Logo c11660abc7b9c87ceca27d40fe8f3e3896e4ad9da69317f7a598ab000774ade6

ブレーカーが落ちる原因とその対策!

家庭で電化製品を使用している最中に、ブレーカーが落ちて停電のようになってしまったという経験がある人は多いのではないでしょうか。ただ、ブレーカーといっても大きく分けると3つの種類があり、落ちる原因もそれぞれ異なっています。ブレーカーの種類、そしてブレーカーが落ちないようにする対策についてご紹介します。

ブレーカーの種類

アンペアブレーカー

電力会社は家庭ごとに契約を結んでおり、一定の電力量までしか供給できないようになっています。
これを契約アンペア数といいます。
アンペアブレーカーは、その家庭の消費電力が契約アンペア数を超えてしまった場合に作動するようになっています。
後述する漏電ブレーカーや安全ブレーカーが電気設備技術基準に基づいて設置される保安器であるのに対し、アンペアブレーカーは電力会社が契約に従って独自に設置しているという違いがあります。

漏電ブレーカー

どこかで電力が漏れていると、感電や火災の原因になってしまうなど大変危険です。
漏電ブレーカーは、家庭内のどこかで漏電していることを感知することによって作動するという仕組みになっています。
家庭では、メインのブレーカーとして使用されることが多いようです。

安全ブレーカー

ある特定の部屋で電力を使いすぎてしまった場合、その部屋だけが停電したような状態になってしまうことがあります。
これは安全ブレーカーが作動した状態で、特定の回路での電力量が設定された上限を上回ったときに作動するようになっています。
逆にいえば、家庭全体が停電したような状態のときは、アンペアブレーカーか漏電ブレーカーが作動したと考えていいでしょう。

ブレーカーが落ちる原因と対策

では、ブレーカーはどのようなときに落ちてしまうのでしょうか。
その原因と、ブレーカーが落ちないようにする対策について説明していきましょう。

アンペアブレーカーの場合

アンペアブレーカーが作動するのは、家庭全体の消費電力が契約アンペア数を超えてしまったときです。
つまり、家庭全体で電力を使用しすぎているというわけで、電気を使う時間帯を分散させるか、電力会社との契約を見直すことが対策になってきます。

漏電ブレーカーの場合

漏電ブレーカーが作動したということは、どこかで漏電が起きている可能性が高いといっていいでしょう。

確認するためには、まずは安全ブレーカーのスイッチをすべて切ります。
そして漏電ブレーカーを「入」にした上で、安全ブレーカーのスイッチを1つずつ入れていきましょう。
例えば、キッチン用の安全ブレーカーを「入」にしたとき、再び漏電ブレーカーが落ちてしまったら、漏電の原因はキッチンにあることが分かります。
キッチンのコンセント周りや電化製品を確認し、配線などに破損がないか見てみましょう。破損・故障があれば部品などを新しく交換してください。

もし、すべての安全ブレーカーを「入」にしても復旧しなければ、配線がショートしている可能性があります。
この場合、素人では対処はできませんので、電力会社に連絡を取って漏電箇所を修理してもらわなければなりません。

安全ブレーカーの場合

安全ブレーカーの作動は、特定の部屋で電力を使用しすぎていることで起こります。
電力を大量に消費する製品を使用していると作動する可能性が高くなります。
エアコンやIHクッキングヒーターなどの高電力を消費する製品のコンセントは、別の回路のものを使用するようにしましょう。

ブレーカーを落とさないためにすべきこと

漏電ブレーカー以外のブレーカーが落ちてしまうということは、電力の使い方に無理が生じているという証拠でもあります。
どのように対処すればいいのでしょうか。

使う時間を分散する

家族全員が一度に電力を使用してしまうと、契約アンペア数や安全ブレーカーの設定アンペア数を超えてしまう可能性が出てきます。
これを防止するためには、電気を使う時間を分散させるようにすればいいのです。
使う電力量そのものは変わらなくても、一度に大量の電力を消費してしまうという問題が解決します。

契約アンペア、電気料金プランを見直す

そのようにしてもアンペアブレーカーが頻繁に落ちてしまうようでしたら、そもそも現状の契約は無理があるという証拠です。
契約アンペア数を上げると基本料金が高くなりますが、そもそもアンペア数が合わないと一ヶ月にかかる電気代が割高になっている可能性が高いです。
ブレーカーが頻繁に落ちるなら、あまり好ましい状態ではありませんし、生活する上で不便ですので、契約内容を変えるべきでしょう。

まとめ

ブレーカーが落ちる原因を理解できれば、今後の電気の使い方を工夫でき、節電対策もしやすくなりそうですね。
もしブレーカーが切れることが多い場合には、契約アンペア数や電気料金プランをしっかり見直して、快適な生活を送りましょう。

\電気よりも節約できる!/
【無料】LPガスの見積もりはコチラ▶