燃料電池 - ガス機器関連

燃料電池 - ガス機器関連燃料電池 - ガス機器関連

燃料電池とは、その水素と酸素を化学反応させることで直接電気を発電する装置のことを言います。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

燃料電池とは?

ガスエンジン水は、電気分解する事によって水素と酸素を作る事が出来ますが、燃料電池はその水素と酸素を化学反応させることで直接電気を発電する装置のことを言います。2005年に家庭用燃料電池の発売がはじめて開始されました。

燃料電池の特徴

燃料となる物質は水素で、天然ガスやメタノールを改質して作る方法が一般的となっています。

排出するのは主に水だけで、エネルギーを効率良く利用する事が出来るため、環境にやさしい機器として広く普及することが期待されています。

燃料電池には様々な大きさがあり、大型の発電施設をはじめ、オフィスビルなどの中規模な物などがあり、一般家庭で使えるような電気と熱を供給できる小型化した燃料電池も研究が進んでいます。

燃料電池のメリット

メリットとしては、発電時には水しか排出されず、振動や騒音もまったくありません。また、都市ガス・プロパンガス(LPガス)・メタノールなどから燃料となる水素を取り出すことが出来ます。

スペースシャトルにも電気と水を供給するのに燃料電池が利用されています。

将来的に見て海水を電気分解すれば、燃料となる水素を無限に作れるようになります。

今後さらに研究開発が進めば、小型のものは自動車や船舶などに利用できると期待されていて、まさに様々な用途がある夢のエネルギーです。

\年間8万円安くするなら今!/
【無料】安いプロパンガスを探す▶

あわせて読みたい関連記事