灯油にも宅配サービスがあるのをご存知ですか?

灯油を購入できる場所は以前よりも増えています。
しかし、ちょっとした買い出しにも車が必要な地方においては、灯油の宅配サービスはやはり欠かせません。
また高齢化が進む日本において、灯油の宅配サービスは一段と需要を伸ばしていくでしょう。

本記事では、そんな灯油の宅配サービスの価格や利用方法について解説しています。

灯油の宅配サービスとは?

そもそも灯油はどこで買えるのか?

元々、灯油の購入場所は給油所や店頭が一般的でした。
今でもガソリンスタンドにポリタンクを持ち込んで購入したり、ホームセンターで購入したりする方は多いでしょう。

他にもガス会社関連のお店や、お米屋さんで売られていることもあります。
お米屋さんと聞くと意外かもしれませんが、元々お米屋さんは薪や油も売っていたので、自然と灯油も扱うようになったのでしょう。

ちなみに、元々灯油は一斗缶での量り売りで取引されていました。そのため、現在でも灯油の単位として18リットル(一斗)が使われているのです。

灯油の宅配はどこで行っているのか?

さて、ガソリンスタンドや店頭まで足を運ばずに灯油を購入したい場合は、宅配サービスを利用することになります。
ただし、全ての灯油の販売先が宅配サービスを行っているわけではありません。

ちなみにガソリンスタンドであれば、エネオスは灯油の配達を受け付けています。また店頭であれば、ホームセンターのコメリは灯油宅配サービスを展開しています。

またエネルギー小売業者のなかにも灯油の配達を手掛けている会社がありますので、お住まいの地域のガス会社なども調べてみてくださいね。

灯油の宅配を依頼するときの注意点

灯油の宅配サービスを利用する際は、以下の点を注意してください。

  • 適正価格
  • 最低給油量

まずは適正価格かどうか確認しましょう。相場から大きく離れた価格を提示している業者は避けるべきです。なお適正価格については次項で詳しく解説します。

また給油量の確認も必要です。宅配業者によっては給油量に下限を設けているため、「少量しか灯油を使わない」というご家庭は注意してください。ちなみに最低給油量は地域によって異なる場合もあります。

【2022年】全国の灯油配達価格

灯油の配達価格は地域によって多少の差があります。
そこで都道府県別に灯油配達の平均価格をまとめました。
以下の金額から離れていなければ「適正価格」といえるでしょう。

    
地域 配達価格
18L 1L
北海道 2,192円 122円
青森 1,994円 111円
岩手 2,014円 112円
宮城 2,089円 116円
秋田 1,981円 110円
山形 2,034円 113円
福島 2,120円 118円
茨城 2,158円 120円
栃木 2,170円 121円
群馬 2,164円 120円
埼玉 2,196円 122円
千葉 2,195円 122円
東京 2,316円 129円
神奈川 2,320円 129円
新潟 2,162円 120円
長野 2,141円 119円
山梨 2,176円 121円
静岡 2,193円 122円
愛知 2,215円 123円
岐阜 2,124円 118円
三重 2,184円 121円
富山 2,105円 117円
石川 2,123円 118円
福井 2,164円 120円
滋賀 2,201円 122円
京都 2,182円 121円
奈良 2,095円 116円
大阪 2,183円 121円
兵庫 2,176円 121円
和歌山 2,182円 121円
鳥取 2,229円 124円
島根 2,307円 128円
岡山 2,148円 119円
広島 2,222円 123円
山口 2,209円 123円
徳島 2,186円 121円
香川 2,209円 123円
愛媛 2,177円 121円
高知 2,161円 120円
福岡 2,144円 119円
佐賀 2,321円 129円
長崎 2,294円 127円
熊本 2,049円 114円
大分 2,181円 121円
宮崎 2,238円 124円
鹿児島 2,221円 123円
沖縄 2,390円 133円

出典:経済産業省資源エネルギー庁/石油製品価格調査/2022年10月15日時点

ホームセンターの灯油価格は安い?

一般に、灯油は配達価格より店頭価格の方が安いです。
宅配サービスには運賃が上乗せされるため、ホームセンター等の店頭で購入した方が金銭的なコストは抑えられます。

ちなみに、灯油の配達価格と店頭価格の全国平均を比べると以下の通りです。

18L 1L
配達価格 2,154円 120円
店頭価格 2,008円 112円

出典:経済産業省資源エネルギー庁/石油製品価格調査/2022年10月15日時点

以上のように、配達価格は店頭価格よりも高いですが、その差分はさほど大きくありません。
したがって運搬の手間を考えると、灯油の宅配サービスには十分なメリットがあるといえるでしょう。

冬こそ家庭の燃料費を節約しよう!

灯油の宅配サービスが利用されるのは主に冬季です。
また冬季は灯油の他にガスなどの使用量も増えるため、家庭の燃料費がかさんでしまいます。

そこで、本項では冬の燃料費とりわけガス代を節約する方法を紹介します。

ガス代のおすすめの節約方法は「ガス会社の切り替え」です。
実はガス会社の料金設定は一定ではありません。特にプロパンガスにおいては自由料金設定のため、相場と比べてかなり高い料金プランを設けているガス会社も少なくありません。

そのため、プロパンガスを使用している場合、ガス会社を切り替えるだけでガス代を大幅に節約できる可能性があるのです!

ちなみに当社が運営するenepiでは、複数社のガス料金の一括比較ができます。
WEB上で今すぐ、無料でご利用可能ですので、ぜひ下記ボタンよりお気軽にお試しください!

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

まとめ

ここまでの内容について、簡単に整理しておきましょう。

灯油の配達価格はいくら?
灯油の配達価格は地域によって若干差があります。ちなみに東京都の配達価格の平均は、18リットルあたり2,316円(1リットルあたり129円)です。
ホームセンターは灯油が安い?
灯油は配達価格よりもホームセンターなどの店頭価格の方が安いです。ただし、配達価格と店頭価格の全国平均を比較すると、その差は18リットルあたり144円(1リットルあたり8円)です。
冬の燃料費を節約する方法は?
冬の燃料費を節約するなら「ガス会社の切り替え」によるガス代の節約がおすすめです。ぜひenepiで今より安いガス会社を探してみてくださいね。
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?