九州電力の低圧季時別電力

九州電力が提供する、低圧季時別電力とは

「低圧季時別電力」とは、九州電力が提供している電気料金メニューの一つです。


商店・事務所・工場等で主に動力(照明や小型機器以外の電気機器)を利用する方向けのメニューです。「季時別」とは、「季節別時間帯別」の略で、低圧電力と比較すると、時間帯による料金単価の区分が追加されています。また、低圧電力と比較した場合、基本料金の単価は割高となりますが、電力使用量の単価は割安になっています。


本プランの対象は、低圧電力が適用可能な方となります。

低圧季時別電力の季節区分

低圧季時別電力には、以下の2つの季節区分があります。

夏季

7/1~9/30

その他

10/1~6/30
この区分は、低圧電力と同じです。

低圧季時別電力の時間帯区分

低圧季時別電力には、以下の2つの時間帯区分があります。

昼間時間

8時~22時

夜間時間

22時~8時

低圧季時別電力の契約電力

契約電力は,低圧電力に準じて決定されます。

低圧季時別電力の電気料金

低圧季時別電力の電気料金は、基本料金+電力量料金となります。基本料金は、契約電力に応じて決定されます。また、電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。
基本料金(円、税込)
1,296.00(1kW単位)

電力量料金(円、税込、1kWh単位)

昼間時間
  夏季  :16.38

  その他季:14.32

夜間時間  :10.29
なお、電気を全く使用しなかった場合(使用量が0kWh)、基本料金は半額となります。この場合、力率は85%とみなし、力率割引または割増しはありません。

力率による基本料金の割引および割増

動力における力率によって、以下の割引、割増があります。

  力率が85%を超える場合:基本料金を5%割引

  力率が85%を下回る場合:基本料金を5%割増

なお、力率とは、交流電力の効率を示す値で、皮相電力に対する有効電力の割合を指します。電線を伝って流れてきた電気は電気機器によって100%利用できるわけではなく、機器によって利用できる割合が異なります。力率が高い機器ほど、電力を効率よく使用していることになります。


このことから、力率による料金の割引、割増が存在します。電力を非効率で利用している(力率が低い)場合は料金が割増になり、効率よく電力を利用している(力率が高い)場合は料金が割引されます。

九州電力の低圧季時別電力で電気料金がお得になる利用者タイプ

低圧季時別電力は、商店・事務所・工場等で動力(照明や小型機器以外の電気機器)を利用する方向けのプランです。低圧電力と比較して、時間帯による料金単価の区分があります。また、低圧電力と比較した場合、基本料金は高くなりますが、電力使用量の単価が安くなっています。特に夜間の料金は割安となっているため、夜間に電気を多く使う方に向いています。本プランの対象は、低圧電力が適用可能な方となります。


動力を利用する商店・事務所・工場向けの料金プランとしては、低圧季時別電力以外にも以下のようなものがあります。

低圧電力

商店、事務所、工場などで動力を使う方向けの一般的なメニュー
また、家庭向けの料金プランとしては、低圧季時別電力以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯

家庭や小さな商店、事務所向けの一般的な料金メニュー

季時別電灯

日中より朝と夕方、朝と夕方より夜間等、より割安の時間帯に電気利用をシフトできる方向け

時間帯別電灯

夜間に電気利用が多い、またはシフトできる方向け

ピークシフト電灯

夏場のピーク時間を避けて電気を利用できる方向け

高負荷率型電灯

電気使用量が特に多く、夜間利用が多い方向け

深夜電力B

23時~7時のみ電気を使用する方向け