東京電力が提供する電気料金プラン「土日お得プラン」について、プランの詳細をご紹介します。
東京電力の土日お得プラン
画像引用:http://cc-library.net/010007964_free-photo/

土日お得プランとは

東京電力は、朝の時間帯に電気料金が安くなるプランや夜間に夜間単価が適用されるプランを提供していますが、この土日お得プランはその名の通り、土曜日と日曜日に使用する電力の単価を下げるプランです。
2013年5月から東京電力が実施しており、土日の電気料金単価が下がった分、平日に使用する電気料金は高くなりますので、主に土日で電力を特に使用する家庭・企業向けのプランとなります。

土日お得プランの特徴

土日の電気料金単価が安くなりますので、週末は外出よりも家にいることが多い場合、メーターを確認して使用量を把握しておくことで、プラン変更の参考になります。
また東京電力のホームページでは自分の使用する電力による、料金のシミュレーションを行えるサービスも実施してあるので、検討にあたって参照しておくこともお勧めです。
東京電力ではこのプラン以外にも、早朝の使用単価を下げるプランや夜間の使用単価を下げるプランなども実施しているので、プランの変更の際は、自分にあった最適な変更を考える必要があります。

土日お得プランの注意点

半日お得プランの場合と同じく、メーターの変更工事があります。
メーターの変更工事料金はかからず、時間もそれほど必要としませんが、プランに変更した場合は1年間はプランの変更ができないこと、別のプランに変更した場合はこの土日お得プランに再度変更することは不可なので、自分の生活スタイルと、曜日別の電気使用状況を再確認する必要があります。
またこのプランにおける「土日」の定義はあくまで「土曜日・日曜日」ですので、例え月~金曜日の間で祝日があったとしても、平日料金となります。

東京電力の土日お得プランで電気料金がお得になる利用者タイプ

家庭の場合は、平日に仕事や休暇などで家を空ける家庭におすすめです。
逆に共働きなどで家を留守にすることが多く、土日も仕事で会社に行かれる家庭には不向きのプランとなります。

実例を挙げると、このプランによって、土日の週末にまとめて掃除や家事を行ったり、クーラーや暖房などで電力を多く使用する家庭ならば、年間かなりの電気料金の節約が期待できます。

法人の場合においても同様で、土日に店舗やオフィスが閉まっている場合は、平日の料金単価が上がる分損してしまいます。
飲食店やサービス業などに携わっている店舗など、特に土日で普段よりも多く電力を使用することが決まっている場合にはおすすめです。
また家庭・法人共に、多く電力を使えば使うほど電気料金が割安になりますので、土日に多く電力を使う場合には、非常に向いているプランといえます。