中部電力のピークシフト電灯

中部電力が提供する、ピークシフト電灯とは

「ピークシフト電灯」とは、中部電力が提供している電気料金メニューの一つです。


一年で最も電気需要が高まる夏場のピーク時間帯(ピークタイム)の電気利用を、別の時間にシフトできる方が対象のメニューです。電力会社は、電気需要が高まるピークタイムに電力が不足することを防ぐため、できる限り電力使用時間の分散を図る必要があります。ピークシフト電灯は、そういった目的から作られたプランです。

このため、本プランでは、ピークタイムが最も割高の電気料金となっており、需要の少ない夜間が最も割安の料金に設定されています。よって、ピークタイムの電気利用を避け、夜間に電気利用をシフトすることで、電気料金を抑えることができるようになっています。


なお、本プランは、従量電灯プランの適用範囲の方で、電気利用を昼間から夜間に移行できる方が対象です。このため、元々夜にしか電気を使わないアパートの共用灯などの需要には適用できません。

ピークシフト電灯の季節区分

ピークシフト電灯には、以下の2つの季節区分があります。

夏季

7月1日~9月30日

その他

10月1日~翌年6月30日

ピークシフト電灯の時間区分

ピークシフト電灯には、以下の2つの時間区分があります。

ピークタイム

夏季  :13時~16時(月曜~金曜のみ。土・日・祝日は除く)
その他季:なし

デイタイム

夏季  :ピークタイムを除く7時~23時
その他季:7時~23時

ナイトタイム

夏季  :23時~翌朝7時
その他季:23時~翌朝7時

ピークシフト電灯の電気料金

ピークシフト電灯の電気料金は、以下となります。
なお、契約容量の決定方法は、従量電灯Cのそれに準じます。

基本料金(円、税込)

・契約容量6kVAまで    

  1,296.00(1契約)

・契約容量6kVAを超える場合
  最初の10kVAまで:1,944.00(1契約)
  10kVAをこえる : 280.80(1kVAにつき)

電力量料金(円、税込、1kWh単位)

ピークタイム    :57.46

デイタイム
     ~90kWh :23.67
 90kWh ~230kWh:28.73

 230kWh~    :31.74

ナイトタイム    :13.45

最低月額料金(円、税込)

ひと月1契約につき:348.84

ひと月の電気料金は、基本料金+電力量料金です。ただし、算出後の料金が最低月額料金を下回る場合、電気料金は最低月額料金となります。

このほか、従来からこのプランを利用している方には、夜間の電気を利用するタイプの機器に対する、5時間通電機器割引額、マイコン型蓄熱機器割引額などが適用されます。ただし、新規契約ではこの割引は適用されませんのでご注意ください。

中部電力のピークシフト電灯で電気料金がお得になる利用者タイプ

ピークシフトプランは、日中あまり電気を使用しない家庭向けのプランです。特に、夏場の電気需要がピークとなる時間帯の電気利用をシフト(別の時間帯に電気の利用時間を移動)できる方に向いています。

ピークシフトプランでは、ピークタイム、デイタイム、夜間の3つの時間帯で料金単価が区切られており、以下のように料金が設定されています。

(割高)ピークタイム > デイタイム > ナイトタイム(割安)

これは、ピークタイムが最も割高で、ナイトタイムが最も割安であることを示します。よって、電気の使用時間をピークタイムからデイタイムへ、デイタイムからナイトタイムへ移動できる方が、最もこのプランの恩恵を受けることができます。


このほかにも、時間帯で料金単価が変わるプランには以下のようなものがあります。

タイムプラン(時間帯別電灯)

昼間と夜間で単価が異なるプラン、夜間に電気を使う方向け

Eライフプラン(3時間帯別電灯)

日中の電気使用単価を3つに区分したプラン、すべての熱源を電気でまかなう方向け