Logo c11660abc7b9c87ceca27d40fe8f3e3896e4ad9da69317f7a598ab000774ade6

エアコン・給湯器・コンロ... LPガス(プロパンガス)の無償貸与の料金プランとは?

LPガス(プロパンガス)の特徴として、エアコンや配管設備などが無償でつけてもらえるプランがあるのをご存知でしょうか。都市ガスとの比較や料金体系と、どのような基準で選べればいいのかご紹介します。

どうも。enepi運営事務局です。

 

私たちenepiでは、電力やLPガスに関してのweb記事や、厳選したエネルギー会社の紹介等を行っております。

 

そんな中、今回はコラムとして、普段お客様からいただく様々なご意見ご相談の中から、よくある「ガス機器の無償貸与」について多くいただきますので、ご解説できればと思います。

 

無償貸与とは?

ガス会社との契約をする際に、そもそも幾つか種類があるのをご存知でしょうか。ざっと解説しますと以下のようになります。

供給契約

供給契約とは、その名の通りプロパンガスの使用に応じてガスを供給する契約です。こちらの契約ではガスコンロや給湯器などガス機器とそれをつなぐ配管をすでに所有していることが前提になります。

一般的には供給のみの契約だと各社で一番安い料金形態になります。

 

供給契約+貸与契約(リース契約)

先ほどの供給に加えてコンロや給湯器などの機器をリース料も含めた契約です。プロパンガスは自由料金ですので給湯器や配管設備などで初期費用が発生する場合も、それを月々の使用料として払う事で、初期費用をゼロにできるようなプランがこれに当たります。



都市ガスの場合は供給の契約がほとんどで、機器を同時に買う場合でも、ほとんどの場合が購入になります。配管も引いた場合は数十万円ほど初期費用でかかるので、初期費用なしで契約できるプロパンガスはそのメリットがあります。

物件別の貸与パターン

ざっと貸与契約について把握したところで、一戸建、集合住宅のそれぞれでの無償貸与のパターンについて、例をあげてみていきましょう。

一戸建の場合

給湯器

ガス機器の貸与について、一般的に一番多いのが給湯器の無償貸与(リース)です。給湯器の商品寿命とプロパンガスの契約期間が近いこともその理由でしょう。給湯器が壊れたのをきっかけにガスの契約自体を切り替える方も多くいらっしゃいます。

配管設備

建売住宅の新築では、ほとんどの場合配管の無償貸与プランがあります。理由は建設過程で多くの場合が配管も整備段階で配備されているからです。注文住宅の場合、配管や給湯器などどうするか選べる場合もありますが、多くが着工前の設計の段階で必要になるので、早めに決めましょう。

集合住宅(オーナー)の場合

続いては集合住宅についてです。ここで注意したいのは、集合住宅を賃貸で契約している入居者はガス会社と契約していないので、ここでは対象外になります。(ご自身で月々のガス料金を払っていても、)

給湯器・配管設備

戸建住宅と同様に、給湯器や配管といった設備も貸与の契約になる場合がほとんどです。しかし戸建と違い構造や機器の種類によって工事が複雑になる場合もあるので、料金は高くなりがちです。

エアコン・インターホン

機器や設備の他にも、エアコンやインターホンの設置を無料あるいは切り替えのタイミングで交換していただけることもあります。その分高額な貸与契約になるかもしてませんが、オーナー様にとっては設備を一新する際の節約のためにうまく活用するといいでしょう。

無計画な貸与契約は要注意

この無償貸与の契約の要注意な点は、減価償却が終わってからも値段が下がらない点にあります。

わかりやすく言うと携帯電話の料金と同じです。通信料と機種代の月額分の合算を毎月払うのですが、機種代24か月払いの場合、契約2年後も同様の値段の請求が来ると思います。

同様に、無償貸与契約の場合も、貸与したモノの総額を月々の支払いで完済したに後も、料金は変わらないのです。

つまりガス会社の営業の方に「初期費用は何もかかりません。うちが全部払いますよ」と言われるまま契約し、貸与してもらった物の完済が終わっても、何も知らなければそのまま高い料金を無駄に支払い続けるということになってしまいます。

賢い選び方

貸与料金が適正か

多くの場合、貸与になる物の値段は「定価」になります。つまり小売店(ガス会社)の決めた値段ですので、同じ商品でもガス会社によって値段が違うこともあります。

悪質な場合ですと貸与料金を水増しするために本当であれば10万円ほどの商品を30万円の価格で契約書に盛り込む(それも小さい文字で隅の方に)という事例もあります。せっかく節約するために選んだ料金プランが、長期間でみると逆に高額になってしまうこともあるのです。

商品名を検索するだけで簡単にその商品の相場はわかるので、妥当な料金帯かどうか、ガス会社の話を聞く前に調べておくといいでしょう。

メンテナンスはあるか

無償貸与があるかどうかと共に、機器の故障があった際、メンテナンスをしてくれるプランをつけている会社もあります。僕個人的にはこう言ったプランこそガス会社からガス機器を買うメリットだと思うので、営業の方には積極的にどう言ったメンテナンスがあるのか、聞いてみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。プロパンガスならではのセットプランや無償貸与などの仕組みをより透明化し、わかりやすく・選びやすくしている会社も増えています。

ちなみにエネピでは配管や機器をセットにした購入プラン、貸与プランを、問い合わせ頂いた後の紹介の際に説明しています。

プロパンガス会社を見直す方、新築で建てる方、集合住宅のオーナー様、設備・機器もセットでプランを探してみてはいかがでしょうか。



今すぐLPガスの無料見積もりを申し込む▶