エコウィルをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット・デメリット
「エコウィル(ECOWILL)」という名前を聞いたことがありますでしょうか?

プロパンガス(LPガス)や都市ガスを利用した家庭用の発電機のことですが、環境保全に役立つシステムとして注目を集めています。

今回はそんな「エコウィル」についてご紹介したいと思います。

エコウィル(ECOWILL)とは

エコウィル(ECOWILL)とは
エコウィルとは、家庭用ガスコージェネレーションシステムのことです。
都市ガス、プロパンどちらでも利用することができます。

ガスを利用して電気を作るのと同時に、その時に発生した熱を利用してお湯を作り、給湯や暖房も行います。
エコウィルには貯湯タンクが内蔵されていて、そこにお湯が貯められるようになっているのも特徴の一つです。

「自宅に発電機が欲しい」といった人に重宝されていて、全国的に利用できるのもメリットでしょう。

特にエコウィルは価格も80万~90万円ほどとそこまで高くなく、しかも補助金などのサポートを受けやすいことも人気の理由になっています。

エコウィルをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット

エコウィルでプロパンガス(LPガス)を使用する場合、そのメリットは何よりも「高いエネルギー利用率」にあります。

従来の発電所で発電を行う場合、一極的に発電するようなシステムでは、送電時に大きな電力ロスが発生し、
エネルギー利用率が低くなってしまうのが難点です

ですがエコウィルは、発電を自宅で行うため送電時のロスが少ないだけでなく、
排熱も給湯などに再利用しています。

そのため、エコウィルのエネルギー利用率はなんと約92%(※)と大変高くなっているのです。
従来の発電所で発電するシステムのエネルギー利用率は40%程度ですから、この差は大きいでしょう。

そのため、光熱費も大幅に安くなり、ガス代や電気代などの光熱費を節約したい人にとって、メリットが大きいといえます。

(※本田技研工業(株)による測定値で、GEH-1015ARS-Kの場合。)
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?

エコウィルをプロパンガス(LPガス)で運用するデメリット

エコウィルは光熱費を大幅に下げられますが、プロパンガス(LPガス)で運用する際にはデメリットもあります。

プロパンの値段は業者によって大きく異なっており、住んでいる地域の業者のガス価格が高いと、節約効果もほとんど感じられなくなってしまうこともあります。

そのため、エコウィルを導入する前には
その地域のガス業者を調べておくことは必須になるでしょう。

また、プロパンガス(LPガス)をガスタンクで供給してもらっているといった場合、供給が滞ってしまうとエコウィルも使えなくなってしまいます。

そうなると電気だけでなくお湯もでなくなりますから、かなり不便な思いをしてしまう、というのもデメリット。

まとめ

このようにエコウィルをプロパンガス(LPガス)で運用することは、メリット・デメリットがありますので注意が必要です。

とはいえ、エコウィルはこれからの時代の新しい発電方式として期待されています。
光熱費を節約するためにも、ぜひとも早めに導入を検討してみるといいかもしれません。

現在ご家庭でプロパンを使用していて、ガス代が高いと感じているのであれば、ガス会社の切り替えがオススメです。

今より安いガス会社に切り替え、エコウィルを導入すればさらに光熱費節約が見込めるかもしれません。
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?