東北電力のピークシフト季節別時間帯別電灯

東北電力が提供する、ピークシフト季節別時間帯別電灯とは

「ピークシフト季節別時間帯別電灯」とは、東北電力が提供している電気料金メニューの一つです。

ピークシフト季節別時間帯別電灯では、夏季の電気需要が逼迫するピーク時間と、昼間時間、夜間時間で料金単価が設定されています。
ピーク時間の単価が割高で、夜間時間の単価が割安となっているため、ピーク時間の電気利用を昼間および夜間にシフトできる方が本メニューを契約すると、電気料金を節約することができます。

ピークシフト季節別時間帯別電灯の季節区分

ピークシフト季節別時間帯別電灯には、以下の2つの季節区分があります。

 季節区分
   夏季  :毎年7月1日~9月30日

   その他季:毎年10月1日~翌年6月30日

 時間帯区分
   ピーク時間:夏季の毎日午後1時~午後4時
   昼間時間 :ピーク時間を除く毎日午前7時~午後11時
   夜間時間 :毎日午後11時~翌朝の午前7時

ピークシフト季節別時間帯別電灯の電気料金

ピークシフト季節別時間帯別電灯の電気料金は、基本料金+電力量料金となります。
基本料金は、契約容量に応じて決定されます。電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。
なお、電気を全く使用しなかった場合、基本料金は半額となります。

基本料金(税込)

契約容量6kVA以下の場合   
  1,404円00銭(1契約)
契約容量6kVAをこえる場合
  最初の10kVAまで:1,944円00銭(1契約)
  10kVA超過分  : 324円00銭(1kVAにつき)

電力量料金(税込)

ピーク時間:      :53円83銭(1kWh単位)
昼間時間
  最初の90kWhまで  :19円73銭(1kWh単位)
  90kWh超過230kWhまで:26円91銭(1kWh単位)
  230kWh超過分    :36円71銭(1kWh単位)
夜間時間        :10円92銭(1kWh単位)

最低月額料金(税込)

ひと月1契約につき:330円48銭

東北電力のピークシフト季節別時間帯別電灯で電気料金がお得になる利用者タイプ

ピークシフト季節別時間帯別電灯は、夏季の電力需要のピーク時の電気使用を別の時間帯に移動できる方向けの電気料金プランです。

電気料金の単価がピーク時間、昼間、夜間に区分されており、ピーク時間から昼間、昼間から夜間へ電気利用をシフトすることにより、電気料金を節約できます。


その他の料金プランとしては、ピークシフト季節別時間帯別電灯以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯B・C

・一般家庭向けの料金プラン
・時間帯による料金単価の違いがなく、時間を気にせず利用可能

時間帯別電灯

・昼間と夜間で料金単価が異なるプラン
・安価な夜間の電気を上手に利用できる方向け

季節別高負荷率電灯(セーブ上手Sプラン)

・料金単価が季節別に設定された、商店や事務所向けのプラン