Img tel
Japan map

群馬県×プロパンガス(LPガス)の平均利用額はココでチェック!

エネピ完全オリジナル!群馬県のプロパンガス料金を調べることができます。石油情報センターより提供される金額を掛け合わせて算出しております。
ガス代が高いと感じている方は、このページで群馬県の適正料金を調べて安いガス会社へ切り替えましょう!

群馬県でプロパンガスをご利用になられている方はこちらのページをご覧ください。
ゴールド保安認定事業者(第一号認定LPガス販売事業者)に認定されている群馬県のプロパンガス会社は3社います。
金額の見直しを検討される方はプロパンガス会社の無料お見積もり依頼をお試しください!
ページ下のボタンをクリックし、フォームに必要な情報を入力して頂くと、エネピに加盟している厳選ガス会社をご紹介致します。

(2017年6月度更新のデータを参照)

群馬県のプロパンガス平均価格

基本料金
1,759円
従量単価
476円
※輸送費などにより、地域によっては全国平均と大きく異なる場合もございます。

群馬県の人たちが使っている
プロパンガス(LPガス)の平均使用量

7.9㎥

群馬県の使用量別
1ヶ月の平均プロパンガス料金

ガス使用量 平均ガス代
▼5㎥ 4,430円/月
▼10㎥ 7,039円/月
▼20㎥ 11,997円/月
▼50㎥ 25,730円/月

そのガス代、もっとおトクに!?

エネピでガス会社を切り替えた群馬県の人たちの平均削減額は...
1ヶ月で
2,664円削減!
1年間にすると
31,976円削減!

全国のプロパンガス(LPガス)平均価格

基本料金
1,830円
従量単価
523円
※本ページの料金・価格情報は下記の情報及びデータをもとに算出しています
  • 一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センターHPより価格情報 参照
  • 一般財団法人日本エネルギー経済研究所 石油情報センター『平成18年度プロパンガス消費実態調査』参照
  • エネピ利用者見積もり金額より当社試算

群馬県の口コミ一覧

  • 群馬県 伊勢崎市 在住/ 女性 45歳/ 郵便業
    • エネピの利用有無: 利用した
    • 検討者の声
  • 前に、切り替えを何回かしたことがありました。
    2つのガス会社は、取り替えて付けたガスを勝手に外し替えていきました。
    外したガスは、置きっ放しでした。

    ガスの切り替えが自由になっているだけで、細かいところで、法律が定まっていないと思います。
    利用する側は、切り替えをすることで、かなり酷い目にあいます。
    書類を書いたり、人に気を遣ったり、裁判だと言ったり脅される事があります。大変です。
    小さなお店や、個人でやっているガス関係は、やめた方がいい です。
    大きなガス会社、日本全国で展開している広範囲な規模のお金のあるガス会社などが、あまり嫌な目に遭わずに済むかなと思います。
    お客さんの側に立って業務をしてくれれば いいのですが、ガス関係では、いつも困っています。
    最初は、安くても値上げが待っていたりします。
    またガス会社を変えるの繰り返しで、へばってしまいます。
    信用があるかどうか、よく考えて調べてから決めた方がいいと思います。

  • 群馬県 前橋市 在住/ 男性 50歳/ サービス業
    • エネピの利用有無: 利用した
    • 検討者の声
  • これからプロパンガス会社を切り替える人に向けてのアドバイスは、アドバイスにはなるかどうかわかりませんがまずは、今現在契約をしているプロパンガス会社との契約内容を確認をしてから(契約年数の縛りや料金等)いくらになるかを契約会社に聞くところからはじめ多々よいと思います。
    何も言ってこないからこのままで良いや等を思っている会社もあります。
    行動を起こすことからはじめてみると、割と良い結果になることもあると思います。
    昔ながらの契約は特に聞いて見るところからはじめたほうがいいことがあると思います。
    私は、以前 他社から現在の会社に切り替えた時は契約を切り替えるなんて人間として理不尽な人だなどと、暴言とも言えることを言われてご近所中に吹かれたことがありました。
    今考えると契約を切り替えて本当に良かったなと思います。
    ご近所の方もそんなことをいう会社だったのねと思ったみたいです。
    どこの家がいくらだの他人の事をいうのはどうかなと思います。
    まずはいくらになったら契約をしようと自分で決めるところからはじめたほうがいいかなともいます。
    自己体験からでした。

  • 群馬県 在住/ 女性 35歳/ 主婦
    • エネピの利用有無: 利用しなかった
    • 切り替えした人の声
  • 2012年のある日、庭で作業をしている時に某大手ガス会社代理店の営業さんが訪ねてきたのがきっかけとなり、切り替えることになりました。
    安くなったのはもちろん、『この先、もし本部から値上げの案内がきても、私に連絡してもらえれば据え置きで出来るように交渉します』という営業さんの姿勢に興味を持てたのも一因です。
    実際、この5年間で2回ほど値上げの案内があったのですが、その営業さんに連絡を取り、本当に据え置きで継続させてもらえました。
    もし値上げを受け入れていたら、㎥単価で120円も高く支払うことになっていたので、言ってみるもんですね。
    切り替え時の注意点は、元のガス会社から必ず連絡や訪問があること、給湯器の支払いが発生することです。前記については、値下げをするから替えないで欲しいとう主旨の連絡が必ず入るのですが、提示金額によっては替えないというのも有りだと思います。
    給湯器の支払いについては、無料で設置されている方は設置してからの年数によって支払いが必要になります。
    ただし、金額によっては新しく契約するガス会社が負担してくれる可能性もあるので、予め相談しておくのが良いでしょう。
    最後に、私はガス会社を切り替えたことで年間に15,000円ほど得をする事が出来ました。
    浮いたお金が外食3回分に相当するのだと思うと、嬉しい限りです。
    4人暮らし 基本料1500円 ㎥単価250円 月平均使用量13㎥

プロパンガス(LPガス)料金の算出方法

ガス料金=基本料金+(従量単価×使用量)+消費税

※多くのプロパンガス会社で採用されている「二部料金制」を用いて算出

各地域のプロパンガス料金はどうやって計算しているのか?

石油情報センターより提供される一般小売価格のプロパンガス情報を基に平均値を算出しております。各地域ごとに表示されるガスの料金には基本料金が含まれており、税込みの金額が表示されます。