Thumb cover 256 bnr pr 1600923 pc

KDDIの新電力「auでんき」の特徴と電気料金プランとは

KDDIの新電力会社「auでんき」 が、電気の新料金プランを発表しました。顧客にとってどのようなメリットがあるのか、auでんきでんきの特徴と電気料金プランをお伝えします。

タレントの松田翔太らを起用した「三太郎」シリーズのCMが人気となっているauですが、少し前に鬼ちゃんこと菅田将暉を起用した「auでんき」のCMをご覧になった方も多いのではないでしょうか。

そんなauも自社の携帯やスマホの利用者を対象とした電気の小売サービス「auでんき」として、20164月からの電力小売全面自由化に合わせてサービスを開始しています。

auでんきの提供してくれる電力小売サービスは、利用料金に応じて「au WALLET プリペイドカード」にキャッシュバックされるという独自のサービスを提供しています。

auでんきについて様々な角度から検証してみましたのでご紹介します。

 

auでんきってどんな会社

 

小売電気事業者「auでんき」として活動するKDDIですが、NTTとならんで国内の最大手の通信会社です。

元々はNTTの前身の電電公社から独立する形で国際電信電話株式会社 (KDD) 設立。その後第二電電 (DDI) と日本移動通信株式会社 (IDO) が合併して現在のKDDIが誕生しました。

携帯電話業界ではNTTドコモ・ソフトバンクとならんで携帯大手3社の一角となっている会社です。auでんき同様にソフトバンクも小売電気事業者「ソフトバンクでんき」として電力自由化に合わせて電力小売事業に参入しています。

 

auでんきが契約できるエリアやこれまでの納入実績は


auでんきは、これまでに「auエナジーサプライ」の名前でマンション全体の電力を一括契約で受電して、マンション共用部の設備へお得な電気を提供サービスを開始し、多くの実積をすでに持っています。

auでんき電力供給エリアは北海道・東北・東京・中部・北陸・関西・中国・四国・九州の各電力会社管内の契約者すべてに対して電力供給しています。

沖縄をのぞく国内全域に対応している新電力会社はまだほとんどなく、auでんきはかなり広範囲に電力供給していると言えます。

auでんきの持つ発電所は

 

auでんきは通信会社だから、発電所なんか持っていないだろうと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかしauでんきは遊休地を利用して国内3箇所にメガソーラー施設を建設し、一般家庭約3,100世帯分相当の年間約11,000MWhの出力を誇っています。

これらの施設で発電した電力を電力小売の電力源として活用するのは当然のことですが、さらにauでんきは大手電力会社の「関西電力」と電力小売り事業で提携する方向で調整しているとの報道がありました。

それほど大規模な発電所を自社では所有していないauでんきとしては、電力の調達先として関西電力があれば非常に安定した電力源を確保したことになります。

auでんきの新たな料金メニュー

auでんきの電気料金のプランは「でんき M プラン」と、法人向けとなる「でんきLプラン」の2種類となります。

この2つのプランは、現在契約している地域の電力会社の従量電灯プランと同じ料金体系となっていて、携帯やスマホでauを契約しているユーザーを対象に「auでんきセット割」のサービスを提供しているのが特徴となっています。

【auでんきセット割】

電気料金(月額)キャッシュバック率
5,000円未満1%
5,000円以上8,000円未満3%
8,000円以上5%

auでんきセット割は、毎月のau でんきの利用料金総額が4,999円未満の場合は1%、5,0007,999円の場合は3%、8,000円以上については5%の割引となります。

このauでんきセット割は、毎月の電気料金から割り引く方法と、電子マネー兼ポイントサービスの「au WALLET プリペイドカード」への入金によるキャッシュバック方式の2種類から選択できるようになっています。

さらにこれらの支払いを「au WALLET クレジットカード」で行うことで、200円ごとに2ポイントを付与されます。

au でんきセット割は基本となる電気料金は今までと同じにしておきつつ、電気料金の総額に応じてそれぞれ一定料金をキャッシュバックするというシンプルなサービス体系が特徴です。

 

auでんきのお得な特典は

auでんきは通信会社ならではのサービスとして、独自の専用アプリを利用してスマホやPCからいつでも簡単に電気の使用量をチェックするサービスを提供します。

また電気使用量や料金の使いすぎをアプリやメールでお知らせしたり、他のよく似た家庭の電気の使い方を比較して、電気使用量を比較することで使い方を知ることが出来ます。

さらには自分の家庭に最適な省エネ方法・省エネ商品をおすすめしてくれるサービスなどがあります。

いずれのサービスも新電力会社ではまだこういったサービスに対応しているところが少ないだけにありがたいサービスですね。

 

auでんきのオススメポイントは

 

新電力会社への変更する時の選択時重要視点の1位と2位は「料金の安さ」「料金メニューや契約手続きのわかりやすさ」にあるそうです。

この2点はauでんきのサービスの特徴とも言える点で、この点が最大のおすすめポイントと言えるでしょう。

さらにauでんきの契約窓口もインターネットはもちろん、全国各地にあるauショップでも対応してくれるのはより身近に感じられ、安心感もあり契約を後押ししてくれますよね。

 

プラン詳細を見る

クリックすると公式サイトに移ります

この記事と関連する記事

「enepi」利用上のご注意

本サービスが掲載する料金プランに関する情報は、各【カテゴリ名】会社(以下、販売代理店も含みます)がウェブサイト等にて公表しているものです。利用者様が閲覧される時点での料金単価、サービス等(以下、「◯◯料金等」)について、保証するものではありません。
本サービスにおいて提供する【カテゴリ名】料金等に関する情報は、当社において十分な注意を払った上で当サイトを通じて提供しておりますが、当該情報の内容に関する正確性・妥当性・適法性・有用性及びその他一切の事項について保証はいたしかねます。利用者様がこれらの情報によりいかなる損害・損失を被った場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。
当社では各会社のサービス内容や、料金プラン等に関するご質問にはお答えできません。ご質問がございましたら、各会社に直接お問い合わせください。また、最新・詳細な情報は直接各会社のサイトでご確認ください。

サービスの試算結果はあくまで目安です。平均支払料金を保証するものではありません。
試算料金には、再生可能エネルギー発電促進賦課金及び、燃料費調整額(燃料調整単価は---年-月分を使用)を含みます。燃料調整額は、燃料価格に応じて変動します。
各割引には「電気代」欄、「ポイント/電子マネー」欄及び「他サービスの割引」欄記載のものに限り反映されます。その項目以外の料金は含まれませんので、各会社の詳細ページにてご確認ください。
記載の料金は、すべて税込みの料金となります。
本サービスが提供する情報は、利用者に対して予告なく変更される場合があります。各プランの特典などに関するご質問は、直接各プランの提供会社へ直接ご連絡ください。
工事費が発生する場合がありますが、試算料金には工事費は含まれておりません。