Img tel 433e3731f9d14120439bb47e16830c4fc6876dc02cf87f73ea30c0fb489bff66
Thumb cover 256 %e6%9d%b1%e5%8c%97%ef%bc%91

東北地方の電力会社「東北電力」の特徴と電気料金プランとは

東北地方の電力会社「東北電力」が、電気の新料金プランを発表しました。顧客にとってどのようなメリットがあるのか、東北電力の特徴と電気料金プランをお伝えします。

「より、そう、ちから東北電力」これは、電力小売全面自由化に合わせて東北電力が新たな取り組みについて発表したキャッチフレーズです。

この言葉の意味には「お客様の希望や要望に対して“より沿う“ようなサービスを提供していく」と「東北・新潟の未来にしっかり“寄り添う“取り組みで、発展していける活動を継続していく」の2つの意味があるそうです。

東日本大震災という大災害を乗り越えてきた東北電力。新たな時代を向かえての取り組みをご紹介しましょう。

東北電力ってどんな会社

 

東北電力は、青森県・秋田県・岩手県・山形県・宮城県・福島県の東北6県に加えて新潟県を含めた7県に電力を電力を供給している、大手電力10社の1つです。

売り上げ規模は、東京・関西・中部電力に次いで4番目になっています。

一般的には、夏の気温の上昇に伴い電力需要のピークとなりますが、東北電力管内は寒冷地と言う事もあって、気温が下がる冬に電力需要のピークとなる特徴があります。

東日本大震災時にもしっかりした対応に努め、被害の少なかった新潟県から大量に被災地に人員を送り込み、短期間での復旧を実現しました。

また電力不足時にも外国から発電機を買い付けて、被災地ながら計画停電を一度も行わずに乗り切ってきました。

 

東北電力管内の新電力会社の動向は

 

東北電力管内は、東京電力・関西電力といった都市部に比べると、まだされほど小売電気事業者の動きもそれほど活発ではありません。

しかし、全国で売り上げ規模が4位の地区でもあることから、準備を整えてさまざまな新電力会社が参入してきています。

主な参入している小売電気事業者は、イーレックス・ミツウロコ・auでんき・エネワンでんき・H.I.S.などがあげられます。

また東北電力自身も、東京電力管内において電力の販売を行う予定です。

 

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

東北電力の新たな料金メニュー

 

東北電力の料金メニューは今まであった従量電灯Bと従量電灯Cについてはそのまま継続し、やりくりナイト810Sはそれぞれよりそう+ナイト810Sに名称を変更します。

ピークシフト季節別時間帯別電灯もよりそう+サマーセーブに名称変更されます。

そして新たな料金メニューとしてよりそう+シーズン&タイムよりそう+ナイト12よりそう+ナイト&ホリデー3つが追加設定されました。

よりそう+シーズン&タイム

東北地区特有の暖房器具による使用量が増える冬季のピーク時の電気料金と、夏の冷房によるピーク時の電気料金を節約することで、夜間の料金を大幅に安く使えるように設定した料金メニューです。

共働きなどで日中の在宅率が低く、夜間多くの電機を使用するような家庭に向いている料金メニューです。



よりそう+シーズン&タイム料金表    

 

区分 単位 料金単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 10kVA以下の場合 1契約 1,944円00銭
上記をこえる 1kVA 432円00銭
実量契約 10kW以下の場合 1契約 2,662円20銭
上記をこえる 1kW 594円00銭
電力量料金 昼間 冬季ピーク 1kWh 42円36銭
夏季ピーク 1kWh 42円36銭
その他季ピーク 1kWh 38円50銭
オフピーク 1kWh 26円24銭
夜間 1kWh 11円22銭

「よりそう+ナイト12」

今までの料金メニーにあった「やりくりナイト10(22時~8時まで)」よりも、電気代が安くなる時間帯を長くした「よりそう+ナイト12(21時~9時まで)」です。

よりそう+シーズン&タイム」と比較すると季節による料金の区分がないので、夏や冬に無理して節約する必要が無いのが特徴です。

 

よりそう+ナイト12料金表】

区分 単位 料金単価(税込)
基本料金 主開閉器契約 6kVA以下の場合 1契約 1,404円00銭
6kVA~10kVA 1契約 1,944円00銭
上記をこえる 1kWh 324円00銭
実量契約 6kW以下の場合 1契約 1,922円40銭
6kVA~10kVA 1契約 2,662円20銭
上記をこえる 1kWh 442円80銭
電力量料金 昼間 最初の70kWhまで 1kWh 25円95銭
70kWh~170kWhまで 1kWh 35円40銭
170kWhをこえる 1kWh 40円92銭
夜間 1kWh 11円71銭

よりそう+ナイト&ホリデー

夜間の電力金が安くなる「よりそう+ナイト12」の料金メニーに休日の期間も電気料金が安くなる設定を加えたのが「よりそう+ナイト&ホリデー」です。

夜間も在宅率が高く、休日は自宅でのんびり過ごしたい方にはオススメの料金メニューです。

 

よりそう+ナイト&ホリデー料金表】

区分 単位 料金単価(税込)
基本料金 3kVA以下の場合 1契約 972円00銭
4kVAの場合 1契約 1,296円00銭
5kVAの場合 1契約 1,944円00銭
6kVAの場合 1契約 2,592円00銭
電力量料金 平日昼間 最初の60kWhまで 1kWh 23円59銭
60kWh~140kWh 1kWh 32円18銭
140kWhをこえる 1kWh 38円62銭
夜間・休日 1kWh 15円59銭

東北電力のお得な特典は

東北電力は20164月からの電力自由化に合わせて新たなWebサービス「よりそうeねっと」を開始しています。

よりそうeねっとは、毎月使用した電気料金・使用量などをPCやスマホで確認できたり、会員登録したりアンケートに答えたりするとポイントが付与されるサービスです。

付与されたポイントはご当地商品と交換したり、アマゾンギフト券や電子マネー・共通ポイントに交換したりすることができるようですね。

また、今契約している料金メニューが最適に契約されているのか、シュミレーションをして最適なメニューの提案をしてくれるサービスもあります。

 

東北電力のオススメポイントは

 

東北電力は、東日本大震災であれだけの災害に見舞われながらも、迅速な対応で被災地での電力復旧に努めてきました。

また、東京電力の福島第一原子力発電所があれだけの事故を起こしながら、一方の東北電力の女川原子力発電所は、危機管理意識が高かったため最低限の被災で済んだと言われています。

震災後も各社が続々と電料金の値上げ機踏み切る中、東北電力は被災地と言うことを考慮してぎりぎりまで値上げには踏み切りませんでした。

このように東北電力は「より、そう、ちから」とキャッチフレーズにもある様に、常に利用者の立場を考えた電力会社と言えます。

もちろん長年培ってきた実績による安心感もありますが、利用者に寄り添い優しい電力供給を行ってくれるところが東北電力の最大のオススメポイントです。

 

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

この記事と関連する記事