産業省のエネルギー使用量(原油換算値)簡易計算表の換算係数から、使用料を逆算して推定しています。

都市ガス(12A13A/直圧式/従来型)給湯器

ガス瞬間式従来型(都市ガス)
基本料金:745円 単位料金:135円として計算しています。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算43.5 GJ/1000㎥ ※ちなみに東京瓦斯では45 GJ/1000㎥)603.402㎥
=745円×12カ月+135円×603.402㎥
=90399.31円/年
都市ガスの場合のランニングコストは、90,399円/年

プロパンガス(直圧式/従来型)給湯器

ガス瞬間式従来型(LPGボンベ)
基本料金:1,823円 従量料金:518円として計算しています。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算50.8 GJ/t)516.6929㎏
=1,823円×12カ月+518円×516.6929㎏
=289522.45円/年
プロパンガスの場合のランニングコストは、289,522円/年

石油給湯器(灯油ボイラー/貯湯式/従来型)

石油貯湯式従来型(灯油)
1Lあたり78.28円として計算しています。

<計算式>
1.36*19.3
=26.248GJ/年
=(二次エネ換算36.7 GJ/kℓ)715.204ℓ
=715.204ℓ×78.28円
=55986.169円/年
灯油の場合のランニングコストは、55,986円/年

電気給湯器の場合

40A 従B tepco くらしTEPCOの料金を基に、電気温水器ヒーター式、熱交換、深夜電力オール電化なしの場合の料金を以下に計算しています。

<計算式>
1GJ=277.778kwhより
3.61*19.3
=69.673GJ/年
=(2次エネルギー換算9.97GJ/1000kWh)6988.264kWh
=196,715円/年
電気の場合のランニングコストは、196,715円/年

一番ランニングコストが安い給湯器は?

単純にガス供給設備なども含めた単価を見ると灯油に軍配が上がります。

しかしながら、いずれの燃料も地域によって大きく料金相場は変わるので、一概に一番オトクな給湯器というのを決めるのは難しいです。

特にガスに関しては、料金の地域格差が大きい上に、都市ガス・プロパンガスの間で2倍近く料金が変わります。

一番ランニングコストが安い給湯器は?
このように、ガスの種類でも大幅に料金が変わるので、実際に給湯器を選ぶ際には、燃料の違いはもちろん、ご自宅で現在使用しているガスの種類も検討材料にいれるべきです。

ご自宅まわりの設場所の条件や、安全性、機材や工事費含めたコストパフォーマンスなど、さまざまな角度から検討してみることが、最もお得に使える給湯器を見つけるために最も重要と言えるでしょう。

【徹底比較】耐用年数

【徹底比較】耐用年数
ここまでで、設置と利用にかかる費用は分かりました。
では、それぞれのボイラーの耐用年数はどうなっているのでしょうか。

耐用年数によっては、総合的なコストパフォーマンスが変わってくるので、しっかり確認しましょう。

ガス給湯器VS石油給湯器(灯油ボイラー)

いずれも特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年の設計標準期間が定められています。

石油給湯器はポット式、気化式、噴霧式がありますが、比較的こまめな清掃と点検が必要といわれる噴霧式はこの中では、短命なようです。

ガス給湯器も石油給湯器も長い方では点検を受けながら15年以上も使われるケースもあります。

電気給湯器VS石油給湯器(灯油ボイラー)

前述のような燃焼部分の構造にもよりますが、石油給湯器は実際には15年程度は使用する方が多いようです。

一方電気給湯機は、多機能や特定の製品でなければ、一度設置した後はほぼ点検もなく、パーツの故障がなければ、ほぼ15~20年ほど使用可能です。

しかし、腐食などによる劣化があれば、ヒーターやタンク、配管とも交換の可能性があります。

一般的には単純な構造のタイプの石油給湯器のほうが長持ちすると言われていますが、いずれもタンク式では腐食なども多いため、ほぼ互角と言えるでしょう。

ガス給湯器VS電気給湯器

法定点検含め、この中ではもっとも点検の頻度が多いガス給湯器は、小さなトラブルにも比較的気づきやすいため、結果として長持ちしやすいといわれています。

ガス給湯器は特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年ですが、これよりも長く使う方がほとんどです。

なお、ガス給湯器の場合15年程度で部品がなくなるため、点検時に入れ替える方が多く、有償点検を受けない方が多く、結果として故障まで使い続ける電気給湯器の方が、実際は長く使用される方が多いです。

総合的にオススメの給湯器は?

ここまでで、本体価格・設置費用・ランニングコスト・耐用年数の4つの観点で給湯器を比較してきましたが、結局どれを選ぶのが良いのでしょうか?

一概に言えるものではないので、様々な角度から検討しないと正確な比較はできませんが、傾向として、「このような特徴の人はこの給湯器が合いやすい」という情報をお伝えします。

そもそも別の燃料の給湯器への交換はできるの?

給湯器を比較される方の中には、新しいお家へのお引越しをご検討されている方もいらっしゃる一方で、すでにいずれかの給湯器が設置されている上で、コストパフォーマンスを考えて現在と別の種類の給湯器への交換を考えておられる方もおられると思います。

後者の場合、別の燃料を使う給湯器への交換はそもそも可能なのか、というのは気になると思います。

結論からいうと、交換自体は可能です。
ただし、配管などがそのまま流用できなかったり、延長しなければならなかったりするので、同種の給湯器に取り替えるよりも多少費用はかかります。

寒冷地の場合

北海道・東北地方や北陸地方などの寒冷地の場合は、石油給湯器がおすすめです。

都度給油する手間はありますが、石油を使った給湯器は熱量が高くランニングコストがほかよりも安いため、ほかの地域よりも冷たい水を温める必要のある寒冷地においては、光熱費に大きな差が出やすいです。

また、寒冷地のプロパンガス対象地域のプロパンガスの価格は相場よりもかなり高めの傾向があるので、ご自宅が都市ガスでない場合には、ガス給湯器は避けたほうが良いかもしれません。

下記の記事は各地域別の料金相場を載せた記事なので、ご自宅のプロパンガス料金が気になる方は一度確認してみて下さい。

プロパンガス料金の平均はいくら?‐ 世帯人数別・都道府県別の相場まとめ|【enepi -エネピ-】

都市ガスの場合

都市ガスの場合には、ガスの料金が安いのでガス給湯器をお得に使うことができます。
ガス給湯器はとにかくイニシャルコストが安い上、種類も豊富なので自分好みの機能をセレクトできるのが魅力。
お湯切れや給油の手間がない点も便利です。

特別なこだわりがない場合には、ほかの給湯器よりもガス給湯器がおすすめです。

プロパンガスの場合

プロパンガスの場合にも、実はガス給湯器がおすすめです。

「プロパンガスは都市ガスより高いし、ガス給湯器よりも石油や電気の給湯器の方が光熱費は安いんじゃないの?」と思われる方も多いかと思います。

確かに、単純な計算をするとプロパンガスでガス給湯器を利用するのは最も費用がかさむといえます。
しかし、プロパンガスの料金を安くし、「無償貸与」を受けてイニシャルコストをガス会社負担にしてもらうことで、都市ガスとさほど変わらない光熱費で給湯器を使うことができます。

正直、いくら安くても定期的に給油の必要な石油給湯器は大変ですし、電気給湯器はイニシャルコストが高い上にお湯切れの可能性があります。
世帯人数によってはもとがとれないことも珍しくないのが実情です。

それらを加味すると、多少光熱費が高くなっても、手間がかからずスタンダートなガス給湯器をセレクトする意味は大いにあると言えます。

以下の項目では、プロパンガスを都市ガス並みに安くする方法をお伝えします。

プロパンガス給湯器を安く利用する方法

プロパンガスのもとの料金を安くする

プロパンガスの料金を安くされたい方は、まずは「enepi」の無料料金診断でご自宅のガス料金が相場よりも高いのかを確認してみて下さい。
(メールアドレスや電話番号などの個人情報の入力は一切ありません)

お手元に検針票を用意し、案内に沿って必要事項を入力することで、enepiでプロパンガス会社を切り替えた方の実績から、年間でおいくらお安くできる見込みがあるのかを確かめる事ができます。

プロパンガスのもとの料金を安くする
【無料】プロパンガス料金診断▶

ここでご自宅のガス料金が一万円以上節約できる見込みがある場合には、enepiを使ってWEB上で複数のプロパンガス会社の料金プランを比較しましょう。

実はプロパンガスは自由料金の商品なので、設定されているガス料金はすべてプロパンガス会社の言い値です。
プロパンガス会社のなかには、消費者が知らないことをいいことに、原価に対して高すぎるガス料金の設定をしたり、頻繁に値上げをしたりする会社もいます。


このようなガス会社を使っている場合、適正な価格でプロパンガスを提供してくれるガス会社に変更するだけで月々数千円〜一万円の光熱費節約ができます。

中身は全く同じプロパンガスなのに高値で買わされているなんて、損以外の何物でもないですよね?

実際、ガス会社を切り替えることで年間で8万円~10万円ほど光熱費が浮くことは珍しくありません。

enepiの利用にもプロパンガス会社の切り替えにもお金は一切かからないので、ライフスタイルを変えることなく自由に使えるお金を増やしたい方はぜひ一度下記から料金プランの比較をしてみて下さい。

\生活費を節約するよりもガス代を安く!/
【無料】地域の安いプロパンガスを探す▶

オトクな「無償貸与」でプロパンガス給湯器を初期費用0円でつける

プロパンガス会社を切り替える、あるいは現在とは違うガス会社さんのお話を聞いてみる時に併せて検討して頂きたいのが、この「無償貸与」の制度です。

上述のとおり、この制度を使えば、イニシャルコストをかけずして給湯器をとりつけることができます。

この制度は具体的にどのようなものなのかというと、「とりつける機器の代金・工事費用をガス会社が負担する代わりに、毎月のガス請求料金にその費用の分割支払い分が上乗せされる」というものです。
無償貸与の制度を使う場合、費用を払い終わるまでの一定期間、ガス会社を継続して利用することが義務付けられます。

一般的には10年ほどの期間が最低契約期間としておかれます。

これは、自社のプロパンガスを少しでも長く使い続けてほしいというプロパンガス会社と、イニシャルコストを一括で支払いたくない消費者の双方のニーズを満たす制度として考案され、ほとんどのガス会社で導入されています。

契約期間が置かれる、ということで「契約期間内に法外な金額に値上げされるのではないか」という懸念がありますが、誠実な対応をしてくれるガス会社を選べば、初期投資・デメリット共になしで、最新型の機能の充実した給湯器やガスコンロを取り付けることができます。

プロパンガス会社を切り替える方法

プロパンガス会社の切り替えにメリットがあることはご理解頂けたかと思いますが、では実際にガス会社を変更する場合には、どのような手続きをふめばよいのでしょうか?

実は、プロパンガスの切り替えはとても簡単です。
自宅の住所にプロパンガスを供給できる候補のガス会社を探し、一番オトクな料金を提案してくれるガス会社に「切り替えます」と連絡するだけです。

複数のガス会社の料金を比較して、切り替えたいガス会社が決まったら、そのあとの手続きはすべて切り替え先のガス会社さんがやってくれます。
現在使用中のガス会社への解約の連絡なども、すべて代行してくれるので、やることは切り替え先のガス会社さんの契約書類にサインするのみです。
切り替えの工事も30分ほどで終わるので、「ガスが使えなくて困る」なんてこともありません。

enepiを使えば、郵便番号と必要事項を入力するだけで、「不当な値上げをしない、適正価格での料金を提示してくれるガス会社」を自動で探し、WEB上で各社の料金を見ることができます。

まとめ

ここまでの内容について、簡単に整理しておきましょう。

ガス給湯器って何ですか?エコキュートと価格に違いはありますか?
ガス給湯器とは、LPガス・都市ガスが燃料の給湯器のことです。 加熱方法ごとに大別すると、おもに「貯湯式」「真空式」「直圧式」の3種類に分かれています。 「エコキュート」は、自然冷媒ヒートポンプ給湯機と呼ばれる電気温水器で、関西電力により登録商標がつけられています。
プロパンガス給湯器を安くする方法はありますか?
プロパンガスのもとの料金を安くすることです。 プロパンガスの料金を安くされたい方は、まずは「enepi」の無料料金診断でご自宅のガス料金が相場よりも高いのかを確認してみて下さい。 (メールアドレスや電話番号などの個人情報の入力は一切ありません)
ガス給湯器の寿命はありますか?
ガス給湯器は、特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年の設計標準期間が定められていますが、点検を受けながら15年以上使われるケースもあります。 ちなみに、石油給湯器は15年程度使用する方が多く、 ガス給湯器も特定保守製品のため家庭用10年、業務用3年ですが、これよりも長く使う方がほとんどのようです。
現在、ガス・電気・石油などの各種エネルギー取り扱い業者は、それぞれに非常にお得な機材とサービスプランを多数提供しています。

たとえばガにおいても単価や割引プランは様々です。

同じ燃料でも、直接燃焼させるタイプとヒートポンプタイプでは、燃料消費量にはかなりの差が生まれます。

一方で、その作動音や振動になじめないという方もいます。


また、寒冷地などでは、故障の都度、即座に対応できる機材でなければ水道凍結などの低温による事故などの問題にもつながりかねないため、エネルギーバランスや復旧対応力が優先となります。

独り暮らしや夫婦だけの世帯などで、あまりお湯や暖房を使わない地域のケースでは、
直圧式が燃料代ともにお得といえます。


暖房と兼ねる場合、以下の点を考慮して選ぶのがおすすめです。

・地域の寒さや住宅の保温性能
・暖房面積や時間帯
・確保したい温度帯
・冬季間の温度差


そして、現在プロパンガスをお使いの方でその料金の高さに悩んでいる方は、プロパンガス会社の切り替えを検討してみるべきです。

プロパンガスは会社によって料金が違うため、今の料金が適正とは限りません。
むしろ適正な可能性のほうが低いといっていいでしょう。

enepiを利用することで手軽にガス会社の料金比較ができるので、ぜひ一度、下のボタンから無料見積もりをしてみてください。

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

あわせて読みたい関連記事