四国電力の深夜電力B

四国電力が提供する、深夜電力Bとは

「深夜電力B」とは、四国電力が提供している電気料金メニューの一つです。

深夜電力Bでは、電気を利用できる時間帯が深夜の8時間(午後11時から翌日の午前7時)に限られており、その分単価が割安となっています。

このため、この深夜時間帯(8時間)を利用して動作するタイプの電気温水器などと組み合わせて契約することにより、電気料金を抑えることができます。


また、本契約は、従量電灯と組み合わせて契約するタイプのサブメニュー的な契約です。

通常の電気利用は従量電灯で、電気温水器などは別途深夜電力Bで契約する、という形を取ります。

・深夜電力Bの適用範囲

電気の利用可能時間帯は、午後11時から翌日の午前7時となります。また、契約電力が1kW以上50kW未満の場合に利用できます。

なお、本契約は、一年を通じて契約を望む場合に適用されます(最低でも一年間の契約となります)。

・深夜電力Bの電気料金

深夜電力Bの電気料金は、基本料金+電力量料金となります。


基本料金は、契約電力に応じて決定されます。契約電力は、あらかじめ設定した、利用する電気機器の総容量(入力)から算出されます。

なお、電気を全く使用しない場合は、基本料金が半額となります。


電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。

 

基本料金(税込)

32400銭(1kW単位)

 

電力量料金(税込)

1104銭(1kWh単位)


また、通電制御型夜間蓄熱式機器と呼ばれるタイプのマイコン制御の蓄熱機器を利用している場合は、以下の割引きを受けることができます。

 

通電制御型夜間蓄熱式機器割引額

(基本料金+電力量料金)の13パーセント

四国電力の深夜電力Bで電気料金がお得になる利用者タイプ

深夜電力Bは、夜間の電気で動作する8時間通電タイプの電気温水器などを利用している方向けの電気料金プランです。

深夜電力Bでは、深夜の限られた8時間のみ(午後11時から翌日の午前7時まで)、あらかじめ契約時に定めた電気機器を使用することができます。このため、この限られた時間を利用して動作するタイプの電気機器を利用する方向けのプランとなっています。


なお、本プランは、従量電灯と組み合わせて契約するタイプのプランです。また、通電制御型(マイコン型)電気温水器を利用している方向けの割引きもあります。

 

深夜電力Bと似たタイプのプランに、第2深夜電力があります。

この2つの違いは電気が利用できる時間帯となります。深夜電力B8時間、第2深夜電力は5時間となっています。このため、ご利用の機器に合わせたプランを選ぶことが可能です。


その他の料金プランとしては、以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯A・B

一般家庭向けの従量料金タイプのプラン

定額電灯

400VA以下の電灯または小型機器向けの定額プラン

時間帯別電灯(得トクナイト)

・昼間と夜間で単価が異なるプラン

・電気温水器を利用している方、夜型生活の方におすすめ

ピークシフト型時間帯別電灯

夏季の節電を積極的に行える方、電気利用時間を昼間から夜間へシフト可能な方向けのプラン

スマートeプラン[タイプL]

・一日を3つの時間帯に分けて料金単価が設定されたプラン

・昼間が割高、夜間と朝夕がお得

・昼間の電気利用をシフト可能な、夜型の方向け

スマートeプラン[タイプH]

・平日は3つの時間帯(夜間・朝夕・昼間)

・休日は2つの時間帯(夜間・昼間)で料金単価が分かれたプラン

・平日昼間の電気利用をシフト可能な、夜型の方向け

第2深夜電力

・5時間通電タイプの電気温水器等を利用している方向けのプラン

・1時~6時までの時間帯のみ電気が利用可能

口座振替割引契約

電気料金を口座振替で支払い可能な方向けの割引プラン

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶