九州電力のピークシフト電灯

九州電力が提供する、ピークシフト電灯とは

一年で最も電気需要が高まる夏場のピーク時間帯(ピークタイム)の電気利用を、別の時間にシフトできる方が対象のメニューです。また、夜間蓄熱型機器(夜間の電気を利用してお湯を作り溜めする機器)を利用している場合は、契約容量の決定時に割安になるような調整が入るため、電気料金がお得になります。


電力会社は、電気需要が高まるピークタイムに電力が不足することを防ぐため、できる限り電力使用時間の分散を図る必要があります。ピークシフト電灯は、そういった目的から作られたプランです。このため、本プランでは、ピークタイムが最も割高の電気料金となっており、需要の少ない夜間が最も割安の料金に設定されています。よって、ピークタイムの電気利用を避け、夜間に電気利用をシフトすることで、電気料金を抑えることができます。

ピークシフト電灯の季節区分

ピークシフト電灯には、以下の3つの季節区分があります。

ピーク時間

夏季  :13時~16時
その他 :なし

昼間時間

夏季  :8時~13時、16時~22時
その他:8時~22時

夜間時間

22時~8時

ピークシフト電灯の契約容量

ピークシフト電灯の契約容量は、原則として従量電灯Cに準じて決定されます。


ただし、使用する電気機器の中に夜間蓄熱型機器(夜間の電気を利用してお湯を作り溜めする機器)がある場合、選択約款に基づく計算式により、契約容量が決定されます(料金が割安になる方向で調整されます)。

ピークシフト電灯の電気料金

ピークシフト電灯の電気料金は、基本料金+電力量料金となります。基本料金は、契約容量に応じて決定されます。電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。ただし、算出後の料金が最低月額料金を下回る場合、電気料金は最低月額料金となります。

基本料金(円、税込)

契約容量6kVAまで    

  1,188.00(1契約)

契約容量6kVAを超える場合
  最初の10kVAまで:1,620.00(1契約)
  10kVA超過分  : 291.60(1kVAにつき)

電力量料金(円、税込、1kWh単位)

ピーク時間       :54.00

昼間時間
     最初の80kWhまで  :21.55
     80kWh超過200kWhまで:28.46

     200kWh超過分    :32.16

夜間時間        :10.29

最低月額料金(円、税込)

ひと月1契約につき:438.48

8時間通電機器割引

8時間通電機器割引とは、8時間通電機器を利用している場合に適用される割引です。8時間通電機器とは、以下のような機器を指します。

 ・主に午後11時~午前7時までの時間に通電する機能を持つ電気温水器

 ・通電時間中は蓄熱を行う機器

割引額は以下となります。

 機器の総容量(入力)1kVAにつき:151.20(円、税込み)

九州電力のピークシフト電灯で電気料金がお得になる利用者タイプ

ピークシフト電灯は、電気の使用量が多く、かつ電力にゆとりがなくなる夏季のピーク時の電気使用を、別の時間帯へシフトできる方に向いています。


具体的には、ピーク時(7~9月の13~16時)、昼間(8時~13時、16時~22時)の料金単価が割高に、夜間が割安になっているため、電気の使用をピーク時から昼間へ、昼間から夜間へシフトすることにより、電気料金が安く抑えることができます。また、夜間蓄熱型機器(夜間の電気を利用してお湯を作り溜めする機器)を利用している場合は、契約容量の決定時に割安になるような調整が入るため、さらにお得です。


なお本プランでは、ピーク時の料金単価が他のプランと比べ特に割高となっていますので、ピーク時に電気を利用する方はご注意ください。


家庭向けの料金プランとしては、ピークシフト電灯以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯

家庭や小さな商店、事務所向けの一般的な料金メニュー

季時別電灯

日中より朝と夕方、朝と夕方より夜間等、より割安の時間帯に電気利用をシフトできる方向け

時間帯別電灯

夜間に電気利用が多い、またはシフトできる方向け

深夜電力B

23時~7時のみ電気を使用する方向け