フランスのガス自由化の概要

海外のガス自由化、フランスの事例
フランスでのガス自由化は、まず2000年に発電事業者・コージェネ事業者や、年間ガス使用量が約1,855万㎥以上の需要家を対象として始まりました。
2003年には年間ガス使用量約650万㎥以上の需要家、2004年には家庭用を除く全ての需要家、そして2007年には家庭用を含めた全てのガス市場が自由化されたのです。
2007年にフランスでは、電力の全面自由化も同時に開始しています。

フランスのガス市場は長い間、国営のGDF(Gaz de France)という会社が独占していました。
また電力に関しても同様に、EDF(Électricité de France)社が国内の需要者へ独占提供を続けてきました。

2007年のガス・電気市場自由化に伴い、ガス会社のGDFは電力市場へ、電力会社のEDFはガス市場へ参入していきます。
さらに新規参入会社が加わったり、エリア限定でガスの小売を行っていた会社が全国展開を行ったりして、現在フランス全土へガス・電気を供給する会社は12社にまで増えました。
エリアを限定して経営している会社も含めると、大小合わせて160社程度の企業がガス・電力の供給を行っています。

本来、国内全体へのガス供給を行う会社が1社しかなかったフランスでは、積極的にガス事業へ参入する会社があまり増えないことは予想されていました。
そこで、中でも競争の程度が特に低いと考えられたフランス南部への新規参入を促すことを狙いとし、2005~2008年に「ガスリリース・プログラム」が実行され、ガスを入札によって自主的に市場へ開放していきます。
この措置によって新規参入者は、競争する上で必要になる配給パイプラインの整備を待つことなく、フランス南部の市場へ参入していくことができました。
しかし一時的な方策に過ぎず、実質的に競争を展開・持続させるまでには至りませんでした。

結果的には、ガス・電気の旧独占企業であるGDFとEDFが競り合う状態が今でも続いています。

ガス自由化後のガス市場

ガス料金はどうなったか

自由化されたガス市場のシェア率を見てみると、2014年の時点で最大手のGDFが9割近くと、依然として高い数値を保っています。
フランス国内ではガス・電力共に長年国営の1つの会社が独占運営してきたために、新規参入会社には競争するためのノウハウがなく、技術ある人材を育てることも難しく、元国営の大手に対抗できないという事情があります。

ガス・電力が自由化された直後には、付加価値のある料金プランなどが登場し、大手電力会社のEDFやガス会社のGDFよりも低価格でエネルギー提供を行う会社は出てきました。
しかし依然旧国営会社の独占に近い状況が続いていてるために、実際自由化前とほとんどガス・電気料金が変わらず、国民の多くがガス・電力自由化の恩恵を受けることはできていません。

むしろフランスのガスの小売価格は、近年の原油価格高騰の影響によって上昇傾向にあります。

消費者は切り替えを行ったのか

フランスでは2011年時点で、新規参入のガス小売事業社のシェア数は10%、旧国営であるGDFと契約を続けているユーザーは86%です。
ガス会社の切り替え率は、イギリスでは2007~2011年に毎年15~20%だったことにに対し、フランスでは2008年は10%だったものの、2009~2011年は5%前後と低かったことが分かっています。

フランスの消費者たちがガス会社を切り替えていない原因として、以下のようなことが考えられます。

フランスのガス料金制度には、「自由料金」と「規制料金」の2タイプがあります。
自由化権利を行使したユーザーには「自由料金」が適用されますが、自由化権利を行使していないユーザーは従来通りの「規制料金」でガス供給を受けます。
実は、消費者が自由化権利を行使しないと、契約するガス会社の変更を行うことができません。

つまり、ガス燃料が高騰する現象が多い昨今、ガス代が変動するリスクが高い自由料金を恐れる需要家たちは、ガス会社の切り替えに踏み切れずにいるわけです。
事実、規制料金のまま供給を受ける方が割安になる可能性は高く、フランス国内の消費者団体が「安易に自由料金に移行しないように」と呼びかけてきたこともあり、ガス会社を乗り換える消費者はあまり増えなかったのです。

まとめ

フランスでは、全国にガス提供をしてきた会社が1社しかなかったため、自由化での競争によって「低価格でガス供給」を実行することができていません。
しかしガス会社が多く存在している日本では、各社の技術や得意のサービス内容を駆使して、様々なユーザーのライフスタイルに合う料金プランが提案されていく可能性があります。
国内の企業同士が価格競争することで、安定したガス供給サービスが展開されることを期待したいですね。