関西電力の低圧季時別電力

関西電力が提供する、低圧季時別電力とは

「低圧季時別電力」とは、関西電力が提供している電気料金メニューの一つです。


農産物の栽培の為に、冷暖房機器を利用する方向けのメニューとなります。

ビニールハウス等で空調機器に対して利用することができます。


低圧季時別電力は、現在「低圧電力」を利用されている方用の、用途が限定された特殊な料金プランとなります。
なお、低圧季時別電力の電気料金は、契約電力に応じた基本料金と、使用する季節によって異なる電力量料金単価の組み合わせとなります。

低圧季時別電力における契約電力の決定方法

契約電力の決定方法には、以下の2つがあります。これは、低圧電力と同じ決定方法となっています。

契約負荷設備による方法

使用する機器の容量(出力)に基づいて契約電力を算出します。

契約主開閉器による方法

最大電流を制限できる契約主開閉器(ブレーカー)の容量をもとに、契約電力を算出します。複数の動力設備を同時に使用しない、稼働率が低くブレーカーで電気が遮断されても大きな影響を受けない利用者向けです。

低圧季時別電力の季節・時間区分

低圧季時別電力には、以下のように、季節と時間の区分があります。

季節区分

夏季 :7/1~9/30
その他:10/1~6/30

時間区分

昼間時間:8時~22時
夜間時間:22時~翌日8時

低圧季時別電力の電気料金

低圧季時別電力の電気料金は、以下となります。

基本料金(円、税込)

~7kWまで:7,408.80(1契約)
7kW~  :1,058.40 (7kWを超える1kWにつき)

電力量料金(円、税込、1kWh単位)

昼間時間(夏季)  :21.11
昼間時間(その他季):19.37

夜間時間      :14.16

※軽減期間(H27 6/1~9/30)後の料金単価です。

関西電力の低圧季時別電力で電気料金がお得になる利用者タイプ

ビニールハウス等、農産物の栽培のために、冷暖房機器を利用する方向けのプランです。

現在低圧電力を契約しており、かつ夜間に電力を多く利用する方がこのプランに移行すると、電気料金を抑えることができます。


低圧季時別電力の電気料金は、低圧電力と比較すると、昼間時間(8時~22時)が割高に、夜間時間(22時~翌日8時)が割安となっています。

このため、夜間時間(22時~翌日8時)により多く電気を利用するケースで、電気料金が安くなります。


その他、農事系や時期限定の料金プランには以下のようなものがあります。合わせてご参照ください。

農事用電力(かんがい排水用)

農事用のかんがい排水のために電気を利用するプラン

融雪用電力

融雪のために毎年、3ヶ月以上の契約使用期間および契約使用時間を定めて電気を利用するプラン