Thumb cover 256 fireshot capture 57   %e5%8c%97%e3%82%ac%e3%82%b9%e3%81%ae%e9%9b%bb%e6%b0%97 %e5%8c%97%e6%b5%b7%e9%81%93%e3%82%ac%e3%82%b9%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e4%bc%9a%e7%a4%be   http   denki.hokkaido gas.co.jp index.html

北海道の新電力「北海道ガス」の特徴と電気料金プランとは

北海道の都市ガス会社「北海道ガス(通称:北ガス)」が、電力自由化に伴い、新規参入、新たな電気料金プランを発表しました。北ガスに切り替えると電気代は顧客にとってどのようなメリットがあるのか、北海道ガスの特徴と電気料金プランをお伝えします

北海道ガスってどんな会社

北海道ガスは北海道札幌市に本社を置き、設立はなんと明治44年と長い歴史を持つ会社です。

 

主な事業は、札幌市・小樽市・函館市・千歳市などに都市ガスを供給販売しています。

 

そんな北海道電力が、今回の電力全面自由化に伴い小売電気事業者として登録し、一般家庭用の電力販売に乗り出しました。

 

北海道地区は、これまで電力供給していた北海道電力の火力発電所の比率が高く、燃料費の高騰の影響などで、他の地区と比べても電気料金が高いことで知られています。

 

北海道は寒冷地で光熱費の負担も多いことから、少しでも電気料金が安くなることを望む声も多く、電力自由化の北海道ガスへの期待は高まっているようです。

 

北海道ガスのエネルギーへの取組は

ガス会社なのにどうして電気が販売できるの?と考える方も多いと思いますが、元々ガス会社は発電するのに必要な天然ガスを普段より仕入れていることもあって、燃料には困りません。

 

その燃料を活用して大手ガス会社は、各地に格安で電気を作る発電所を作っています。その流れに乗り北海道ガスも、自社グループの天然ガスを使ったコージェネレーションでの電力を活用していく考えです。

 

また環境に配慮した再生可能エネルギーにも取り組んでいて、バイオマス発電所での電力も使って電力供給していきます。

「北海道ガス」が契約できるエリアは

北海道ガスが契約できるエリアは、基本的にガスの契約をしている家庭に対して主に販売していくようです。したがって電力の供給エリアも、ガスの供給エリアと同じになるということになります。

 

北海道地区は新電力への参入している会社が比較的少ないこともあり、今後、エリアの拡大についてもおそらく検討していくと思われます。

「北海道ガス」の料金プランは

北海道ガスの料金プランは、一般家庭用としては北海道ガスとガスの契約をしている家庭用と契約していない家庭用に分けて設定しています。

 

やはりガス会社だけに、ガスの契約があってこそより安い電力を供給していこうという考え方のようです。

 

それでは、北海道電力と北海道ガスの契約ありと無しの3つの料金を比較してみましょう。

 

種別 区分 単位  北海道電力   北ガス契約有   北ガス契約無 
基本料金 契約電流 10A 1契約 334円80銭
15A 502円20銭
20A 669円60銭
30A 1,004円40銭
40A 1,339円20銭
50A 1,674円00銭
60A 2,008円80銭
 電力量料金   最初の120kWhまで  1kWh 23円54銭 22円83銭 23円30銭
120kWh~280kWh 29円72銭 28円82銭 29円42銭
280kWh以上 33円37銭 32円36銭 33円03銭

料金の比較表を見ていただくとわかるように、基本料金については北海道電力・北ガス契約有・北ガス契約無の3つの場合ともすべて同じ料金となっています。

 

ではどこで電料金が安くなるかというと、いくら電気を使ったかで計算される電力量料金で、北海道電力が一番高く、次に北ガス契約無の場合で、一番安いのが北ガス契約有の場合ということになります。

 

他の新電力会社の場合は、第一段階の最初の120kWhまでの電力量料金の場合は、大手電力会社の場合と同じかもしろ少し高いところもありますが、北海道ガスの場合は第一段階の120kWhまでの電力量料金から、北海道電力よりも安く設定しているところに特徴があります。

 

こういった特徴があると、少ない電気料金の家庭でも恩恵があり、新電力会社に変更したことで電気料が今までより高くなるようなことはないようですね。

 

ただし料金プランはこれだけで、オール電化住宅向けのプランなどは準備されていません。オール電化住宅の場合は、専用の料金プランを利用しないと今よりも料金が高くなる可能性が高いので、注意が必要です。

 

付帯契約

従量電灯Bプラスまたは従量電灯Cプラスをご契約中で、特定のガス機器をご使用のお客様燃料費量整額を除いた電力量料金に対して適用されます。
付帯割引種別  割引率   主な適用条件 
給湯・暖房・融雪割 1% 給湯能力10号以上の給湯器・FF暖房機・ロードヒーティングのいずれかを
設置し使用する場合。
 給湯+暖房割  2% ガスセントラルヒーティングまたは給湯器+暖房機設置し使用する場合。
マイホーム発電割 3% エコウィル、コレモ、エネファームのいずれかを設置し使用する場合。
灯油 セット割 2% 家庭用として北ガスグループ会社の灯油定期配送契約を締結し、北ガスグループ会社からのみ給油している場合。

付帯契約として準備されていて、給湯・暖房・融雪割引として1%、ガスの給湯・暖房割引として2%、マイホーム発電割引として3%、灯油 セット割引として2%が、それぞれに割引されます。

北海道ガスのお得な特典は

通常の特典としては、契約者のガスや電気の使用量に応じてポイントが付与されます。ガスや電気両方にポイントが付くのはうれしいですよね。

また契約継続ポイントとしても最大500ポイントが進呈されることになっています。またエネルギーに関するアンケートに応募すると抽選で500円分のクオカードが当たます。

 

北海道ガスの最大のメリットは

北海道地区は、寒冷地故に冬期間はかなりの光熱費の負担があります。そんな事情を考慮するなら電気料金は他の地区よりもより安くしてもいいはずが、全国的にも一番高い水準になっています。

 

北海道に住んでいる方は、電気代を今までよりもより安くしたいと考えるのは当然のことですよね。

 

でもその電気料金を安くするための新電力会社も、これまで参入を表明しているのはJ:COM・ソフトバンクでんき・HTBエナジーなどまだ数社しかなく、すべて北海道以外の会社です。

 

そんなこともあり、当然のことながら地元北海道の新電力会社の北海道ガスへの、道民の期待は大きいはずです。

 

北海道ガスの最大のメリットは地元北海道内の企業であり、北海道内で作った電力を供給しているという点が上げられます。やはり地元企業には、他にはない身近な安心感があります。

 

ぜひ道産子パワーで、競争の激しい新電力業界の中で躍進してほしいですね。

プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります

この記事と関連する記事

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。