こんなにお得?ガス・電気のセット割プランとは

\電気よりも節約できる!/
【無料】プロパンガスをもっと安くしたい方はコチラ▶

電力自由化や2017年都市ガス自由化に伴い、各社セット割が充実してきております。

では電力会社、ガス会社、プロパンガス(LPガス)でのセット割ではそれぞれでのようなものがあるのでしょうか。

その中で厳選して紹介します。

セット割とは

そもそもセット割とは、正式にそのような言葉はありませんが、主に月額のサービスにおいて対象サービスに他のサービスを付帯させ、個別に使用するよりも安い料金、あるいは高サービスを受けられる、というプランです。

日本では生活費を扱うサービスだけでなく、様々な業界で利用されている手法になっています。

電気・ガスにおけるセット割の現状

2016年4月の電力自由化に伴い、多くの会社が「新電力」として小売に参入しました。

その中でも多くの会社が、セット割などの付帯・付加価値サービスを売りにしたプランを展開しています。

また都市ガスについても、2017年の自由化に向けて、様々な付帯サービスの展開を広げています。

これにより、ガス会社が電力へ参入して実現するセット割に加え、電力会社のガスへの参入というパターンも選べるようになり、さらなるサービスの拡大が見込まれます。

エネルギー系

電気

一番多いのが電気のセット割ではないでしょうか。

大手プロパンガス(LPガス)会社から、中堅ガス会社まで幅広く展開しています。

ポイントとしては、電気だけではそこまでメリットが出なくても、電気とセットだと合計額は安くなる、というものです。

それでは、電気とのセット割について、都市ガス・プロパンガスそれぞれ紹介していきます。

都市ガスにおけるセット割の現状

まずは、都市ガスのセットについて紹介していきます。

東京ガスでは、以下に提示するたった3つの条件を満たしていれば、電気料金の基本料金が毎月270円お得になるプランを提供しています。

(1)東京ガスの都市ガスと電気使用場所

(2)ガスと電気契約者

(3)ガス料金電気料金合算して支払うことができる

ほとんどの方がクリアできそうな条件ですね!是非セット割を使って、お得な生活を送ってください。

 

プロパンガスにおけるセット割の現状

プロパンガスにおいては、供給料金をどれだけ安くできるか、あるいは販売や機器のセットならどうなるか、というようなサービスが多く、昔から続くいわゆる「燃料店」としての印象が色濃くあります。

また、料金が地域・対象物件によっても大きく変わるので、ネットなどでのオープンなイメージ戦略が取りづらく、各社似たようなサービスというイメージに落ち着いているのが現状です。

その中でも、ユニークな取り組みを展開されているものだと具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

enepiでは、独自に取材した様々なプランを紹介していきたいと思います。

今回は、セントラル石油瓦斯株式会社から出た「セントラルパワー」を紹介します。

このプランを使うとなぜお得になるのでしょうか。
調べたところ、その秘密は、特定使用量割引という仕組みにあるようです。

これは、ひと月あたりの電気使用量が一定の基準に達した場合、基本料金と電力量料金の合計額に割引が適用されるというものです。

具体的な数値を見てみると、ひと月の電気使用量が350kWh以上の場合、約5%の割引が見込めるようです。
5%は大きいですね!

しかし、これでは電気使用量が多い家庭にしか利益がないように感じてしまいます。

そこで、電気代・ガス代が高いとお困りの核家族・一人暮らしの方にもお得な中央セントラルガスのガス電気のセット割をおすすめします。

このプランは、電気をそれほど使わない方に配慮した電気使用量基準となっています。

つまり、電気代、ガス代の高さにお困りな方は誰でもセット割でお得になるチャンスがあります。是非、お試しください。

次は、電気以外のセット割を紹介していきます。

灯油

こちらも電気同様な考え方です。
主に東北や北海道で多くある取り組みです。
中には電気・ガス・灯油のセットなどもあります。

サイサンが提供している電気料金プラン、3点セット割引に電気+プロパンガス(LPガス)+ウォーターサーバーとセットで申し込むと月250円お得に。

また、インターネットや消臭・防菌剤、灯油とセットで年間約600円お得になります。

灯油

クレジットカード

クレジットカードを使ってお得になる方法として、ガステックサービス会社が展開するサービスを紹介します。

このプランのメリットは、多様なオプションが設置されているため、個々人のライフスタイルに合わせてお得なプランを決めることができるという点です。

例えば、サーラカードで毎月のガス料金を支払った場合には、基本料金から100円引きになる、またガスの給油を使用している方は毎月のガス使用量が15㎥以上の場合には、10%の割引になります。

他にも、たくさんのオプションがあるので、是非ご自身のライフスタイルにあったプランを選択してみてください。

ウォーターサーバー / ミネラルウォーター

続いてはウォーターサーバーです。
皆さんも引っ越しをする際に、不動産からウォーターサーバーを勧められた経験はありませんか?

ウォーターサーバーもサーバー代と設置費用の初期費用を月々の料金で回収するモデルとして多くの会社は展開しています。

つまりこれをプロパンガス(LPガス)の月額の料金とセットにする、ということを行っている会社があります。

そもそもこのウォーターサーバーは訪問販売されるような商材ですので、取り扱っている会社も多いです。

サーラという会社が展開するサービスでは、

・ガスの料金メニューが家庭用選択約款である

・戸建持家に住んでいる

・対象サービスの契約の需要場所が、ガスの契約の需要場所と同じ敷地内

・ガス料金を、口座振替又はクレジットカード払いで支払える

という4条件を満たしていれば、ガスと宅配水のセット割を結ぶことができます。
ウォーターサーバーをよく飲む皆さん、是非お試しください。

ウォーターサーバーの電気代ってどれくらい?人気メーカー10社比較!
ウォーターサーバー / ミネラルウォーター

回線系

インターネット

インターネット回線と一緒にした場合のものもあります。

東京ガスが提供している、東京ガストリプル割を使えば年間約2万円の節約が可能になります。

契約の条件は、東京ガスの電気・ガスに加え、指定されたインターネットを使うこと。

お申込みも3ステップで完了と容易なようなので、是非ご検討ください。

インターネット

ポイント系

クラブポイント(会員制)ベネフィット

(長野プロパン)
こちらはプロパンを契約すると、安い額でクラブ会員になれ、様々な特典がつくというプランです。

主に大きな会社が展開をしています。

ポイントとしては、月々支払うプロパンガスの料金に少し加えるだけで、中には実質ゼロ円で契約できるところもあります。

番外編/保安オプション

最後に、少し変わったガスの保安機器のセットプランを紹介します。

こちらは通常の供給契約に加えて、安い金額で保安に優れたシステムを導入できるプランです。

電気や都市ガスにはある場合もありますが、プロパンガス(LPガス)では馴染みが薄い集中監視システムに関して、月100円からの料金で展開している会社も多くあります。

セット割の注意点

契約期間と解約金

プロパンもそうですが、電気に関しても契約期間と違約金があります。

違約金とは、契約事に結んだ契約期間を満了してない状態で契約変更または解約した場合、発生する料金です。

プロパンガス(LPガス)では利用者ではなく、変更先の会社が肩代わりする風習があり、あまり聞いたか事がないかもしれませんが、月々のガス代としては上がっていく傾向にあります。

また多くの場合、電気は2年以上の契約期間があり、解約金も発生します。

セット割で安くなる事だけにフォーカスするのではなく、その後何年使うかを考えた上で選ぶのがいいでしょう。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

ガスとのセットで電気代までお得になったり、日常生活に欠かせない水、油、インターネットがついてくるなど様々なプランがあります。

それぞれのライフスタイルに合わせてよりお得になるプランを選択してみてください。

enepiでは厳格な基準に基づき、安心して任せられるガス会社を紹介しています。
是非、ご検討下さい!

パソコン用の画像 スマートフォン用の画像
プロパンガス料金比較でガス代をお得に!

Step1

ガス料金を比較したい物件は?

Step2

どちらでガスを使用しますか?