石油給湯器が使いやすい!メリットとデメリットはなに?

石油給湯器とは

給湯器は電気式、ガス式、石油式の3つに大別されます。
 違いは温水を作る熱源になにを利用して水を加熱するかで分かれます。

 一般的に石油給湯器は温水ボイラーと呼ばれる家庭用の小型ボイラーを指します。 

この温水ボイラーでは洗面台や浴場、キッチンなどで使用するお湯を沸かすことが可能ですし、セントラルヒーティングの熱源としてお湯を利用することも可能です。

石油給湯器の仕組み

石油給湯器のお湯の沸かし方は次の2つに分かれます。
それぞれの仕組みについてご紹介します。

貯湯式給湯器

ヤカンを火にかけるように水を貯めたタンクを加熱し、お湯を沸かすタイプです。
一度に大量のお湯を沸かせますが、お湯が沸くまでに一定時間必要となるのがデメリットといえます。

熱交換式給湯器

水の入った金属製の配管(熱交換器)を加熱しお湯を沸かします。

瞬間湯沸かし器が大型化したものとイメージすると判りやすいかも知れません。
温度上昇のレスポンスが良いため温水ボイラーの主流だといえます。
貯湯式給湯器は深夜電力を使用した電気式給湯器に採用されていることが多いといえます。

タンクの貯湯量のお湯を使うことができますが、お湯の量が少なくなり給水が始まるとお湯の温度が下がってしまいます。

熱交換式は給水しながらお湯を沸かし続けることができます。
その一方でお湯の消費量が供給量よりも増えた場合には、こちらも温度の低下が見られます。

石油給湯器のメリット

石油給湯器のメリットは製品寿命が他の給湯器と比べて長い点だといえるでしょう。

実際に10年近く使用する例も多くみられるので頑丈さは大きなメリットです。
ランニングコストが抑えられるのもメリットといえるでしょう。

石油給湯器のデメリット

一般的に燃料に燃料は灯油を使用するので、原油価格の変動を受けやすいのがデメリットといえます。

また消防法や火災予防条例の規制の対象となってしまうので、灯油の場合、200リットル未満までしか家庭で貯蔵することができません。

残油量を確認しておかなければ燃料切れを起こすことがあります。

石油給湯器の価格相場はどれくらい?

石油給湯器は『壁掛け型』か『床置型』かによっても値段が変わってきます。
それぞれのメーカー相場ではどれくらいの費用感になるのか見ていきましょう。

■壁掛・FF式・給湯専用型
長府ボイラー:258,120円(税込)
ノーリツ  :268,704円(税込)
コロナ   :236,520円(税込)
サンポット :258,120円(税込)

平均すると255,366円が費用相場の目安といえるでしょう。

壁掛けタイプの石油給湯器は、どのメーカーもほぼ横一列の値段感となりました。

■床置・FF式・給湯専用型
長府ボイラー:267,624円(税込)
ノーリツ  :189,864円(税込)
コロナ   :192,240円(税込)
サンポット :255,960円(税込)

床置型の石油給湯器の場合は平均して、226,422円が相場感と考えて良いでしょう。

機能などのスペックによっても金額が変わってくるので、カタログなどを見て比較していくと納得のいく購入にも繋がります。

※いずれの価格も2017年10月時点のものを参考にしています。

各メーカーが取り扱っている石油給湯器

まずは価格帯について各メーカーごとに見ていきましょう。

【長府ボイラー】
・壁掛け型(258,120~376,488円税込)
・床置き型(179,280~380,808円税込)

【ノーリツ】
・壁掛け型(268,704~408,024円税込)
・床置き型(165,240~408,024円税込)

【コロナ】
・壁掛け型(236,520~447,120円性込)
・床置き型(162,000~247,320円税込)

【サンポット】
・壁掛け型(258,120~327,888円税込)
・床置き型(165,132~347,328円税込)

次に耐用年数ですが、各メーカー別に耐用年数は公表しておりません。

一般的に7~10年が目安になるといわれています。

1日1時間の使用で10年間、1.5時間の使用で7.5年程度と考えると良いでしょう。

イニシャルコストは掛かりますが、エコモデルはもう少し耐用年数が長くなっている傾向にあります。

石油給湯器の取り付け方法と工事費用

取り付け工事は壁掛け型の場合、33,000円~38,000程度が標準的と言えるでしょう。

床置き式の場合は、35,000円~43,000程度が標準的といえます。

工事も工務店によってバラつきがあるため、何社か見積もりを取って適正価格を探ってみてください。

石油給湯器のランニングコスト

ランニングコストは、使用する家庭の人数、使用頻度、灯油価格で異なるため一概には言えないのですが、電気式やガス式の給湯器に比べるとランニングコストは確実に安上がりです。

例えば4人家族の場合の場合、
電気式の場合は年間114,000円程度のコストが掛かりますが、
石油給湯器の場合は51,000円程度と電気式よりも年間63,000程度のコストダウンが図れます。

石油給湯器のお手入れや点検方法

日常的に行えるのは、外部カバーの掃除と吸気口や排気口周辺の可燃物の除去程度です。

石油温水器は火を扱う機器ですので、専門家以外は内部について触らないようにしましょう。

購入から5年、7年のタイミングでメーカーの保守点検を受けると消耗部品の交換等が行えるので、気持ちよくまた、調子よく使用することができます。

石油給湯器が故障した場合の対処方法

石油給湯器が故障した場合は、自分で修理するのは非常に危険なので、信頼できる業者2~3社から見積もりを取って適正価格を探りながら依頼しましょう。

修理費用は修理箇所や状況により異なります。
修理費用の料金体系は、”出張費+技術費+部品代=合計”が一般的です。

メーカーの保証期間内であれば、メーカーのメンテナンス担当者が無償で行ってくれるでしょう。

修理費用の目安は次に挙げるとおりです。

 電気系統の異常:6,000円~45,000円
 安全装置の異常:7,000円~60,000円
 不完全燃焼:17,000円~35,000円
 リモコン不良:15,000円~40,000円

いずれもどの程度の故障で修理が必要かによって費用が変わってきます。
故障してしまった場合はメーカーへ問い合わせ、費用感を教えてもらうといいでしょう。

まとめ

現在は電気式やガス式などの給湯器も普及して来ましたが、やはり実用性が高いのは石油給湯器だといえるでしょう。

イニシャルコストが安いものから、ランニングコストを抑えるエコモデルまでさまざまな給湯器が開発されています。
予算や使用頻度によって石油給湯器を選べる時代になってきているのです。

給湯器の交換を検討している方は、ランニングコストが安い石油給湯器をぜひ検討してみてはいかがでしょうか。
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?