九州電力の従量電灯

九州電力が提供する、従量電灯とは

「従量電灯」とは、九州電力が提供している電気料金メニューの一つです。


一般家庭、商店、事務所、工場等で照明や小型電気機器を使用する方向けのメニューです。従量電灯は、最も一般的に利用されている電気料金メニューとなります。


電気の料金単価は、使用量に応じて変化します。利用時間帯による変化はありません。このため、利用時間を意識せずに電気を利用したい方に向いています。

従量電灯の種別

従量電灯には、以下の3つがあります。

従量電灯A

使用する最大電流が5A以下

従量電灯B

契約電流が10A~60A以下

従量電灯C

契約容量が6kVA~50kVA未満
本記事では、一般的な従量電灯B、従量電灯Cについて解説します。

従量電灯Bの電気料金

従量電灯Bの電気料金は、基本料金+使用した分の電力量料金となります。ただし、その額が最低月額料金を下回る場合は、最低月額料金が電気料金となります。

最低月額料金(ひと月につき、単位:円)

308.88
基本料金は、契約電流(アンペア)に応じた料金となります。ただし電気を全く使用しなかった月は、半額となります。

基本料金(ひと月につき、単位:円)

10A: 291.60
15A: 437.40
20A: 583.20
30A: 874.80
40A:1,166.40
50A:1,458.00
60A:1,749.60
電力量料金は、使用量(kWh)に応じた3つの単価区分となります。

電力量料金(単位:1kWhにつき、円)

    ~120kWh:17.13
120kWh~300kWh:22.63
300kWh~    :25.57

従量電灯C

従量電灯Cの電気料金は、基本料金+使用した分の電力量料金となります。基本料金は、契約容量に基づき算出されます。契約容量は、契約負荷設備(使用する電気機器)をあらかじめ設定し、その総容量によって決定されます。


基本料金の単価は以下となります。

基本料金(ひと月につき)

291.60(1kVA単位)

電力量料金

電力量料金は、使用量(kWh)に応じた3つの単価区分となります。


     ~120kWh:17.13
120kWh~300kWh:22.63
300kWh~    :25.57

九州電力の従量電灯で電気料金がお得になる利用者タイプ

従量電灯は、最も一般的に利用されている電気料金プランです。一般家庭や比較的小さい規模の商店、事務所、工場等に向いています。


従量電灯の電気料金は、その使用量毎に段階的に単価が設定され、使用量が多くなるほど単価が高くなっていきます。ただし、使用する時間帯による単価の変動はないため、時間を気にせず電気を使うことができます。


家庭向けの料金プランとしては、従量電灯以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

季時別電灯

日中より朝と夕方、朝と夕方より夜間等、より割安の時間帯に電気利用をシフトできる方向け

時間帯別電灯

夜間に電気利用が多い、またはシフトできる方向け

ピークシフト電灯

夏場のピーク時間を避けて電気を利用できる方向け

高負荷率型電灯

電気使用量が特に多く、夜間利用が多い方向け