Img tel 433e3731f9d14120439bb47e16830c4fc6876dc02cf87f73ea30c0fb489bff66
Thumb cover 256 %e3%81%aa%e3%82%93%e3%82%8f%ef%bc%91

鹿児島の新電力「ナンワエナジー」の特徴と電気料金プランとは

電力自由化の激戦区と言われている九州地区の新電力「ナンワエナジー」が、電気の新料金プランを発表しました。顧客にとってどのようなメリットがあるのか、ナンワエナジーの特徴と電気料金プランをお伝えします。

ナンワエナジーってどんな会社

ナンワエナジーは、鹿児島県に本社を置く小売電気事業者です。親会社に株式会社南和があり、その電力事業部が分社化され「ナンワエナジー」が誕生しました。

 

九州地区は電力全面自由化をうけて、各新電力会社が続々と参入を決めていて、J:COM電力・エネット・ソフトバンクでんき・イーレックスなど全国展開している新電力会社が名乗りを上げています。

 

一方で、地元九州に本社を置く会社も頑張っていて、西部ガス・新出光・HTBエナジーなどもすでに参入を決めて、活発に営業を展開しています。

 

そんな激戦区九州の中でも、ひときわ存在感を示しているのが「ナンワエナジー」です。そのナンワエナジーの魅力についてご紹介しましょう。

ナンワエナジーのエネルギー事業は

ナンワエナジーは20164月の電力小売全面自由化のかなり前の段階からすでに、公共施設・大型商業施設・工場などの業務用の電力販売を行っています。

 

さまざまな施設に電力を販売を行い、多くのコスト削減に貢献している実積があります。

 

また、自社発電所として鹿児島県志布志市に大規模な太陽光発電施設を所有していて、ここで発電した電力を供給源として活用し、不足分は契約した発電所からの供給によってまかなう考えです。

「ナンワエナジー」が契約できるエリアは

ナンワエナジーの電力供給エリアは、現在の九州電力の電力を供給しているエリア全域となっています。今後も状況によっては、隣接する中国電力や他のエリアに進出も考えられます。

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

「ナンワエナジー」の料金プランは

ナンワエナジーの料金プランは新電力会社には珍しく、非常に数多くの料金プランを準備しています。種類としては全部で5種類のプランがあるようです。

­­

「スタンダードM」は、九州電力の従量電灯Bに相当するプランで、24時間同位置の料金設定のプランです。日中在宅している率が高い家庭などにおすすめなプランです。

 

契約容量 基本料金
(1契約あたり)
電力量料金(1kWh) 
 ~120kWh  121kWh~
 300kWh
 301kWh~ 
30A 820.60
▲6.2%
17.11
▲0.5%
22.56
▲0.6%
24.80
▲3.2%
40A 1049.80
▲10.0%
16.96
▲1.3%
21.50
▲5.2%
24.29
▲5.2%
50A 1312.20
▲10.0%
16.96
▲1.3%
21.50
▲5.2%
23.01
▲10.2%
60A 1574.60
▲10.0%
16.96
▲1.3%
20.37
▲10.2%
23.01
▲10.2%


最低月額料金
(1契約あたり)
 308.88 
▲0.3%

料金表を見てみると、九州電力との比較で基本料金は30Aの場合6.2%の割引、40A以上は10.0%の割引とよりたくさんの電気を使うほどお得になっています。

 

また電力量料金を比較しても、300kWh以上の使用量の単価は30Aの場合3.2%の割引、40A以上は5.2%の割引、50A60Aの場合10.2%の割引と、こちらもたくさん使うほどよりお得になる事になります。

 

ナンワエナジーの料金プランの特徴としてあげられるのが、他社の新電力会社ではあまり取り組んでいないオール電化に対応した料金プランがあると言うことです。

 

大手の電力会社では当たり前にある夜間の電気料金が安くなるプランですが、現状ではこういったプランを出している新電力会社はまだほとんどありません。

 

その点ではこのプランを持っているナンワエナジーは大変強みを持つことになります。

 

契約容量 基本料金
(1契約あたり)
電力量料金(1kWh) 
 デイタイム夏季 デイタイム
その他季
リビングタイム ナイトタイム
6kVA以下の場合 (1契約あたり) 1069.00
▲10.0%
33.57
▲7.2%
28.23
▲7.2%
21.21
▲7.3%
9.78
▲5.5
6kVAを超える場合 10kVAまで
(1契約あたり)
1458.00
▲10.0%
10kVA超過分
(1契約あたり)
262.44
▲10.0%


最低月額料金
(1契約あたり)
 438.48 
▲0.2%

料金表を見てみると、九州電力と比較して基本料金は10.0%の割引、それぞれの時間帯でも5.5%7.3%の割引率となっていてお得です。

 

その他の料金プランとしても、一般家庭より電気をたくさん使う店舗や事務所などに向いている「スタンダードL」、今後登場する予定のプランとしては「休日家得」・「平日セレクト得」といったプランも準備されています。

 

さまざまな生活スタイルに対応しているプランを準備しているのは、選ぶ側としてはより選択肢が広がってありがたいですよね。

 

「ナンワエナジー」のお得な特典は

ナンワエナジーは、電気料金200円につきTポイントが1ポイントが付与されるサービスを提供しています。Tポイントは、全国各地にある提携先の店舗やインターネットショップなどで利用することができる大変便利なポイントです。

 

こういったポイントが電気を使うだけでたまっていくのは、大変うれしいシステムですよね。

 

また契約者向けサービスとしてWeb上から「電力見える化サービス」「請求書閲覧システム」などを提供していて、活用していけばとても便利なサービスになります。

「ナンワエナジー」の最大のメリットは

首都圏からは離れている九州地区ですが、新電力の会社の争いは大変活発なエリアになっています。

 

その中でもいち早く料金プランを発表し、早期契約キャンペーンを打ち出すなど、九州地区に関してはどこよりも速い動きを見せているナンワエナジー。

 

やはりナンワエナジーの強みは、他社よりも先行して多様な料金プランを打ち出していた所でしょう。

 

九州に限らず全国の新電力会社と比較しても、これだけ充実した料金プランを発表しているところは、あまりありません。

 

オール電化住宅の家庭が新電力に切り替えたいと思っても、最適なプランがなく契約を断念している地域も多い中で、多くのプランを持っているナンワエナジーは、契約者にとっても大きなメリットとなります。

 

また、やはり鹿児島と福岡両方に本社を置くナンワエナジーは、九州の電力会社として地元の信頼も厚いので、契約者には安心感がある点もメリットと言えます。

 

新電力のライバル会社も多い九州地区で今後どのような活躍をしていくのか、ナンワエナジーからは目が離せませんね。

プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります

この記事と関連する記事