オール電化のアンペアはどれだけ必要?

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

皆さん、今ご自宅が電力会社と契約している容量は何アンペアかご存知ですか。オール電化を導入する場合、かなりの電気を使用するために、現在の契約容量では足りなくなる可能性があります。そんなときどうすればよいか勉強してみましょう。

電力会社の契約容量

まず、現在の契約容量は、毎月電力会社が発行する電気使用量のお知らせ(検針票)のご契約という欄で確認することができます。たとえば、「ご契約」の欄に、40Aと記載があれば、契約容量は40Aということが分かります。

使用する家電製品の消費電力が仮に500Wだとすると、500Wは5Aになります。このように実際に使用する電気製品の消費電力を調べて、その数字を合計すると3,500Wになったとすると、40Aは4,000Wなのでまだ500Wの余裕があると言うことになります。逆に、合計すると6,000Wになったとすれば、6,000Wの家電製品を同時に使った場合には、20Aほどの容量不足ということになり、間違いなくブレーカーが落ちてしまいます。

ただ、現実的に考えて家庭にある電気製品をすべて同時に使うことは、あまりないと思われますので、家族の在宅時間や使用業況を考えて、試算する必要があります。

オール電化での契約容量

IHクッキングヒーターとエコキュートを新たに導入した場合を想定して計算してみると、IHクッキングヒーターの場合3.0kWが2口とすると3.0kW=3,000Wなので2口で6,000Wとなり、これだけで60Aの容量が必要ということになります。さらにエコキュート1.5kW=1,500Wで合計7,500Wということは、計算上はオール電化だけで75A必要ということになります。

しかし、エコキュートは他の電気製品がほとんど使われない深夜に動くのがほとんどで、IHクッキングヒーターも2口とも最大で使用した場合の想定なので、ここまでの容量は必要ないと思われますが、最低でも60A程度の契約は必要と思われます。

各電力会社のホームページでシミュレーションしたり、お近くの電気工事店などに相談して試算してもらっても良いでしょう。

契約容量の変更手続きの方法

電気使用量のお知らせに記載のある、お客様番号を確認したうえで電力会社に電話すると手続きが進みます。基本的には電力会社がアンペアブレーカーを無料で交換してくれるので、基本料金が多少高くなるだけで手続きは完了です。ただ、現在の設備のままでは今の容量以上の契約をするために、既存設備の配線の問題で電気工事が必要なケースもあるので、よく電力会社からの話を確認した上で、進めることが大事です。

まとめ

維持費も安く安全なオール電化ですが、契約容量の問題をよく理解しておかないと、導入に当たり、オール電化の機器以外に思いがけない費用が発生する場合があります。事前に充分理解しておきましょう。

プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?