Thumb cover 256 osakagas

大阪ガスは「さすガっス」!特徴と電気料金プランとは

大阪ガスが「これからは、電気も大阪ガス」を打ち出し、その電気の新料金プランを発表しました!顧客にとってどのようなメリットがあるのか、大阪ガスの特徴と電気料金プランをお伝えします。

大阪ガスってどんな会社

大阪ガスは、近畿地方を中心に都市ガスを販売する会社で、

販売量は、東京ガスに次いで全国第2位、シェア25%となっています。

タレントの上戸彩さんが、ガスってやっぱり「さすガっス」というフレーズのCMは、

関西地区の人ならお馴染みのコマーシャルですよね。

その大阪ガスが、20164月からの電力完全自由化に合わせて、一般住宅に対しても電気を販売することになりました。

大阪ガスは、原発2基相当の巨大な発電施設を所有

大阪ガスが所有している発電施設は、原発1基分の発電能力を誇る、泉北天然ガス発電所をはじめ、火力発電所だけで、172KWの発電量があります。

クリーンエネルギーの取り組みにも積極的で、風力発電や太陽光発電などの施設も増やしていて、環境に優しい電力作りに努めているのも、うれしいですよね。

 

「大阪ガス」が契約できるエリア

大阪ガスが電気を提供するエリアは、以下の通りです。


・大阪府

・京都府

・滋賀県

・兵庫県(赤穂市福浦を除く)

・奈良県

・和歌山県

・福井県(三方郡御浜町以西)

・三重県(熊野市・南牟婁郡紀宝町、南牟婁郡御浜町)

・岐阜県(不破郡関ケ原町の一部)

 

近畿全域というわけではないので、契約を希望する方は、事前に確認が必要となります。

大阪ガスのこれまでの電気の販売実績は

現在放送されている電力自由化の大阪ガスのCMにあるように、大阪ガスは15年前から病院や学校にも電気を届けていました。

大阪ガスの関連会社である、新電力会社エネットの販売代理店として、すでに自由化されている特高・高圧分野で2,000件以上の施設に電気を販売しており、現在の電力販売量は年間20kWh以上にのぼっています。

大阪ガスの電気料金プランは3つ

大阪ガスは3つの料金プランを用意していて、使う方に合わせた最適なプランが選べるようになっています。比較してみましょう。

・ベースプランA

電気をたくさん使う家庭にはお得なプランです。

・ベースプランB

飲食店や商店・事務所向けのプランです。

・家庭用ガス発電プラン

エネファーム・エコウィルユーザー向け

 

以上の3つのプランが準備されています。

ベースプランA(関西電力従量電灯A 相当)

以下がベースプランA(関西電力従量電灯A 相当)の料金表です。
          基本料金 単位 料金単位
 1契約   499.95円
  電力量料金      最初の120kWh まで   1kWh    22.78円
 120kWhをこえ200kWhまで    25.46円
 200kWhをこえ300kWhまで   26.08円
   300kWhをこえる分   32.60円

ベースプランB(関西電力従量電灯B 相当)

以下がベースプランB(関西電力従量電灯B 相当)の料金表です。
   基本料金        単位  料金単価
 1契約   13,022円
    6kVAをこえる1kVAにつき   1kVA    2,432円
  電力量料金    契約容量の73倍をこえる1kWhにつき   1kWh    28.05円

家庭用ガス発電プラン

以下が家庭用ガス発電プランの料金表です。

          基本料金 単位 料金単位
 1契約   373.60円
  電力量料金      最初の120kWh まで   1kWh    22.75円
 120kWhをこえ200kWhまで    25.10円
 200kWhをこえ300kWhまで   25.19円

電気料金とガス料金とのセット割は

大阪ガスのセット割引サービスは、当然ガス会社なので、ガスの使用者に対しては、よりお得になるようなオプション割引を準備しています。
    オプション割引()ガスセットと長期2年は重複適用可能)  
 ガスセット   1%引き   長期2年  2%引き


大阪ガスの都市ガスとセット契約の場合は

最大3%割引→さらに2年契約で→最大5%割引

 

大阪ガスの電気のみ契約の場合

最大2%割引→さらに2年契約で→最大4%割引

 

4人家族の場合 月額使用料370kWh/年間使用量4,440kWhの場合、オプション割引の+2%を加えると、最大で5%の割引となり、年間で6200円お得となります。

電気料金・使用量をネットで確認できるうれしいサービスも

大阪ガスに契約すると、特典の一つとして、大阪ガスの会員サイト「マイ大阪ガス」を利用して、電気の使用量や料金をチェックすることができます。

前年同月との比較もできて、日毎はもちろん、1時間毎の使用量も確認することができます。

これを使用することで、時間別や日別での電気代が確認できるので、より節電意識が高まり電気代の節約につながります。

NTTドコモやさまざまな提携先を予定!

日本経済新聞によると、大阪ガスは20164月の電力自由化に向けて、NTTドコモと電力小売り事業で提携するとしています。

NTTドコモのショップを窓口に大阪ガスの電力を紹介して、NTTドコモのサービスと大阪ガスの電力の「セット割引」を提供する事で、NTTドコモの関西地区の契約者約930万人へアピールできます。

また、大阪ガスは、ソフトバンク、NTT西日本、ケーブルテレビ大手のジュピターテレコムともセット販売で提携交渉しているようです。

もし、この提携が実現すれば、電気料金に加え、携帯電話料金・電話料金・インターネット料金・ケーブルテレビ料金などとのセット割引も期待できることになります。

大阪ガスの最大のメリットは

大阪ガスから電気の契約するメリットとしては、大手電力会社以外の、新電力の会社の中では、最大規模の発電施設を自社で持っていると言うことでしょう。

新電力の会社の多くは、提携先の電力供給会社から購入しての、電力の供給を行っているところが多いだけに、自社だけで、これだけ大きな発電施設を持っているのは大きな強みです。

会社自体も、日本で2番目に大きなガス会社となれば、安心感も高く、これから提携してくるさまざまなサービスが、もっと充実してくれば、今よりもさらにメリットは高くなりますよね。
プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります

この記事と関連する記事

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。