東京電力が提供する電気料金プラン「電化上手」について、プランの詳細をご紹介します。
東京電力の電化上手

東京電力が提供する「電化上手」とは?

私たちが毎月支払っている電気料金。

この電気料金には、その利用用途に応じたいくつかの料金メニューが存在します。

「電化上手」とは、東京電力が提供している電気料金メニューの一つです。
オール電化住宅など、エコキュートや電気温水器などの夜間蓄熱式機器を利用している方が選択できます。
電気料金が季節と3つの時間帯で分けられており、特に夜間が割安となるため、電気の利用を夜間に集中できるケースで、よりお得になります。

電化上手の特徴

基本料金は、朝得プランや夜得プランと同様で、以下の通りです。

 6kVA以下 :1,296円00銭
 7k~10kVA:2,160円00銭

 11kVA以上:2,160円00銭+280円80銭×(契約容量-10kVA)

電力量料金は、昼間、朝晩、夜間と3つの時間帯で分けられています。

時間の区分は以下の通りです。

 昼間時間:午前10時~午後5時
 朝晩時間:午前7時~午前10時、午後5時~午後11時

 夜間時間:午後11時~午前7時

また、昼間はさらに、夏季とその他で区分されます。

 夏季 :7月1日~9月30日

 その他:上記以外(10月1日~6月30日)

料金は以下となります(単位:1kWh)。

 昼間時間(夏 季)38円63銭
 昼間時間(その他)31円64銭
 朝晩時間     25円92銭
 夜間時間     12円16銭

電化上手の注意点

注意すべきなのは夏季の昼間時間の料金です。
ここがかなり割高となっています。
よって、日中ずっとエアコンを利用するような家庭には向いていません。

このあたりは注意深く料金を試算する必要があります。

電気の利用を可能な限り夜間にシフトし、それ以外も朝晩の時間帯に移動できるケースでは、電化上手の料金メニューがお得となるでしょう。

東京電力の電化上手で電気料金がお得になる利用者タイプ

電化上手は、オール家電住宅等で、給湯&キッチンを電気でまかなっている方におすすめのメニューとなります。
エコキュートやIHクッキングヒーターなどを利用されている場合は、一考の余地があると思います。
ただし、夜間以外の電気料金、特に昼間の料金が割高となるため、割安の夜間に電気利用を集中できることが電気料金を抑えるための条件となります。
また、夏季の昼間の時間帯が最も割高になるため、夏場の日中にエアコン等を利用したい場合は注意です。

全電化住宅割引について

キッチンや給湯・リビングなど、すべての熱源を電気でまかなうオール電化住宅を利用している方は、「電化上手」に加入した場合に「全電化住宅割引」が適用されるケースがあります。
この場合、電気料金が5%割引となるため、さらにお得です。