LPガス(プロパンガス)の自由化を知るのイメージ画像

LPガスの自由化を知る

LPガス(プロパンガス)の自由化を知るのイメージ画像

LPガス(プロパンガス)は、既に小売自由化されており、2万社を超えるLPガス販売会社が自由料金で、販売・供給しています。また、2016年4月に始まる電力の小売自由化によって、LPガス会社は家庭にも電気とセット料金で販売することが出来るようになります。 一方で、販売会社や地域、居住タイプなどによって、ガスの価格は全く異なり、気づかないうちに高いガス料金を支払い続けてしまっていることもあります。不透明なLPガス(プロパンガス)業界の現状を、分かりやすく解説します。

LPガス(プロパンガス)の自由化を知るの新着記事

  • プロパンガス(LPガス)の販売量・使用量が多い地域はどこ?

    プロパンガス(LPガス)の販売量・使用量が多い地域はどこ?

    プロパンガス(LPガス)の販売量は都道府県によって大きく差があります。具体的にどの都道府県でプロパンガス(LPガス)の販売量が多いのかを見ていきましょう。(更新日:2017/11/28)

  • ガスを使うことでポイントが貯まる企業一覧

    ガスを使うことでポイントが貯まる企業一覧

    皆さん、ガスを使用することで、ポイントが貯めるという企業があることをご存じですか?そんなサービスの一環のポイントサービスについてご紹介します。

  • プロパンガス(LPガス)のお得な料金メニューの種類を解説します

    プロパンガス(LPガス)のお得な料金メニューの種類を解説します

    ガス料金のメニューには選択肢がたくさんありすぎてどれを選べば良いのか困ってしまうことがありますよね。そこで、今回はプロパンガス(LPガス)のお得な料金メニューについて種類ごとに解説していきます。

  • ガスの供給形態って何が違うの?特徴と違いをまとめました。

    ガスの供給形態って何が違うの?特徴と違いをまとめました。

    LPガスの供給システムには、個別供給方式と導管供給方式、そしてバルク供給方式の三つがあります。それぞれのシステムの特徴や違いを見ていきましょう。

  • 【徹底解説!】ガス自由化(都市ガス)によって、何が変わるの?

    【徹底解説!】ガス自由化(都市ガス)によって、何が変わるの?

    電力に続き、都市ガスの小売り全面自由化がいよいよ2017年より始まりました。そもそも「ガス自由化」とは何が自由になったのでしょうか。ガス自由化に関するメリット・デメリット、そして始まってから2カ月が経った今その現状はどうなっているのでしょうか。都市ガス自由化について徹底解説します。

  • 電力小売りに参入するプロパンガス(LPガス)会社 目的と戦略

    電力小売りに参入するプロパンガス(LPガス)会社 目的と戦略

    2016年の電力小売り自由化を受けて、様々な異業種からの新規参入が予想されています。どういった狙いがあるのか、ガス会社の思惑を追ってみました。

  • ガス栓ってどうやって増設すれば良いの?

    ガス栓ってどうやって増設すれば良いの?

    ガス栓を増設するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか?価格の目安と併せてご紹介します。

  • プロパンガス(LPガス)の価格はどうやって決まっている?

    プロパンガス(LPガス)の価格はどうやって決まっている?

    家庭で使われるプロパンガス(LPガス)の価格を見直したい。でもどうやって調べていいか分からない。そもそもプロパンの料金設定はどうやって決められているかご存知ですか?の価格は基本的に「2部料金制」というものを用いて決まります。またプロパンガス(LPガス)の価格の肝であるCIF価格と併せて解説します。

  • ガス機器で困ったときのQ&A

    ガス機器で困ったときのQ&A

    普段家庭内で便利に使っているガス機器ですが、実際に使用していると、様々なトラブルが発生します。 そんなトラブルや不安を、機器別にQ&A形式でご紹介します。

  • いま話題になっているコージェネレーションシステムって何?

    いま話題になっているコージェネレーションシステムって何?

    コージェネレーションシステムという言葉をご存じでしょうか?これまで開発が進められて、今後もさらなる期待が膨らんでいる近未来のシステムです。

  • プロパンガス(LPガス)の事故・保安状況

    プロパンガス(LPガス)の事故・保安状況

    不完全燃焼による一酸化炭素中毒の危険があるプロパンガス(LPガス)ですが、最近の事故の状況や保安状況は、どのようになっているのでしょうか。

  • プロパンガス(LPガス)の需要の現状

    プロパンガス(LPガス)の需要の現状

    日本のプロパンガス(LPガス)の消費量は年間で約1,420万トンとなっており、国内最終消費エネルギーの約5%を占めています。日本のプロパンガス(LPガス)の需要の現状をまとめました。

  • プロパンガス(LPガス)の供給体制

    プロパンガス(LPガス)の供給体制

    プロパンガス(LPガス)がどのような供給体制、備蓄体制になっているのかをご紹介します。

  • 日本のエネルギー政策におけるプロパンガス(LPガス)の評価と方針

    日本のエネルギー政策におけるプロパンガス(LPガス)の評価と方針

    地球温暖化防止、地球温暖化への適応は、今後の主要な課題の1つでありです。エネルギー政策におけるプロパンガス(LPガス)の位置づけについてご紹介します。

  • プロパンガス(LPガス)の点検義務について

    プロパンガス(LPガス)の点検義務について

    プロパンガス(LPガス)の定期点検の頻度は、どのくらいの頻度で行われているのかご存知でしょうか。元々プロパンガス(LPガス)の定期点検は法律で義務づけられているので、しっかりその点を理解して安全にプロパンを利用しましょう。

  • 自然災害時、LPガス(プロパンガス)で気をつけるべき点

    自然災害時、LPガス(プロパンガス)で気をつけるべき点

    いつ何時、自然災害が発生するとも限りません。そんな時、普段使っているLPガス(プロパンガス)は災害を拡散させる原因となってしまうため、事前にどのような対策が必要か勉強しましょう。

  • エコジョーズをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット・デメリット

    エコジョーズをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット・デメリット

    エコジョーズをプロパンガス(LPガス)で利用するメリットとは何かご紹介します!エコジョーズを使えばガス代が浮くことはもちろん、環境のことも考えて作られた給湯器であり、CO2の排出量を年間約16%も削減することができます。現在プロパンガス(LPガス)をお使いの方は、どんなものか覚えておいて損は無い、大変すぐれた性能の給湯器です。

  • プロパンガス(LPガス)による一酸化中毒による危険性はどの程度?

    プロパンガス(LPガス)による一酸化中毒による危険性はどの程度?

    「プロパンガス(LPガス)は危険なのではないか?」という漠然とした認識をお持ちの方は、意外と多いようです。安全にプロパンガス(LPガス)を利用するためにも、その危険性について、しっかり理解しましょう。

  • エネファームをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット・デメリット

    エネファームをプロパンガス(LPガス)で運用するメリット・デメリット

    エネファームとは家庭で使う電気とお湯を一緒に作り出す給湯システムの事です。節約に一役買ってくれるエネファームですが、一般的に高いと思われがちなプロパンガスで運用するとどうなるのでしょう。今回はそんなエネファームについてご紹介します。

  • これって悪徳業者?プロパンガス(LPガス)会社の訪問販売に関する注意点まとめ

    これって悪徳業者?プロパンガス(LPガス)会社の訪問販売に関する注意点まとめ

    近年、ガスの訪問業者が増え、後に問題になっているケースが各地で発生しています。訪問販売に限らず悪徳業者は似たような手口で問題を起こしているケースが多いので、被害に遭わないよう注意すべき事項をご紹介します。

  • LPガス(プロパンガス)の計算方法

    LPガス(プロパンガス)の計算方法

    普段日常的に使っているLPガス(プロパンガス)や都市ガスですが、この料金は、どのようにして計算されているかご存じでしょうか。料金の料金体系を理解し、計算方法について覚えてみましょう。

  • プロパンガス(LPガス)の検針票の見方

    プロパンガス(LPガス)の検針票の見方

    プロパンガス(LPガス)や都市ガスをご利用の家庭には、必ず定期的に使用量や請求額を記載した「検針票」というものがありますが、この検針票の見方をご存じでしょうか。しっかりと検針票の確認の仕方を勉強して、請求内容をよく理解しましょう。

  • プロパンガス(LPガス)の料金価格を比較検証!我が家のガス代は高い?

    プロパンガス(LPガス)の料金価格を比較検証!我が家のガス代は高い?

    プロパンガス(LPガス)を利用しているご家庭の平均的な使用料金はいくらくらいなのでしょうか。「プロパンガスだから高いもの」と思っている方もここで料金がどれくらいになるのかチェックしてみましょう。

  • ガスの単位って?都市ガスとプロパンガスの違い

    ガスの単位って?都市ガスとプロパンガスの違い

    ガスってどんな単位で計算されているかご存知の方は少ないと思います。今回はそのガスの単位や計算方法を、LPガスと都市ガス両方について勉強してみましょう。

  • プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?

    プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いって?

    プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違いについて解説します。普段から家庭で一般的に使われているガス、このガスの種類は大きく分けるとプロパンガス(LPガス)と都市ガスの2つに分けられますが、この違いは皆さんご存知でしょうか?それぞれのガス代の計算方法も分かると費用の見直し検討にも役立ちますよ。

  • LPガス・プロパンガスの概要

    LPガス・プロパンガスの概要

    家庭内のエネルギーとして重要な役割を果たしてきたLPガス(プロパンガス)、しかし近年オール電化の普及などに押され、出荷量も減少気味ですが、そもそもLPガス(プロパンガス)とはどのようなものか、ご存知でしょうか?

  • オール電化に補助金は出る?割引も?

    オール電化に補助金は出る?割引も?

    オール電化の導入に当たり、「良いのはわかっていても、費用が高くて…」とためらっている方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方に聞いていただきたい、お得なお話です。

  • 海外のガス自由化、アメリカの事例

    海外のガス自由化、アメリカの事例

    アメリカの公共料金の自由化と言うと、まず思い出されるのが電力自由化に伴ってカリフォルニア州で発生した大停電がありますよね。電気に関しては先進国でも他国に先駆けて自由化したもののうまくいかなかった印象がありますが、ガスの自由化においてはどうだったのでしょうか?日本も2017年4月にガスの自由化をひかえているだけに、アメリカのガス自由化の状況を参考にしてみましょう。

  • 海外のガス自由化、イギリスの事例

    海外のガス自由化、イギリスの事例

    日本国内で2016年4月から電力自由化が始まりましたが、2017年4月からはガスも自由化される事が決まっています。しかし海外に目を向けてみると、すでに10年以上前からガス自由化を行っている先進国が存在します。そんなガス自由化の先駆けとなった、イギリスの事例をご紹介しましょう。

  • 海外のガス自由化、ドイツの事例

    海外のガス自由化、ドイツの事例

    日本国内では、電力自由化に続き来年4月にガス自由化が行われようとしています。でも本当に自由化された方が良いものなのか、ガス料金は安くなるのかなど、何を基準にして判断したら良いのかよくわかりませんよね。そこで海外でのガス自由化の動きを参考にしたいと思います。今回は、日本よりもかなり早い段階でガス自由化に取り組んでいるドイツの例を挙げて、ご紹介しましょう。