北海道電力の3時間帯別電灯(eタイム3)

北海道電力が提供する、3時間帯別電灯(eタイム3)とは

「3時間帯別電灯(eタイム3)」とは、北海道電力が提供している電気料金メニューの一つです。

3時間帯別電灯(eタイム3)では、1日を以下の3つの時間帯に区分しており、それぞれの電気料金単価が設定されています。

  午後時間:最も割高な料金設定(5時間)
  朝晩時間:午後時間よりは割安な料金設定

  夜間時間:最も割安な料金設定(10時間)

本プランは、ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)とは異なり、季節による区分がありません。よって、一年を通して、割高な午後時間の電気利用を控えたり、夜間に電気利用をシフトすることで、電気料金を節約することができます。
また、夜間の電気を利用するヒートポンプ暖房システムを利用している方にも適したメニューとなっています。

3時間帯別電灯(eタイム3)の時間区分

3時間帯別電灯(eタイム3)には、以下の3つの時間帯区分があります。

午後時間:以下の3パターンから選択可能(5時間)

13時~18時
14時~19時
15時~20時

夜間時間

22時~翌朝8時(10時間)

朝晩時間

「午後時間」および「夜間時間」以外の時間

3時間帯別電灯(eタイム3)の契約容量

契約容量とは、契約上使用できる最大容量(kVA = キロボルトアンペア)のことです。
契約時、利用するすべての電気機器を契約負荷設備として設定し、その総容量(入力)が契約容量となります。また、この契約容量によって、基本料金が決定されます。

3時間帯別電灯(eタイム3)の電気料金

3時間帯別電灯(eタイム3)の電気料金は、基本料金+電力量料金となります。
基本料金は、契約容量に応じて決定されます。電力量料金は、電気の使用量に応じて決定されます。
ただし、算出後の料金が最低月額料金を下回る場合、電気料金は最低月額料金となります。
また、電気を全く使用しなかった場合、基本料金は半額となります。

基本料金(税込)

最初の10kVAまで:3,175円20銭(1契約)
10kVA超過分  : 464円40銭(1kVA単位)

電力量料金(税込)

午後時間:39円94銭(1kWh単位)
朝晩時間:30円35銭(1kWh単位)
夜間時間:14円37銭(1kWh単位)

最低月額料金(税込)

ひと月1契約につき:334円80銭
通電制御型機器、非蓄熱式電気暖房割引は、既に新規加入を停止しているため、本記事では割愛致します。

北海道電力の3時間帯別電灯(eタイム3)で電気料金がお得になる利用者タイプ

3時間帯別電灯(eタイム3)は、夜型生活や、夜間電気を活用するヒートポンプ暖房システムを利用している方向けの電気料金プランです。1日を、午後時間、朝晩時間、夜間時間の3つの時間帯に分けて電気料金を設定しているのが特徴となっています。

午後時間の料金は割高ですが、夜間が割安で、かつ10時間と長く設定されています。料金が割高な午後時間を避け、夜間時間へと電気利用を移行することで電気料金を節約することができます。

その他の料金プランとしては、3時間帯別電灯(eタイム3)以外にも以下のようなものがあります。こちらも合わせてご参照ください。

従量電灯A・B・C

・夜間時間に蓄熱する電化機器を使用しない家庭向け
・時間帯による料金単価の違いがなく、時間を気にせず利用可能

時間帯別電灯(ドリーム8)

・夜間時間に蓄熱する電化機器を使用する家庭向け

ピーク抑制型時間帯別電灯(ドリーム8エコ)

・ヒートポンプ暖房システムを使用する家庭向け
・冬季夕方の電気使用を別の時間にシフトすることで料金節約可

融雪用電力

・ロードヒーティング・暖房機などを使用する家庭向け