Logo c11660abc7b9c87ceca27d40fe8f3e3896e4ad9da69317f7a598ab000774ade6

世田谷発の新電力「みんな電力」の特徴と電気料金プランとは

HP上でどこで・どんな人が・どんな方式で電力を発電しているかを紹介する「みんな電力」が、電気料金プランを発表しました。その独自の取り組みは顧客にとってどのようなメリットがあるのか、「みんな電力」の特徴と電気料金プランをお伝えします。

みんな電力ってどんな会社

みんな電力は、東京都世田谷区でエネルギー事業を展開している小売電気事業者です。

 

多くの新電力会社が市場に参入していますが、世田谷区が東京電力から配電先を変えたことで注目を集めることになった「みんな電力」。

 

さまざまな独自の取組によって各方面からも注目を浴びていて、マスコミからも取り上げられることが多くなっています。

 

そんなみんな電力の取組みについてご紹介しましょう。

 

みんな電力の顔の見える発電所とは

みんな電力は顔が見える発電所として、公式ホームページ上でどこで・どんな人が・どんな方式で電力を発電しているかを紹介しています。

 

野菜や米などのように生産者を紹介することで、需要家に対して安心を与える方法を電気で実現していると言えます。

 

安全な太陽光やバイオマスを中心とした再生可能エネルギーを主な電力供給源として活用することで、電力と合わせて安心と安全を提供しています。

みんな電力の会員制度

みんな電力の電力販売サービスは、すべて会員制で行われ、登録するための費用はかかりません。会員登録によっての特典としては、まずはみんな電力からの電気の購入。

 

その他にも電力販売に関するお得な情報や各種連絡。またみんな電力が主催する各種イベントへの案内や、みんな電力通販サイトの「Green Dept」のセール情報などが受けられます。

みんな電力の電力供給エリアや提供時期は

みんな電力の電力供給エリアは、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・静岡県(富士川以東)となっています。

 

エリア内であっても、電気料金が高くなってしまう可能性が高いオール電化住宅や、高圧一括受電の集合住宅の家庭は契約できないようです。

 

20164月より第1期の試験サービスがスタートしますが、受付は既に限定数に達したために募集は終了しています。

 

2期は226日より事前申し込みをスタートとして、6月より電気の供給をスタートする予定になっています。

みんな電力の料金プランは

みんな電力の料金プランは、通常アンペア数や段階料金などによって違う電力量料金をすべて一律にした、非常にシンプルでわかりやすいプランになっています。

 

基本料金月々830円
電力量料金23円70銭/1kWh

 

この料金は第1(4月、5)の料金で、第2(6月以降)の料金については価格を改定する場合があるとしています。

 

それでは、みんな電力の料金がどの程度安いのか検証してみましょう。

 

東京都内に住む4人家族のAさん、今月の使用量が640kWhで、電気料金が18,000円ほどだったとします。

 

東京電力の電力量料金は3段階制となっているので内訳を見ると、1段階の120kWhまでが2,300円、120kWh300kWhまでが4,600円、3段階の300kWh以上が10,000円、これに40Aの基本料金1,100円で合計18,000円です。

 

この家族がみんな電力に変えたらどうなるかシュミレーションしてみます。

 

基本料金は一律なので830円、電力量料金が23.7円×640kWhなので15,168円となり、基本料金と合わせると15,998円となり、東京電力よりも12%ほど安くなったことになります。

 

単位 東京電力料金 みんな電力料金
基本料金 10A 1契約 280円80銭 830円
15A 421円20銭
20A 561円60銭
30A 842円40銭
40A 1,123円20銭
50A 1,404円00銭
60A 1,684円80銭
単位 東京電力料金 みんな電力料金
電力量料金 1120kWhまで 1kWh 19円43銭 23円70銭
120kWhをこえ300kWhまで 25円91銭
300kWh 29円93銭

東京電力とみんな電力を比較してみるとよくわかるように、現在までの東京電力の場合、契約アンペアは7段階、電力量料金は3段階に設定されているために、どちらも一律の料金のみんな電力は一定の量を超えて使うと、確実に東京電力よりも安くなることがわかります。

みんな電力のお得な特典は

みんな電力のお得な特典としては、電力の購入の特典として地元の特産品のサービスや、各種イベントの握手券などを企画しているようです。

 

また、みんな電力が運営しているエネルギー情報サイト「エネとも」では、電気代の領収証が「くじ」になる「エネくじ」キャンペーンを実施しています。

 

みんな電力は、自社についてSNSをフル活用して情報発信に努めています。こういったユニークな取組みから、今後はさらに様々なお得な特典やサービスの提供をしてくれるのではと思われます。

 

みんな電力の最大のメリットは

電力小売全面自由化を目前にひかえ、大手電力会社は新電力会社に価格で対抗すべく、コストのかからない原子力発電所の再稼働に踏み切る動きを見せています。

 

電気代が安くなるなら原発再稼働でも反対ではない方も入れば、クリーンエネルギー以外は使いたくないと言う方もいる訳です。

 

そんな時にクリーンエネルギーでもある再生可能エネルギーの電源構成が70%を確保している新電力会社で4月から電力小売ができる会社はまだ4社しかなく、みんな電力はその貴重な1社です。

 

みんな電力の最大のメリットはやはり、こういった再生可能エネルギーを中心とした電力を、顔が見える電力として販売しているところではないでしょうか。       
プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります