enepi
メニュー
日東エネルギーの都市ガスの評判は?ガス代が約7,000円も安くなる!?

日東エネルギーの都市ガスの評判は?ガス代が約7,000円も安くなる!?

更新日:2020/03/25

2019年10月、大手プロパンガス企業である日東エネルギーが都市ガスの販売を開始しました。今なら、初年度約7,000円も都市ガスが安くなるキャンペーンも!この記事では、日東エネルギーの都市ガスプランの評判と申込み方法について解説します。

日東エネルギーの都市ガスの評判は?ガス代が約7,000円も安くなる!?

\初年度は約7,000円もオトク!/
【無料】日東エネルギーでガス代を節約 ▶

皆さんは、日東エネルギーをご存知でしょうか?

日東エネルギー株式会社は、関東一円で活動する大手プロパンガス会社です。
プロパンガスの販売を中心に、総合エネルギー提案企業として様々なサービスを展開している日東エネルギーが、2019年10月よりついに都市ガスの販売を開始しました。

この都市ガスサービス、なんと今ならガス代が約7,000円もおトクになるキャンペーンも実施中です。

この記事では、そんな日東エネルギーの都市ガス料金や会社の特徴について、わかりやすく紹介していきます。


日東エネルギーはどんな会社?

日東エネルギーは1942年に、当時の家庭用燃料の主力であった練炭の製造・販売をスタートしました。

その後、戦後の家庭用エネルギーの変遷にともない、1962年にプロパンガスの販売を開始、関東一円に販売網を拡大してきました。
エネルギー分野においては、現在電気や都市ガスの販売も行っています。

また、エネルギー分野のほかにも、灯油や宅配水の販売・リフォーム事業・スーパーマーケット事業などでも活躍中です。

日東エネルギーは、エネルギー業界の垣根を超えたライフライン企業として、地域社会に貢献する為のサービスを広く提供しています。


日東エネルギーは都市ガス・プロパンガスを両方取り扱っている

前述の通り、1962年にプロパンガス事業を開始して以降、日東エネルギーは長年プロパンガス販売を主力事業としてきました。

日東エネルギーのプロパンガスは一都五県(東京・埼玉・千葉・群馬・茨城・栃木)において、約20万世帯に供給されています。
プロパンガス業界において、日東エネルギーはかなり大規模な大手企業といえるでしょう。

さらに、規模だけではなく、安全性を追求するために自社で24時間365日対応のコールセンターを運営しているなど、信頼のできる会社であることが分かります。

そんな日東エネルギーの都市ガスプランが2019年10月に始まり、徐々に契約者が増えてきています。


プロパンガス会社の都市ガスは安全なのか

「プロパンガスと都市ガスは違うガスなのに、両方同じように対応することは可能なの?」
「以前から都市ガス事業を行っているガス会社のほうが安全じゃないの?」

そんな風に思われる方もいるかもしれません。
しかし、その点については心配は不要です。

まず、都市ガスへの事業新規参入は設備や保安などの面で事業者に高いハードルがあります。

そのため、2017年の「都市ガス自由化」以降に都市ガス事業を始めることのできた会社は、実は非常に少ないのです。

そんな状況下で、日東エネルギーが都市ガス事業に参入できているのは、長年のプロパンガス事業での経験と実績に加え、都市ガスを安全供給する体制づくりに真摯に取り組んできた結果と言えるでしょう。


日東エネルギーのガス料金プランを解説!

日東エネルギーは、都市ガス・プロパンガスそれぞれの料金プランをホームページ上で公開しています。

それぞれ詳しく見てみましょう。


日東エネルギーのプロパンガスの料金

プロパンガスの料金は以下のように記載されています。

ただし注釈にもあるようにプロパンガス料金は変動する可能性がありますので、
あくまで目安として記載されていると捉えた方が良いでしょう。

基本料金:2,000円
従量料金:560円 / m³(税抜)

※料金は、地域供給形態・ガス機器設置状況によって異なります。
※従量料金の単価(円/m³)は原料となるLPガスの輸入価格等外部要因により変動する事が
あります。
※ご使用量に応じて従量料金が変動する、スライド制を採用している場合もあります。
※別途設備使用料が加算される場合もあります。


日東エネルギーの都市ガスの料金

日東エネルギーの都市ガスは、東京ガス供給エリア(注1.2.3)おいてサービスが展開されており、以下の表の通りA~Fまでの利用量に応じた料金となります。

※1 千葉県 四街道12A地区を除く 
※2 茨城県 日立市を除く)
※3 群馬県 邑楽群(千代田町、邑楽町)に限る

料金表 1ヶ月ごとの使用量 基本料金 従量単価
A 0㎥〜20㎥ 736.23 140.95
B 20㎥〜80㎥ 1024.32 126.54
C 80㎥〜200㎥ 1195.04 124.41
D 200㎥〜500㎥ 1835.24 121.21
E 500㎥〜800㎥ 6103.24 112.67
F 800㎥〜 12078.44 105.2

※原料費調整額含まず


日東エネルギーの都市ガスは東京ガスより3%もお得!

日東エネルギーでは、東京ガスの一般契約よりも基本料金、基準単位料金共に3%値引きされるようです。

さらに、今なら初回Web申込特典として、初回WEB申込特典として最大5,000円(税込)の割引(※)が受けられるので、かなりお得になる見込みがあります。

(※)毎月、当社のガス料金より500円(税込)を最大10ヶ月間割引。


日東エネルギーの都市ガスは東京ガスより3%もお得!

実際に東京ガスを日東エネルギーに切り替えた場合、年間でどれくらいお得になるのか計算してみましょう。

※一月の使用量は32㎥として計算
※いずれも料金は税込価格

東京ガスの年間ガス代 62,760円
日東エネルギーの年間ガス代 60,876円

年間節約額 62,760円-60,876円=1,884円

さらに、初回申し込みの場合には初年度に年間5,000円の割引が受けられます。

初年度節約額 1,884円+5,000円=6,884

これだけでも、一ヶ月分のガス代以上の節約ができています。

さらに、東京ガスから日東エネルギーに切り替えて5年利用した場合の合計節約額は以下のようになります。

初年度節約額6,884円+年間節約額1,884円×4=14,420円

5年間での節約額は14,420円となり、実質約三ヶ月分のガス代が無料になるようです。
使用量が多くなると、さらに節約額は大きくなります。


工事費や切替費用は一切不要

ここまでで、切り替えることでしっかりとガス代を節約できることが分かりました。

実際に切り替えを検討している方が気になる点といえば、やはり工事や切替にかかる費用ですよね。

年間で比較していくらか安くなったとしても、その分工事費などを取られてしまっては逆に負担が増えてしまう可能性があります。

しかし、都市ガスの契約変更においてはその点に悩む必要はありません。

実は、都市ガスの切り替えには費用は一切かかりません。
また、工事への立ち会いなどの手間もなく、簡単な手続きのみで完了します。


まとめ:東京ガスから日東エネルギーに変えてガス代を安くしよう

今回は、2019年10月から始まった日東エネルギーの都市ガスプランをご紹介しました。

日東エネルギーは1942年創業の大手ガス会社なので安心ですし、東京ガスをお使いの方は今なら初年度のガス代を約7,000円節約することができます。

切り替えに費用は一切かからないほか、工事への立ち会いなどの面倒な手続きもありません。

ぜひこの機会にガス代を3%節約しましょう!


\初年度は約7,000円もオトク!/
【無料】日東エネルギーでガス代を節約 ▶

あわせて読みたい関連記事