Thumb cover 256 %e5%ae%b6%e9%9b%bb%e9%80%9a%e8%b2%a9

家電製品を買うときは通販or実店舗?それぞれのメリットデメリットを解説!

家電製品のように高価で長く使うものを通販で買っても大丈夫なの?という疑問を持つ方も少なくありませんが、店頭購入にもネット通販にもそれぞれメリットとデメリットが存在します。果たしてどちらの方法で購入するのが正解なのでしょうか?

家電製品を買うなら電気屋や家電量販店、
というのは少し前まで常識でしたが
現在はネット通販で家電を買うのが珍しくなくなっています。

家電製品のように高価で長く使うものを
通販で買っても大丈夫なの?
という疑問を持つ方も少なくありませんが、
店頭購入にもネット通販にもそれぞれ
メリットとデメリットが存在します。

果たしてどちらの方法で購入するのが正解なのでしょうか?
今回は店頭購入とインターネット通販
それぞれのメリットとデメリットを紹介し、
賢い家電の買い方について考えてみます。

店頭とインターネット通販は何が違うの?

全く同じ商品を買うとしても、
店頭とインターネット通販の1番の違いは価格です。
店頭販売では家賃や人件費など諸経費がかかるため
経費分を上乗せして販売価格が決定されますが、
インターネット通販で経費を極限まで切り詰めることで
販売価格が安く抑えるられています。

もうひとつ大きく異なる点が保証です。
実店舗で購入すると購入先が保証窓口になってくれ
アフターサービス等も受け付けてくれますが、
ネット通販では購入後一年以内でも店が保証窓口になってくれず
メーカーによる直接保証のみということが珍しくありません。

コミュニケーションに関しても大きな違いがあります。
販売担当者と直接話ができる実店舗に対し、
インターネット通販では電話やメールなど
コミュニケーション手段は限られます。

インターネット通販のメリットとデメリット

インターネット通販は利便性が高く
パソコンやスマートフォンさえあれば商品を購入できる
という手軽さから急速に浸透していきました。
実店舗での購入にはないメリットはたくさんありますが、
同時にインターネット通販ならではの
デメリットが有ることも忘れてはいけません。

メリットとデメリットの両方を知った上で利用するのが
インターネット通販を賢く使うコツです。

<メリット1>価格が安い

インターネット通販最大のメリットは価格です。
経費を省いているので価格が安いのはもちろん、
多くの店舗の販売価格を簡単に比較できる点も大きなメリットです。

複数の販売価格を知ることで
家電製品が適正価格かどうかを確認できますし、
過去の販売価格と比較すれば相場の移り変わりも確認できます。

<メリット2>情報が豊富

情報が豊富なことも大きなメリットです。
インターネットにはメーカーの公式ページを始め
家電製品に関する情報があふれています。

通販サイトと連携して情報を集めれば
より詳しく製品について知ることができますから、
家電選びの失敗を回避できます。

実際に利用した人のレビューも読めるので参考情報には事欠きません。

<メリット3>時間と場所を選ばない

もうひとつ大きなメリットが時間と場所を選ばない利便性です。
通販なら自宅から注文できるので
近所に実店舗がない方でも好きな商品を購入できます。

実店舗が閉まっている深夜や早朝にも注文できるので、
自分の都合に合わせて商品を購入できます。

≪デメリット1≫届くまでに時間がかかる

インターネット通販のデメリットとして印象が強いのが、
購入した商品が届くまでに時間がかかることです。

通販では注文した商品を発送する手間がかかるため
実際に商品を手にするまでに
ある程度の時間がかるのは避けられません。
最近はお届け時間が短くなってきていて
最短で半日程度で届けられることもありますが、
届くまでに3~4日程度かかるのが一般的です。

家電製品が壊れてすぐに代替品を用意しなければいけない、
というケースでは時間のかかるネット通販は不向きです。

≪デメリット2≫実物を見ることができない

実物を手に取って確認できないのも大きなデメリットです。
写真やカタログデータなどは充実しているものの
実際に触れたときの手触りや重量感、
操作のしやすさなど細かい部分について確認することはできません。

実物が届いてみたら思っていたのとイメージが違った
という失敗も考えられます。

店頭購入のメリットとデメリット

インターネット通販に押され気味な店頭購入ですが、
家電製品のような大きな買物をするときは実店舗で、
と決めている人は少なくありません。

インターネット通販にはない実店舗ならではの安心感や
信頼感というものも大きく、
人とのコミュニケーションを求めて店頭購入を選ぶ人も多く見られます。

店頭購入のメリットとデメリットを知っておくと
より良い買い物ができるでしょう。

<メリット1>実物を見たり触ったりできる

店頭購入ではディスプレイされたサンプルの家電製品を
実際にさわって試してみることができます。

カタログデータや口コミ情報などでは判断できない
細かい部分も実際に自分の手で試すことで確認できますし、
サイズ感やデザインの印象なども判断できます。

<メリット2>販売スタッフに相談できる

専門の販売スタッフの存在も店頭購入の大きなメリットです。
インターネット通販では基本的に自分で情報を集め、
どれを買えばいいのかは自分で判断するしかありませんでしたが、
実店舗なら商品知識が豊富な販売スタッフに相談することができます。

売れ筋商品の情報や用途に合わせたおすすめ商品など
さまざまなアドバイスがもらえるので、
購入の参考にしながらより目的にあった家電製品を購入できるでしょう。

≪デメリット1≫品揃えに限りがある

実店舗では商品の展示スペースに制約があるため
ネット通販に比べると品揃えが貧弱です。

複数店舗で商品を探すのにも時間と手間がかかってしまうので
在庫がある商品の中からしか選ばざるをえない
というケースも多く見られます。

≪デメリット2≫価格面で劣る

価格面でも店頭購入は一歩劣ります。
徹底的に経費を削減するネット購入に対し
実店舗では家賃や人件費などどうしても削れない経費が多く、
その分は価格に上乗せされてしまいます。

同じ企業でも実店舗とネット通販で販売価格が異なることもあります。

≪デメリット3≫しつこい接客をされてしまうことも…

店頭スタッフの存在は心強いのですが、
商品を購入させようとしつこい接客をされてしまうことがあります。
一人でゆっくり商品を選びたいのに
スタッフに絡まれてしまうと買い物をする気力が失せてしまいます。

≪デメリット4≫何度も足を運ぶ必要がある場合も

実店舗が行動範囲になければそもそも買い物ができません。
遠く離れた場所では交通費がかかってしまいますし、
せっかく出かけたのに目当ての家電製品がなければ無駄足になってしまいます。

また、近くに実店舗があったとしても、
納得のいく商品が見つかるまで何度も足を運ぶ必要がありますね。

いったいどちらが良いの?

実店舗とインターネット通販のどちらで買い物したほうがいいのでしょうか?
ネット通販の安さは魅力ですが、
実店舗のサービスやフォローも捨てがたいものがあります。

購入したい家電製品が具体的に決まっているのであれば
目当ての商品を簡単に探せるインターネット通販、
どんな家電がいいのか迷っていてアドバイスがほしいときは
店員に相談できる実店舗というように
目的に応じて使い分けるのもひとつの方法です。

他にも、二つを併用するという手もありますね。
ネットで欲しい商品を探してから実店舗に行けば、
何度も足を運ぶ手間も省けますし、店舗で購入することで
アフターサービスも受けられます。

反対に、実店舗で実際に触って気に入った商品を見つけ、
ネットで安く購入する、という方法もあります。

価格や信頼性、アフターサービスなど、
なにを重視するかを考えて、
購入方法を選択するとよりよい買い物ができるでしょう。

まとめ

ひと昔前までは家電を購入するなら実店舗で買うのが当たり前でした。

便利で安価なインターネット通販の普及により
家電の購入先も大きく様変わりしてきましたが、
どこで購入するのかを最終的に判断するのは自分自身です。

価格を重視するのか、価格以上の手厚いアフターサービスを期待するのか、
豊富な商品知識を求めるのか、
ひとによっても状況によっても最適な選択肢は変わってきます。

それぞれのメリットとデメリットをふまえて
最適な購入先を選ぶのが賢い家電製品の買い方です。
\電気よりも節約できる!/
【無料】LPガスの見積もりはコチラ▶

この記事と関連する記事

  • Thumb cover 256 fireshot capture 3      http   www.jadma.org pdf 2015 20150309eco.pdf

    家電を買い替えるときは「省エネラベル」に注目しよう!

    家電を選ぶときには色々と迷いますが、特に注目してみて欲しいのが「省エネラベル」です。省エネラベルに注目すれば、省エネ家電も見つけやすくなり、電気代節約に繋がることも!そんな「省エネラベル」について詳しく解説していきます。

  • Thumb cover 256 521707

    家電の買い替えが節電への近道?買い替え時期について解明!

    節電や節約を考えたとき、ぜひ試してほしいのが「家電の買い替え」です。ご自宅に10年以上使っている家電があれば、高い電気代の原因を作っているのはそいつかもしれません。今回は、節約に役立つ家電の買い替え術をお教えします!

  • Thumb cover 256 %e9%9b%bb%e6%b0%97%e4%bb%a3%e3%81%8c%e3%81%8b%e3%81%8b%e3%82%8b%e5%ae%b6%e9%9b%bb%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0

    電気代がかかる家電ランキング

    生活の中で必需品となっている多くの家電製品ですが、どの製品がどの程度の電気を消費しているか、ご存知でしょうか?今回は、より節電を効果的に出来るよう、具体的に1~5位までランキングにしてみました。

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。