お風呂の換気扇は24時間つけっぱなしが基本!消さないメリットと気になる電気代は?

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

お風呂は一日の疲れをとってリラックスするための場所ですが、厄介なのが湿気やカビの問題です。

換気扇を回しておくのが一番の対策なのですが、電気代を節約したいからといって換気扇をこまめに消していませんか?

実は換気扇は24時間つけっぱなしにしておくのが良いとされているんです!
こまめにスイッチを切っていては換気扇の効果は半減してしまいます。

お風呂場を清潔に保ち気持ちよく使うためにも、正しい換気扇の使い方を知っておきましょう。

24時間つけっぱなしにしておくメリット

換気扇を24時間つけっぱなしにしておくと、一体どれだけのメリットが得られるのでしょうか?

24時間つけっぱなしのメリットを知ってしまったら、もう「こまめに消す」ことはできなくなってしまうかもしれません。

<メリット1>カビの発生を抑えられる

換気扇は室内を換気するための装置です。

換気扇をつけておくことで浴室内にたまった湿気を外部へと逃がし、カビの発生防止に高い効果が期待できます。

しかし、換気扇の効果が発揮されるのはスイッチを入れて稼働している間だけであり、スイッチを切ってしまえばせっかく外部に逃した湿気が再び浴室内にとどまってしまいます。

なんと、たった1時間スイッチを切っただけで浴室内の湿気は、カビが発生するのに十分なレベルまで溜まってしまうんです!

換気扇は24時間つけっぱなしにして浴室内を乾燥した状態に保っておくと厄介なカビを防げます。

<メリット2>イヤな臭いが残らない

浴室内は、キレイにしているつもりでも使用後の石鹸かすカスや髪の毛などから悪臭が発生してしまうことがあります。

換気扇をつけていない浴室では排水口付近から発生した嫌な臭いが室内にたまってしまい、臭いに気づいて慌てて換気扇のスイッチを入れてもなかなかスッキリと臭いが消えません。

24時間換気扇をつけっぱなしにしていれば発生したイヤな臭いはすぐに外部に排出され新鮮な空気が取り込まれるので、浴室内部にイヤな臭いがとどまる心配がありません。

イヤな臭いはいつ発生するかわかりませんが、24時間換気扇をつけっぱなしにしておけばいつでも臭いのない快適な浴室空間をキープできますよね。

<メリット3>家の寿命を長くする

木造住宅の躯体(くたい)となる木材にとって湿気は大敵です。

特に浴室からあがってくる湿気はたとえ少量であっても毎日少しずつ木材にダメージを与えてしまうため、浴室の湿気対策が不十分だと支えとなる木材にまで湿気による傷みが広がり家の寿命を縮めてしまいます。

24時間換気扇をつけっぱなしにしておくことで家にとって害となる湿気はすみやかに屋外に排出されます。

結果、浴室内部を常に乾燥させておくことで周囲への湿気の害を防ぎ、家の寿命を縮めることがなくなるわけですね。

上手な換気のコツって?

このように、浴室を快適に使い続けるために「換気」はとても重要だということがわかりましたね。

換気扇をつけっぱなしにしておくだけでも換気効果は期待できますが、より効率を上げ浴室をよい状態に保つためにはちょっとしたコツを覚えておくと更に上手に換気ができます。

コツ自体は簡単なものばかりなのでだれでもすぐに実践できます。
費用などの負担もないので積極的に取り入れてみましょう。

<コツ1>浴室は密室状態にする

換気扇を回すときは浴室を「密室」にしておきましょう。

空気を取り入れたいからと浴室のドアをあけっぱなしにしたまま換気していませんか?

浴室内の湿度が高い状態のときにドアを開けたまま換気扇を回してしまうと湿気が浴室から脱衣所の方に流れでてしまい、今度は脱衣所にカビが生えやすくなってしまいます。

ドアを閉めたまま換気扇を回すと湿気の逃げ道がなくなり、換気扇を通って効率よく屋外に排出することができます。

空気を入れ替えたいのならある程度、浴室内の湿気がとれてからドアを開けましょう。

<コツ2>空気が通る所は清潔に

お風呂のドアの下部分にある通気口や換気扇本体など、換気扇使用時に空気の通り道となる部分は常に清潔にしておきましょう。

空気の通り道が汚れていると換気時の空気が汚れてしまい、目に見えない汚れが広がってしまいます。

特に空気取り入れ口となる通気口がカビていると、換気のための空気にカビの胞子が乗ってしまい浴室全体にばらまかれて、カビ発生を促進してしまいます。

カビを防ぐための換気でカビが生えてしまっては本末転倒です。
空気の通り道を掃除して清潔にしてから換気扇のスイッチを入れましょう。

お風呂のドアの下の通気口はホコリが溜まりやすいので、強めのシャワーを当てて汚れを落としてあげるといいかもしれません。

つけっぱなしで電気代は大丈夫?

換気扇は24時間つけっぱなしにしておくほうが
換気効果が高いのですが…気になるのが電気代です。

いくら効果が高くても電気代がかさむようでは
気軽に換気扇をつけっぱなしにしておくわけにはいきませんよね。

結論から言うと、浴室換気扇の電気代を過剰に心配する必要はありません。

換気扇は消費電力が低く、24時間つけっぱなしにしていても電気代はあまりかかりません。

例えば20Wの換気扇を24時間稼動させたとした場合の電気代は
0.020/kWh×27円×24h=約13円/日

数十円程度です。
これが30日とすると、390円。
換気扇をつけっぱなしにしたときの1ヶ月の電気代は390円となります。

消費電力が大きめの20Wの換気扇を24時間つけっぱなしにしても1ヶ月の電気代は400円以下、最新の省エネタイプの換気扇なら60円程度の電気代で収まるものもあります。

多くのメリットがあることを考えれば、24時間つけっぱなしにしておくのに必要な電気代は非常に安いといえるでしょう。

他の場所の換気扇は?

住宅の換気扇は浴室以外にも設置されていますよね。
具体的にはトイレやキッチンなどです。

トイレの換気扇の消費電力は2W程度です。
狭いトイレに対応して小さめのものが多いため消費電力も低く、1ヶ月つけっぱなしにしたときの電気代は50円~60円程度です。

キッチンの換気扇の消費電力は15W〜40W程度です。
料理で出た煙や臭いなどを排出する必要があるため強力なものが多く、1ヶ月つけっぱなしにしたときの電気代は500円~600円程かかります。
ただしミニキッチンに設置されているような小さな換気扇であれば1ヶ月つけっぱなしでも電気代は100円以下です。

また、換気扇で一番電力を消費するのはスイッチを入れて回転速度が上がるまでなので、こまめにスイッチのオンオフを繰り返しているとつけっぱなしにしているよりもかえって電気代が高くなる可能性があります。

キッチンのように料理の時のみ換気が必要な場所を除けば、つけっぱなしにしておいたほうが電気代はお得です。

【節約したい人必見!】これ以上電気代をかけたくない方向けの節約術

あまり電気代がかからないと言っても、

「光熱費にはこれ以上お金かけたくない……」
「お風呂の換気扇を使う分、他で節約したい……」
「生活費に困っているわけではないけど、安くなるなら、安くしたい……」

という方は必見です!

電気、ガス、水道は、どれも生活に必要なものですよね、
なので、使う量を減らそう!としてもなかなか難しかったりします。
私の家も、特に夏の冷房にかかる電気代や、冬のヒーターにかかるガス代はなかなかお金がかかってしまい、毎年困っています……。

そんな方々にオススメの光熱費節約方法は
「ガス会社を切り替える」という方法です!

特にプロパンガスを使用している方々に効果が大きいです!!
プロパンガス会社は会社によって料金設定が異なり、質も量も全く同じガスが異なる値段で、供給されていることがあります!

そのため、今よりも安いガス会社に切り替えることで、今ままで通りの生活をしいていてもプロパンガス代を節約することができるのです!

しかし、ガスを切り替える上で難しいことは、「安いガス会社を見つける」ということです。
ガス会社は全国で約2万店あり、どの会社が”安心できる会社”なのかはなかなか見分けることが難しいです。

また、切り替えたら安くなると言っても、ガス会社に連絡したり、するのがいちいちめんどくさいですよね。
エネピのガス会社紹介サービスでは、厳しい審査基準を通過したガス会社さんの見積価格を無料で紹介しています。

オンライン上で、自分の地域のガスの平均価格を知ることがきるので、今の自分のガス代が高いのか安いのかを無料で確認できます。

またシミレーションをしたからと言って必ずガス会社を変更しなければならないわけではないので、お気軽に試してみてくだささい!

また、ガス会社への解約の連絡などの面倒臭いことを新しいガス会社さんが代わりにやってくれるので、切り替えの面倒臭さも半減されます!

まとめ

ここまでの内容について、簡単に整理しておきましょう。

換気扇を24時間つけっぱなしにしておくメリットは何ですか?
換気扇を24時間つけっぱなしにしておくことで、①カビの発生を抑えられる ②イヤな臭いが残らない ③家の寿命を長くする 効果があります。
換気扇を24時間つけっぱなしで電気代は大丈夫ですか?
消費電力が大きめの20Wの換気扇を24時間つけっぱなしにしても1ヶ月の電気代は400円以下、最新の省エネタイプの換気扇なら60円程度の電気代で収まるものもあります。 多くのメリットがあることを考えれば、24時間つけっぱなしにしておくのに必要な電気代は非常に安いといえるでしょう。
これ以上光熱費をかけたくないのですが、何かよい節約術はありますか?
あまり電気代がかからないと言っても、安くなるなら、安くしたいですよね。 そんな方々にオススメの光熱費節約方法は「ガス会社を切り替える」という方法です! 特にプロパンガスを使用している方は、ガス会社を切り替えるだけで、今ままで通りの生活をしいていてもプロパンガス代を節約することができます。

電気機器はスイッチをこまめに消すことが省エネにつながると思いがちですが、浴室の換気扇に関しては24時間つけっぱなしにしておきましょう。

ちょっとしたコツを実践するだけで浴室をより快適な空間に保てます。

大切な住まいに長く住み続けるためにも、浴室の換気扇は24時間つけっぱなしにしておきましょう!

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?