Logo c11660abc7b9c87ceca27d40fe8f3e3896e4ad9da69317f7a598ab000774ade6

新電力「H.I.S(HTBエナジー)」の特徴と電気料金プランとは

H.I.Sの新電力会社「H.I.S(HTBエナジー)」 が、電気の新料金プランを発表しました。顧客にとってどのようなメリットがあるのか、H.I.Sの特徴と電気料金プランをお伝えします。

H.I.Sってどんな会社

H.I.Sは国内外の旅行の企画・販売・手配を総合に取り扱う総合旅行会社です。設立は1980年で2002年には東証1部上場しています。

H.I.S2010年に当時経営不振にあったハウステンボスを子会社化し、そのハウステンボスや新電力のノウハウを持つスマートエナジー社と共に共同出資する形で小売電気事業者のHTBエナジーを設立させました。

電力小売全面自由化以降の電力販売についての運営はHTBエナジーが行いますが、知名度の低さから電力販売のネーミングはH.I.Sで行っていくようです。

 

H.I.Sが契約できるエリアは

 

H.I.Sが電力を供給するエリアは、北海道電力・東北電力・東京電力・中部電力・関西電力・中国電力・九州電力のエリアとなっています。

なかなかエリアを拡大できない新電力会社も多い中で、7つのエリアに電力供給しているH.I.Sは、かなり広域に対応していると言えるでしょう。

H.I.Sの持つ発電所は

 

HTBエナジー社の主な電力の調達先としては、株主でもある九州電力や日本卸電力取引所からとしていますが、現在自社による発電所の建設に力を入れています。

大分県別府市に出力40kWの地熱発電所を所有し、すでに稼働していて売電に活用しています。

またハウステンボスの敷地内にもガスエンジン発電機を導入して自主電源として活用し、余剰電力は販売していく計画です。

さらに将来的な契約として、東京・関西電力管内に100kWを越える火力発電所の建設を計画し、大需要エリアへの電力供給にも対応できる体制を整える考えのようです。

 

H.I.Sの新料金プラン

 

H.I.Sの料金メニューは、7つの電力会社の一番標準的な従量電灯A/Bと大型住宅や小売店など向けの従量電灯B/C2つに分類されます。

料金メニューのネーミングがユニークで、東京電力管内は「東京大江戸プラン」、中部電力管内は「中部しゃちほこプラン」、関西電力管内は「関西たこやきプラン」、中国電力管内は「中国もみじプラン」、九州電力管内は「九州めんたいこプラン」、北海道電力管内は「北海道かにプラン」、東北電力管内は「東北なまはげプラン」といったようにご当地にちなんだネーミングを採用しています。

たのしいでんき 東京大江戸プラン 従量電灯B 電気料金表

料金分類 電力会社料金 H.I.S.の電気料金(既存電力会社の5%引)
基本料金 10A 280円80銭 266円76銭
15A 421円20銭 400円14銭
20A 561円60銭 533円52銭
30A 842円40銭 800円28銭
40A 1,123円20銭 1,067円04銭
50A 1,404円00銭 1,333円80銭
60A 1,684円80銭 1,600円56銭
従量料金 120kWhまで @19円43銭 @18円46銭
120~300kWhまで @25円91銭 @24円62銭
300kWhから @29円93銭 @28円44銭

たのしいでんき 関西たこやきプラン 従量電灯A 電気料金表

料金分類 電力会社料金 H.I.S.の電気料金(既存電力会社の5%引)
最低料金 最初の15kWhまで 373円73銭 355円05銭
従量料金 15~120kWhまで @22円83銭 @21円69銭
120~300kWhまで @29円26銭 @27円80銭
300kWhから @33円32銭 @31円66銭

たのしいでんき 中部しゃちほこプラン 従量電灯B 電気料金表

料金分類 電力会社料金 H.I.S.の電気料金(既存電力会社の5%引)
基本料金 10A 280円80銭 266円76銭
15A 421円20銭 400円14銭
20A 561円60銭 533円52銭
30A 842円40銭 800円28銭
40A 1,123円20銭 1,067円04銭
50A 1,404円00銭 1,333円80銭
60A 1,684円80銭 1,600円56銭
従量料金 120kWhまで @20円68銭 @19円65銭
120~300kWhまで @25円08銭 @23円83銭
300kWhから @27円97銭 @26円58銭

 

ご紹介したのが東京電力管内の「東京大江戸プラン 従量電灯B」、関西電力管内の「関西たこやきプラン 従量電灯A」、中部電力管内の「中部しゃちほこプラン 従量電灯B」の3つです。

いずれのプランも従量電灯のプランで、時間や曜日によっての料金単価の違いがなく、つねに同じ料金プランです。


お得なポイントとして、料金は5%割引を保障するとのこと


この他の電力会社のプランも含めたすべてのプランに共通して言える事は、それぞれの契約している大手電力会社の料金よりも、基本料金・従量料金共に5%ほど安くしていることです。

5%の割引きはH.I.Sの電気料金の最大の特徴となっています。


料金の仕組みも複雑になっていて、セット割引きなどの特典を併用しないとほとんど電気代が安くならない会社も多い中で、明確に今の電陸会社よりも5%割引きになるというシステムは単純でわかりやすいシステムと言えるでしょう。

H.I.Sのお得な特典は

 

H.I.Sの特典としては、電気料金が今よりも5%割引きになるだけでもお得ですが、さらに旅行会社の強みを生かして、電気とセットで申し込みすると海外5万円以上・国内3万円以上のツアー料金が海外旅行が2,000円割引きとなり、国内旅行が1000円の割引きとなるキャンペーンを3月末まで行っています。

今後もこういった旅行会社の強みを生かしたお得なキャンペーンを展開していくと思われます。

 

H.I.Sのオススメポイントは

H.I.Sのオススメポイントは、まずは1つに現在契約している電力会社よりも電気料金が5%安くなる事を保証しているというお得なところです。

2つめにハウステンボスから生まれたHTBエナジーが電力を供給するしっかりとした土台があるという、安心感です。

3つめに全国にある300箇所のH.I.Sの店舗に置いて契約の手続きができるほか、インターネットを利用してスマホやタブレットからでも簡単に契約できるというところです。

プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります