九州電力の高負荷率型電灯

九州電力が提供する、高負荷率型電灯とは

「高負荷率型電灯」とは、九州電力が提供している電気料金メニューの一つです。


電気の使用量が多い家庭や商店、事務所向けのプランです。基本料金が10kVAまで固定でかつ割高となっているため、それ以上に電気を利用する方に向いています。なお、基本料金は割高の設定ですが、そのかわり使用量単価が割安となっています。

高負荷率型電灯の季節区分

高負荷率型電灯には、以下の2つの季節区分があります。

夏季

7/1~9/30

その他

10/1~6/30

高負荷率型電灯の時間帯区分

高負荷率型電灯には、以下の2つの時間帯区分があります。

昼間時間

8時~20時

夜間時間

20時~8時

高負荷率型電灯の契約容量

高負荷率型電灯の契約容量は、従量電灯Cに準じて決定されます。

高負荷率型電灯の電気料金

高負荷率型電灯の電気料金は、基本料金+電力量料金となります。基本料金は、契約容量に応じて決定されます。電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。

基本料金(円、税込)

契約容量10kVAまで    

  10,800.00(1契約)

契約容量10kVAを超える場合
   1,080.00(1kVAにつき)

電力量料金(円、税込、1kWh単位)

昼間時間
  夏季  :25.15

  その他季:22.50

夜間時間  :10.29
なお、電気を全く使用しなかった場合(使用量が0kWh)、基本料金は半額となります。また、契約容量が10kVA以下の場合、基本料金は一律の料金となるため、電灯の容量(アンペア)を変更しても、従来電灯のようには電気料金が安くならない場合がありますのでご注意ください。

九州電力の高負荷率型電灯で電気料金がお得になる利用者タイプ

高負荷率型電灯は、電気の使用量が元々多く、特に夜間に電気を多く利用する商店や事務所向けのプランです。


高負荷率型電灯の特徴として、基本料金が割高に、使用量の料金単価が割安に設定されているため、電気を多く利用し、かつ、より割安の時間帯の電気を活用できる方が、特に向いています。

使用量の料金単価は2つの季節(夏季・その他季)、2つの時間帯(昼間・夜間)で設定されています。夏季よりもその他季節が、そして夜間の料金がより割安となります。


家庭向けの料金プランとしては、高負荷率型電灯以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯

家庭や小さな商店、事務所向けの一般的な料金メニュー

季時別電灯

日中より朝と夕方、朝と夕方より夜間等、より割安の時間帯に電気利用をシフトできる方向け

時間帯別電灯

夜間に電気利用が多い、またはシフトできる方向け

ピークシフト電灯

夏場のピーク時間を避けて電気を利用できる方向け